WORLD TIPS

海外好き集まれ〜!現役旅行会社勤めによる海外旅行のすゝめ。

【現地情報満載】エジプト旅行予定者必見。治安や物価などなど徹底解剖!

f:id:tabascopotato259:20171206012714j:plain

ぶっちゃけ、エジプトってどうなの!?

 

と、エジプトの現状を知りたい方向けに

こちらの記事は書いています。

 

どーも、海外旅行ブロガーのシンです。

 

先日、会社の研修で

エジプト6泊8日で行かせていただき。

 

ピラミッドのあるカイロから

エジプトらしい遺跡が集中するルクソール

アスワン、アブシンベルと有名箇所を

回りました。

 

.

.

.

 

いやああああ

最高だった!!!!!!!

なんかどこ行っても

こう思うんじゃないかと

思うのは置いておいて。

 

体調崩す方もいる中、

食べ物も口に合うし、

体調が良くなってきて

帰国しました(笑)

 

すっかりアフリカの魅力にはまってしまった僕が

エジプトを徹底的に解剖します。

 

ヨーロッパやアジアもよく行ってるので

そこをうまく比較していければと!

 

ではスタート!

 

今日の目次

 

〜合わせて読みたい〜

【2017年12月搭乗/エジプト航空】カイロまでのエジプト航空が快適すぎた。

【必見】エジプト旅行行く前に事前準備で知っておくべき7つのこと。

 

 

エジプトの現状・感想

治安

超超超超良好です。

 

なんとなくアフリカって治安悪い

イメージがあるじゃないですか?

 

だからかなり構えて、リュックは控えて

バッグもショルダーバッグにして、

前掛けにしてました。

 

ですが最後の方は、心配しすぎだな

と思って普通にリュックにしました笑

 

ヨーロッパやアジアより全然

治安が良かった。

 

というのも親日なんですよね。

だから基本的に優しい感じ。

 

日本人が珍しいのか

何回も写真を求められて

自撮りしました笑

 

客引きはいるんですが

東南アジアほど全然しつこくないし

知ってる日本語で返すと

笑顔で返してくれる感じ。

 

物乞いが寄ってくることもたまーにあるけど

正統派なので盗んできたりしようとは

してきませんでした。

 

ただ。

 

ルクソールで馬車乗ってる時に

すれ違った少年から小石投げられたり

したので、そういうこともあることを

理解してくださいね。

 

手に直撃したんですが

ほんとに痛かった、、、笑

 

まぁその子供が悪いじゃなくて

そうさせてしまった環境が

悪い!て理解でいましょう。

 

言語

お土産やレストランなどは

基本的に英語が通じるので

問題なし!

 

お土産屋さんでは

どこでそんな日本語覚えたの!?

って感じで日本語を話してきます。

 

いや、ただ日本が好きなのかなあ。

 

やっぱり言語で困ることは

一切ありませんでした。

 

【スポンサーリンク】
 

通貨

レストランやお土産やさんは

普通に米ドルでOKでした。

 

ダメな店あるのかなって思うくらい。

 

ただ、多くの店でドルで払って

エジプトポンドで

返ってくるイメージ。

 

エジプトポンドは、日本では

日本円に戻せないので、

使い切りを目指しましょう!

 

ドル出来るだけ細かく。

高額札はお土産屋さんは

おつり来ない認識で。

 

ちなみにスーパーやそれなりの

お土産屋さんはカード使えることも

ありますが、JCBが使えない店が

多かった印象。

 

VISAかMASTERが間違いありません!

 

物価

かなり安め。

 

日本のレストランの2/3程度で

考えて問題ないです。

 

カイロタワーの夜景見ながらのディナーも

20〜30ドルくらい。

 

ガラベーヤという民族衣装は10ドル

置物はほとんど1ドルで買えるので、

物価は東南アジアレベルもしくは

それ以下と考えて問題ありません。

 

気候

やっぱり日本の冬シーズンは

ベストシーズンでした。

 

行ったのが、11月下旬だったので

その時の様子を書きます。

 

朝夜は冷え込みますが

日中は日が照っていて

カラッとした天気なので

心地よいです。

 

11月に行くと、朝・冬は日本の冬レベル。

ユニクロのウルトラライトダウンを

持っている方が目立ちました。

 

昼と夜の気温差が20°近くあるので、

朝夜着込むのはできるだけ

荷物にならないものを!

