WORLD TIPS

海外好き集まれ〜!現役旅行会社勤めによる海外旅行のすゝめ。

2回目のヨーロッパ旅行を検討中のあなたへおすすめな国を3つ紹介!

f:id:tabascopotato259:20180801011450j:plain

(2018年7月31日加筆・修正)

 

「ありきたりなヨーロッパに

行きたくない!」

 

「王道国でヨーロッパにハマった!

次はどこに行こう。」

 

そんなあなたへ向けた記事に

なっています。

 

どーも、トラベルデザイナーの

シン (@tabasco0914) です。

 

有名所には行ったし、次の

ヨーロッパ旅行はどこに

行こうかなって悩んでいる方

いると思うんです。

 

この記事はそんなお悩みを持つ

あなた向け!

 

西欧編・中欧編・東欧編で

1カ国ずつ選出しましたので

ぜひ最後までご覧あれ。

 

〜今回の目次〜

 

f:id:tabascopotato259:20180908004956j:plain

〜合わせて読みたい〜

【5年連続行ってる、ヨーロッパヲタク厳選】初めてのヨーロッパ旅行のおすすめの国3選。

【ヨーロッパ好き必見!】行かなきゃ一生後悔!死ぬまでに一度は行くべき、ヨーロッパの都市7選。 

【格安ヨーロッパ旅行のすゝめ】旅行会社員直伝!ヨーロッパへの旅費7万円以下で行くための1つの方法。


2回目ヨーロッパにおすすめな国3選

西欧編:ポルトガル

f:id:tabascopotato259:20170124154542j:plain

 

ポルトガルの特徴は…

・日本並みに平和ボケ 笑

・治安もすごい良いのでひとり旅にも最適

・他のヨーロッパと違ってめちゃくちゃ黒人が多い

 (→海外感満載!)

 

有名な観光名所!というより、

ヨーロッパ本来の雰囲気を

感じたいという方ににオススメです。

 

パリとか有名所と違って、生活感が

しっかりある街並み。笑

 

主な観光地しては、

リスボン

ポルト

・アゲダ

でしょうか。

 

最近はコスタノヴァという

ストライプが可愛い街が人気!

SNSでもよく見ますよね。

f:id:tabascopotato259:20171021185430j:plain

 

 

 

ポルトガルの各都市の記事▼

※詳細のリンクも貼りますので

ぜひ参考ください♪

 

リスボン大航海時代の歴史が凝縮した街。

ユーラシア大陸最先端があります。

【ポルトガル】初めてでも大丈夫! リスボンでやっておくべき7つのこと

 

ポルトリスボンに次ぐポルトガル第2の都市、世界遺産の港町。

ポートワインが有名。

【ポルトガル】心ときめく港町「ポルト」のおすすめ観光地5選

 

◆アゲダ:カラフルな傘の絶景を見れる街。

女性の方必見です。

【ポルトガル・傘祭】メルヘンすぎる!

カラフルな傘が空一面を覆い尽くす”Umbrella Sky Project” 

 

▼位置関係

 f:id:tabascopotato259:20170124171632p:plain

どの街も行く価値ありです!

 

ポルトガルへのおすすめスケジュール

これから3ヶ国紹介しますが、

全て同じ航空会社で紹介♪

 

実際に僕が使った航空会社の 

エミレーツ航空

エミレーツ航空エミレーツこうくう、アラビア語الإمارات英語Emirates)は、アラブ首長国連邦ドバイを本拠とする航空会社である。

 

こちらも中東ドバイ経由。

 

基本的に以前紹介したカタール航空

エミレーツ航空など

中東を拠点とする航空会社は、

基本的には日本深夜発なので、

仕事帰りからの出発可能です。

 

そして、現地に朝着くパターンが多いので、

到着日からしっかり観光できちゃうんです。

 

そして何より

価格が安い!

 

これからもお世話になりそうです。

 

てことでフライトスケジュール。

----------------------------------------

◆行き◆

EK313便 羽田00:30発 → ドバイ6:15着

ドバイ1泊

EK191便 ドバイ7:25発 → リスボン12:35着

 

◇帰り◇

EK192便 リスボン14:15発 → ドバイ0:55着

EK318便 ドバイ2:40発 → 成田17:35着

※2018年8月1日現在。

変更となる場合があります。

----------------------------------------

 

ポルトガル 関連記事〜

【王道ヨーロッパに飽きてしまったあなたへ】ヨーロッパ最西端!ポルトガルを選ぶべき3つの理由。

6時間で楽しめる!?ドバイが弾丸旅行にオススメすぎる件について。 

  

中欧編:オーストリア

f:id:tabascopotato259:20180801004226j:plain

 

まず、勘違いして欲しくないのが、

オーストリア=ウィーン

だけではないということ。 

 

確かにウィーンが有名でTHE音楽の街

っていうイメージが先行しがちですが、

それだけではありません!

