WORLD TIPS

海外好き集まれ〜!現役旅行会社勤めによる海外旅行のすゝめ。

2回目ヨーロッパ旅行を検討中のあなたへおすすめな国3選。

f:id:tabascopotato259:20171021193238j:plain

「ありきたりなヨーロッパに行きたくない!」

 

「王道国でヨーロッパにハマった!次はどこに行こう。」

 

そんなあなたへ向けた記事になっています。

 

 どーもこんにちは。

 

海外旅行ブロガーのシン

 (@tabasco0914) です。

 

今回の記事は2回目ヨーロッパにオススメな国。

卒業旅行で有名所には行ったから、

次のヨーロッパ旅行には

どこに行こうかなって思う方、

いると思います。

 

その方向け!

 

西欧編・中欧編・東欧編で一カ国ずつ

選出しましたのでご覧あれ。

 

〜今回の目次〜

 

〜合わせて読みたい〜

【5年連続行ってる、ヨーロッパヲタク厳選】初めてのヨーロッパ旅行のおすすめの国3選。

【ヨーロッパ好き必見!】行かなきゃ一生後悔!死ぬまでに一度は行くべき、ヨーロッパの都市7選。 


西欧編:ポルトガル

f:id:tabascopotato259:20170124154542j:plain

 

ポルトガルの特徴は、、、 

・日本並みに平和ボケ 笑

・治安もすごい良いので、ひとり旅にも最適。

・他のヨーロッパと違ってめちゃくちゃ黒人が多い

 (→海外感満載!)

 

有名な観光名所!というより、

ヨーロッパ本来の雰囲気を

感じたいという方ににオススメです。

 

パリとか有名所と違って、生活感が

しっかりある街並み。笑

 

主な観光地しては、

リスボンポルト・アゲダ

でしょうか。最近はコスタノヴァという

ストライプが可愛い街が人気になって来ました。

f:id:tabascopotato259:20171021185430j:plain

ポルトガルの記事▼

f:id:tabascopotato259:20170124171632p:plain

 

一言でいうと、、、いや二言いうと、、、

リスボン大航海時代の歴史が凝縮した街。

ユーラシア大陸最先端があります。

【ポルトガル】初めてでも大丈夫! リスボンでやっておくべき7つのこと

 

ポルトリスボンに次ぐポルトガル第2の都市、世界遺産の港町。

ポートワインが有名。

【ポルトガル】心ときめく港町「ポルト」のおすすめ観光地5選

 

アゲダ:カラフルな傘の絶景を見れる街。

女性の方必見です。

【ポルトガル・傘祭】メルヘンすぎる!

カラフルな傘が空一面を覆い尽くす”Umbrella Sky Project” 

 

詳細のリンクも貼りますので、

ぜひ参考ください♪

 

どの街も行く価値ありです。

【スポンサーリンク】
 

 

ポルトガルへのおすすめスケジュール

 これから3ヶ国紹介しますが、

全て同じ航空会社で紹介♪

 

実際に僕が使った航空会社の 

エミレーツ航空

エミレーツ航空エミレーツこうくう、アラビア語الإمارات英語Emirates)は、アラブ首長国連邦ドバイを本拠とする航空会社である。

 

こちらも中東ドバイ経由です。

 

基本的に以前紹介したカタール航空

エミレーツ航空など中東を拠点とする航空会社は、

基本的には日本深夜発なので、

仕事帰りからの出発可能です。

 

そして、現地に朝着くパターンが多いので、

到着日からしっかり観光できちゃうんです。

 

そして何より

価格が安い!

 

これからもお世話になりそうです。

 

てことでフライトスケジュール。

----------------------------------------

◆行き◆

EK313便 羽田00:30発 → ドバイ7:20着

ドバイ1泊

EK191便 ドバイ7:25発 → リスボン12:00着

 

◇帰り◇

EK192便 リスボン13:35発 → ドバイ1:15着

EK318便 ドバイ2:55発 → 成田17:20着

(※2017年10月21日加筆・修正)

----------------------------------------

※フライトスケジュールは1月24日現在のもので

変更となる可能性があります! 

 

ドバイに一泊することがミソですね。

 

ブルジュカリファや世界最大級の水族館など、

実は観光名所たくさんのドバイ。

一泊すればしっかり楽しめる都市なんです。

 

ドバイ立寄りのポルトガル旅行。

良さそうですね。

 

〜この記事もおすすめ〜

【王道ヨーロッパに飽きてしまったあなたへ】ヨーロッパ最西端!ポルトガルを選ぶべき3つの理由。

6時間で楽しめる!?ドバイが弾丸旅行にオススメすぎる件について。 

 

 

 

中欧編:オーストリア

f:id:tabascopotato259:20170124163151j:plain

 

まず勘違いして欲しくないのが、

オーストリア=ウィーン

だけではないということ。 

 

確かにウィーンが有名でTHE音楽の街

っていうイメージが先行しがちですが、

それだけではありません!