 

日中の日差しがかなり強いので

サングラスはマスト!

 

また、乾燥がかなりきついので

ハンドクリーム、リップクレームなどの

保湿用品を持って行って下さい。

 

宗教

他でもないイスラム教。

 

でも肌を見せないように!

と全身服纏った方は少ない印象。

 

というのもエジプトでも

「最近の若者は・・・」現象が

起こっているらしく、礼拝なども

いかないそう。

 

一日5回礼拝があるのですが、

カイロだったりすると、礼拝の合図の音が

結構爆音で、朝5時に叩き起こされます。(笑)

 

些細なカルチャーショック。

 

ちなみにですが、

イスラム教信仰の方=ISISでは

全くないです。

 

イスラム教の信仰の方は

良い方ばっかりですよ。

大好きだ本当に。

 

電波状況

完全に場所によってしまいますが、

総合的に見ると、弱いところが多いかな

って印象でした。

 

出来るならSIM購入、もしくは、

WI-FIを日本から持っていった方が

無難です。

 

その他一言アドバイス

ガイドと一緒に遺跡観光するべし。

ガイドがいた方が絶対良いです。

 

歴史博物館ですごく感じましたが

めちゃくちゃすごいことが書いてある場所

なのに、一見普通に見えてしまうので、

スルーしてしまうところも多々あるんですよ。

 

よっぽど歴史に詳しくない限り

遺跡もぶっちゃけ、どれも同じに見えてしまう。

 

だけどガイドの説明によって

・いかにその遺跡にすごいのか

・一つ一つにどんな意味があるのか

が分かります。

 

なかなか言葉で伝わらないのですが、

ガイドをつけたほうが絶対良いです。

断言します。

 

ボールペンを大量に持っていけ!

エジプトで日本のボールペンが

大人気です。

 

交渉のときにボールペンを

持っていけば、安くしてくれる確率が

グンと上がります。

 

100円ショップに売ってるような

20本で100円みたいなやつでもOK!!

 

3色ボールペンが現地の人的には

良いみたいでした。

 

防砂グッズはマスト!

乾燥対策グッズと同様に。

 

冬だろもやがかかっていたり

すごく砂が舞っていたり国なので

マスクやサングラスがあれば

より良い旅行ができるでしょう。

 

洗浄用に目薬もマスト!

 

女性は安心。女性に優しい国。

超ジェントルマンの国です。

 

着いたときに、女性には

花束のプレゼントがあったし、

船から降りるときには

手を差し伸べてくれたり。

 

アジア人が珍しいのか

女性の動機が写真を求められることも

多々ありました!

 

日本人女性はエジプトと相性抜群です。

 

広い心を持って。

良くも悪くも

めっっっっっっちゃくちゃ

テキトーです。

 

車や船がよく壊れるし 笑

 

僕が行った時は、

観光中に車壊れて

別の車に乗り換えるし。

 

社長も載ってる船なのに

途中でエンジンストップして

ほかの船に引っ張ってもらうことに

なったり、、、笑

 

さすが外国と思うことが

かなり起きるので、起きたら

日本に帰ってきてネタにするくらい

広い心を持って行って下さい!

 

またかなりのんびり屋です。

 

「何時にここに着くの!?」

って質問には、

「行ってみなきゃわからない」

という答えしか返ってきません。

短気は損気。せっかちにならずに、

ゆったりいきましょう。

 

お土産は基本値段交渉だ!

100%値段交渉が必要!

てかそれが醍醐味です。

45ドルが5ドルに下がったりも。

 

とりあえず「1ダラー!!」と言いましょう。

 

ノーーー!と言われても

帰ろうとすれば成功するので

試してみて下さいね。

 

これまじで楽しいです。

相手もプロだし慣れているので、

値切ったら申し訳ないといって

値切らないのは、ただ損するだけです。

都市情報

カイロ

f:id:tabascopotato259:20171206011826j:plain

渋滞が凄まじいです。

東南アジアの比じゃなかった、、

 

時間に余裕を持って行動しましょう!