 

モーツァルト生誕の街ザルツブルグ

世界で一番美しい湖畔の街と

いわれるハルシュタット

 

どちらも世界遺産です。

 

スイスみたいな自然豊かな要素もあって。

 

パリの芸術的要素と

スイスの自然的要素を足して

2で割ったような国。

 

ぜひハネムーンなど大事な旅行などでも

すすめたいくらいステキなんです!

 

地図はこんな感じです。

(おすすめルート)

f:id:tabascopotato259:20170124164938p:plain

 

ザルツブルグ

ドイツのミュンヘンからの方が近いので、

ミュンヘンから入国

↓ 電車で2時間くらい

ザルツブルグ 

↓ バスを2回乗り換えて2時間くらい 

ハルシュタット

↓ 電車で3時間くらい

③ウィーンて順番がオススメ! 

 

ウィーンから、ザルツブルグ

ハルシュタットは日帰りでいけますが

どうせなら一筆書きで行きたいですよね。

 

オーストリアへのおすすめスケジュール

 

----------------------------------------

◆行き◆

EK313便 羽田00:30発 → ドバイ6:15着

EK127便 ドバイ8:55発 → ウィーン12:55着

 

もしミュンヘンから入国するなら

 

EK121便 ドバイ8:40発 → ミュンヘン12:30着

 

◇帰り◇

EK128便 ウィーン22:45発 → ドバイ6:20着

EK312便 ドバイ8:00発 → 成田22:45着

 

※2018年8月1日現在。

変更となる場合があります。

----------------------------------------

 

 

 治安も良くて、芸術的価値が

たっぷり詰まっていて、自然も楽しめる

オーストリアにいざ行くべし!

 

オーストリア関連記事〜

【東京~鎌倉より近い!?】サルでも出来る!ウィーンからスロバキア ブラチスラバへ行く方法。

【夜行列車/ヨーロッパ】ウィーンからワルシャワの夜行列車が快適すぎた

 

東欧編:ポーランド

f:id:tabascopotato259:20170124172644j:plain

 

ポーランドの特徴は…

 

 ・ヨーロッパとロシアの特徴を

足して2で割ったような文化。

・物価が安い!

・それぞれの街がコンパクト。

親日なのかみんな親切な方ばっかり。

 

主な観光地はワルシャワクラクフ

f:id:tabascopotato259:20170124175430p:plain

どちらも地区自体が世界遺産です。

 

ワルシャワ:ピアノの詩人ショパン

散りばめられた世界遺産の街。北のパリ。

中世の街並みがそのまま残っていました。

【2016年10月版 ショパン好き必見!】ワルシャワでショパン三昧したい方にオススメの5つのスポット。 

 

クラクフポーランドの京都の言われる街。

アウシュビッツもここからバスで1時間。

【2016年10月版】超簡単!?ワルシャワからアウシュビッツへ行って、ガイド無しで観光する方法。 

 

アウシュビッツに行くにしても

ワルシャワクラクフだけだと

物足りなさを感じてしまう方も多いです。

少なくとも僕は足りなかった!!

 

ぜひウィーンやプラハなどと

合わせて行くと良いですよ。

 

ポーランドへのおすすめスケジュール

----------------------------------------

◆行き◆

EK313便 羽田00:30発 → ドバイ6:15着

EK179便 ドバイ8:10発 → ワルシャワ12:15着

※乗り継ぎがギリギリなので…ご注意。 

 

◇帰り◇

EK180便 ワルシャワ15:00発 → ドバイ22:45着

EK318便 ドバイ2:55発 → 成田17:20着

----------------------------------------

 

やっぱり、最初は

ウィーンやプラハから入国して

夜行列車などでポーランドへの

入国をお勧めします!

  

ヨーロッパ本来の姿を感じれる国たち

いかがでしたか?

 

いずれの国もたくさんの

観光地を回るというよりも

中世ヨーロッパの街並みが

しっかり残っているので

ヨーロッパ本来の雰囲気を感じたい!

という方にぴったり。

 

なので、ここは1回目じゃなくて

2回目以降だなって行っている時に

思ったことを鮮明に覚えています。

 

ぜひ、メジャーな国から

ちょっと外したいな。なんて

思ったら、こちらの国へどうぞ!

 

 以上、トラベルデザイナーの

シンでした。

 

〜合わせて読みたい〜

5年連続で行ったヨーロッパ旅行の経験をぎゅっと詰め込んだ。ヨーロッパ旅行のすゝめ。 

 

f:id:tabascopotato259:20180908004956j:plain