 

モーツァルト生誕の街ザルツブルグ(上の写真)や

世界で一番美しい湖畔の街といわれるハルシュタット

どちらも世界遺産です。

 

スイスみたいな自然豊かな要素もあって。

 

パリの芸術的要素と

スイスの自然的要素を足して

2で割ったような国。

 

ぜひハネムーンなど大事な旅行などでも

勧めたいくらい素敵なんです!

 

地図はこんな感じです。

(おすすめルート)

f:id:tabascopotato259:20170124164938p:plain

 

ザルツブルグ

ドイツのミュンヘンからの方が近いので、

ミュンヘンから入国

↓ 電車で2時間くらい

ザルツブルグ 

ザルツブルグ観光で行きたい、お勧め観光スポット10選

↓ バスを2回乗り換えて2時間くらい 

ハルシュタット

オーストリア、ハルシュタットは世界で一番美しい湖岸の町

↓ 電車で3時間くらい

③ウィーンて順番がオススメ! 

 

ウィーンから、ザルツブルグハルシュタット

日帰りでいけますが、どうせなら

一筆書きで行きたいですよね。

 

オーストリアへのおすすめスケジュール

 

----------------------------------------

◆行き◆

EK313便 羽田00:30発 → ドバイ7:20着

EK121便 ドバイ9:00発 → ウィーン12:25着

 

もしミュンヘンから入国するなら

 

EK121便 ドバイ8:40発 → ミュンヘン12:30着

 

◇帰り◇

EK128便 ウィーン14:55発 → ドバイ23:35着

EK318便 ドバイ2:55発 → 成田17:20着

----------------------------------------

※フライトスケジュールは1月24日現在のもので

変更となる可能性があります! 

 

 治安も良くて、芸術的価値が

たっぷり詰まっていて、自然も楽しめる

オーストリアにいざ行くべし!

 

〜合わせて読みたい〜

【東京~鎌倉より近い!?】サルでも出来る!ウィーンからスロバキア ブラチスラバへ行く方法。

【夜行列車/ヨーロッパ】ウィーンからワルシャワの夜行列車が快適すぎた

 

 東欧編:ポーランド

f:id:tabascopotato259:20170124172644j:plain

 

ポーランドの特徴は、、、

 

 ・ヨーロッパとロシアの特徴を足して2で割ったような文化。

・物価が安い!

・それぞれの街がコンパクト。

親日なのかみんな親切な方ばっかり。

 

主な観光地はワルシャワクラクフ

f:id:tabascopotato259:20170124175430p:plain

どちらも地区自体が世界遺産です。

二言でいうと、、、

 

ワルシャワ:ピアノの詩人ショパン

散りばめられた世界遺産の街。北のパリ。

中世の街並みがそのまま残っていました。

【2016年10月版 ショパン好き必見!】ワルシャワでショパン三昧したい方にオススメの5つのスポット。 

 

 

クラクフポーランドの京都の言われる街。

アウシュビッツもここからバスで1時間。

【2016年10月版】超簡単!?ワルシャワからアウシュビッツへ行って、ガイド無しで観光する方法。 

 

アウシュビッツに行くにしても

ワルシャワクラクフだけだと

物足りなさを感じてしまう方も多いです。。

 

ぜひウィーンやプラハなどと

合わせて行くと良いですよ。

 

ポーランドへのおすすめスケジュール

----------------------------------------

◆行き◆

EK313便 羽田00:30発 → ドバイ7:20着

EK179便 ドバイ8:05発 → ワルシャワ11:20着

※乗り継ぎがギリギリなので、、、ご注意。 

 

◇帰り◇

EK180便 ワルシャワ14:55発 → ドバイ22:05着

EK318便 ドバイ2:55発 → 成田17:20着

----------------------------------------

 

やっぱり、最初は

ウィーンやプラハから入国して

夜行列車などでポーランドへの

入国をお勧めします!

  

ヨーロッパ本来の雰囲気を感じれる国達

2回目以降ヨーロッパ旅行にオススメの国を

三ヶ国紹介してきましたが、いかがでしたか。

 

いずれの国もたくさんの

観光地を回るというよりも

中世ヨーロッパの街並みが

しっかり残っているので

本来の雰囲気を感じたい!という方に

ぴったりだと思います。

 

なので、ここは1回目じゃなくて

2回目以降だなって行っている時に

思ったことを鮮明に覚えています。

 

ドバイ一泊が必要なポルトガル以外は

4日間の休みで十分行けちゃう国です。

 

お役立て頂けたら嬉しいです。

 

 以上、海外旅行ブロガーのシンでした。

 

〜こんな記事もおすすめ〜

【弾丸ヨーロッパ旅行のすゝめ】必要なのはたった◯日間の休み!お気軽に行けちゃう人気都市15選。 

【格安ヨーロッパ旅行のすゝめ】旅行会社員直伝!ヨーロッパへの旅費7万円以下で行くための1つの方法。

【ヨーロッパ旅行検討の方必見!】1カ国だけじゃ絶対もったいない!オススメするヨーロッパ2カ国周遊パターン7選。 

【鉄道で巡るヨーロッパ旅行予定の方必見★】ヨーロッパ旅行に使える最強鉄道アプリをご紹介!