8〜11時とかなり長いあいだ

混雑します。

 

至るところにモスクがあるし

死者の町感もすごいし、

ザ エジプト!!!!!!

って町でした。

 

モスクや歴史博物館、

ハーンハリーリという市場へ

行けば、間違いありません。

f:id:tabascopotato259:20171206011903j:plain

ハーンハリーリにて。香水瓶屋さん。8ドルから。



女性の方は、ゲズィーラ島北部に

女性ぶち上げのおしゃれカフェが

たくさんあったので、ぜひ

行ってみてください。

 

ルクソール

f:id:tabascopotato259:20171206012210j:plain

たとえ、何十万円追加になっても

行く価値があります。

一番エジプトらしい都市。

 

見所は

カルナック神殿

ルクソール神殿

・ハトシェプスト女王葬祭殿

・王家の谷

ですね。

 

おすすめ体験は、

バルーン!!!!

f:id:tabascopotato259:20171206012126j:plain

f:id:tabascopotato259:20171206012131j:plain

f:id:tabascopotato259:20171206012136j:plain

 

これも絶対にやってください。

サンライズを見るので、

かなり朝早くの出発になりますが、

絶対行く価値あり。

 

アスワン

南下していると、

ここら辺か茶色のものに

目が慣れてきて感動しなくなります(笑)

 

そんな時に感動するのが

ヌビア人の村。

f:id:tabascopotato259:20171206005527j:plain

f:id:tabascopotato259:20171206005530j:plain

f:id:tabascopotato259:20171206005523j:plain

エジプトとは思えない、鮮やかさ。

 

エジプトの南に住んでいる民族の方だそうで

肌の黒い方が多いです。

 

だんだんと南に来ているんだなあと

そういうところがエジプトにいる

実感が湧いてきたり。

 

ここもマストですね。


アブシンベル神殿

f:id:tabascopotato259:20171206005926j:plain

個人的にここがいっっっっちばん

楽しみで。来てよかったなあと思った場所。

 

これ以外観光名所はないですが、

サンライズに照らされるアブシンベル神殿も

夜に照らされているのも、素敵でした。

f:id:tabascopotato259:20171206005953j:plain

 

遺跡観光時の注意点

やっぱり遺跡観光が

メインとなるエジプト。

 

その遺跡観光の際の

注意点を書きます!

 

①荷物検査が多すぎる

ほんとにこれ。

イラッとするレベル 笑

 

チケットを買って

荷物検査して入場!

と思ったら

メインの遺跡の前で

もう一回荷物検査みたいな。

 

空港のような金属探知機だったり

バッグを直接開けて見てもらったり。

 

かなり面倒なので

バッグは下ろしやすいものを

オススメします。

 

②追加代金が頻繁にかかる

入場料払ったのに

ツタンカーメンのミイラを

見るために、その入場料より

高い値段のチケット買う必要が

あったり。

 

歴史博物館では、ラムセス2世の

ミイラをみるために10$

カメラ持ち込むために4$

かかったりしました。

 

観光業で儲けているような

国なので、しょうがないですけどね。

 

追加代金を出すものは

全て出す価値があるものです。

出し惜しみしちゃダメですよ〜〜〜

 

 

 

問題点

ここからは渡航前から

渡航後までで感じた問題点を

書いていきます。

 

ガイドブックが古すぎる

バリエーションがウリの

地球の歩き方ですら

最新版が2014~2015年版。

 

ARUCOなんか2010年の情報だし。

 

書いてある情報もだいぶ古く

大々的にガイドブックで書いてある

現地で有名な石鹸屋さんが

倒産していたり。

 

日本にある情報はかなり古いものばかりでした。

 

ネットを見ても全然情報がないので、

情報探しにかなり苦労します・・・。

 

ラクダは股間が崩壊する

かの流行った乗馬マシーン

乗ると思ってください笑

 

次の日には筋肉痛になる方が多数(笑)

 

腰が回転する感じで

揺れるので、5分で疲れます。

 

ピラミッド近くでラクダに乗れるんですが

かなりやられるので、覚悟の上

乗ってくださいね。笑 

 

まとめ

ある意味日本でホットなエジプトですが、

いかがでしたか?

 

日本人は教科書やらなんやらで

一度はエジプトの遺跡は目にして

憧れを抱くところではないでしょうか。

 

やっぱりその憧れは間違いですし、

あの遺跡が目の前にある感動は

実際に見たからこそ。

 

気分は東南アジア

値段はヨーロッパ

的な気分でいけば、全然

問題ありません。

 

僕ももう一度エジプトへ行くことへ

ピラミッドに誓いました。

それくらい人を感動させるものが

たくさん詰まったエジプトに

いつもより少し勇気を出して

行ってみませんか?

 

以上、海外旅行ブロガーのシンでした!

 

〜おすすめ記事〜

■まとめ編■

【ヨーロッパ男ひとり旅のトリセツ】西洋かぶれ厳選!海外男ひとり旅で絶対選ぶべきヨーロッパ国5選! 

【ヨーロッパ旅行検討の方必見!】1カ国だけじゃ絶対もったいない!オススメするヨーロッパ2カ国周遊パターン7選。

【ヨーロッパ好き必見!】行かなきゃ一生後悔!死ぬまでに一度は行くべき、ヨーロッパの都市7選。

【行きたい場所がありすぎて悩んでいる、ヨーロッパ初心者のあなたへ】オススメのヨーロッパの王道スポット10選。

 

■お得アプリ編■

【鉄道で巡るヨーロッパ旅行予定の方必見★】ヨーロッパ旅行に使える最強鉄道アプリをご紹介!

【超便利】クロアチア/周辺国を旅行の方必見!最強のバスサイト「GetByBus」の攻略法。 

 

■お得情報編■

ヨーロッパ行く方必見。行く前に熟知せよ!ヨーロッパでありがちなトラブル3選。  

【ヨーロッパの国選びで悩むあなたへ】王道国を選ぶ上の基準とは?ランキング形式でお届け! 

 

■国別編■

スペイン 

【弾丸バルセロナはこう回れ!】2日間でしっかり楽しむ!必ず押さえるべき、おすすめの観光地。

 

【2015年12月版/バルセロナ行く人必見!】バルセロナから片道1時間のモンセラットへの行き方。

 

イタリア

【イタリア】行かなきゃ絶対損!ベネチアに行ったら、ブラーノ島へ行くべき理由。

イタリアへ行くなら、フィレンツェは外すな。フィレンツェへ必ず行くべき4つの理由。

 

ポーランド

【2016年10月版】超簡単!?ワルシャワからアウシュビッツへ行って、ガイド無しで観光する方法。

【2016年10月版 ショパン好き必見!】ワルシャワでショパン三昧したい方にオススメの5つのスポット。

 

オーストリア

【オーストリア旅行検討中の方必見】オーストリアはウィーンだけじゃもったいない。  

【2016年10月版】オーストリアへ行くならここへ!世界一美しい湖畔の街「ハルシュタット」

【東京~鎌倉より近い!?】サルでも出来る!ウィーンからスロバキア ブラチスラバへ行く方法。

2016年10月版【ウィーン旅行者必見】これ読めば立ち見マスター♪ウィーンのオペラ座立ち見を徹底解剖。

【夜行列車/ヨーロッパ】ウィーンからワルシャワの夜行列車が快適すぎた。

 

ベルギー

【誰もがトリコになること間違いなし!】ベルギー/ブルージュ歴史地区へ行くべき3つの理由。

 

フランス

【パリ-ロンドン移動は鉄道を使え!】ユーロスター使えば、パリからロンドンはひとっ飛び。

 

ポルトガル

【王道ヨーロッパに飽きてしまったあなたへ】ヨーロッパ最西端!ポルトガルを選ぶべき3つの理由。

【ロカ岬へ!】ポルトガルに行ったらここ。ユーラシア大陸最西端!ロカ岬への行き方。 


クロアチア

【2017年10月版】クロアチアで本当に訪れるべき観光名所5選/その他情報まとめ

【2017年10月版/完全保存版】クロアチア/プリトヴィッツェ湖群国立公園徹底ガイド! 

クロアチアがヨーロッパデビューにぴったりすぎる5つの理由。