時間がなくても海外へ!弾丸旅行のすゝめ。
海外旅行

僕が海外を愛する3つの理由。だからこれからも海外へ行き続けるんだと思う。

f:id:tabascopotato259:20180719083521j:plain

どうも、トラベルデザイナーのシン(@tabasco0914) です

今回は改めまして
自分が海外へ行く理由。

いつもは コンテンツ を届けたいなーなんて思ったりしてますが、今回は自己満足記事です。あ、ブログなんて全部そうか。

ぜひ最後までお付き合いください。

すべての始まりはグアムだった。

忘れもしない、大学2年生でした。

突然 24,800円グアム行かね?と誘ってくれた友達がいてくれて。
(24,800円で3泊4日でした。安すぎw)

そんで勢いだけでグアム行くことに決めたんですよね。(風邪ひいたってゼミ休みましたが、ほんとは嘘です。もう時効っす。笑)

それから、気づいたら海外旅行専門店に勤めてるわけです。人生って不思議です。本当に。

結構飽き性なんで、多分つまらなかったら、続いてないし。理由があるから、いろんな国に行ったし、これからも色んな国に行くんだと思います。

んで、そのふわふわしている理由が最近分かってきたので、ここに書こうと思いました。

海外にはこんな魅力があるんだぞー!て意味も込めて。(眠いからかなり乱雑。)

僕が海外が大好きな理由とは

地球が大好きだから!!!!

これは言わずもがなですね。色んな景色を魅せてくれる地球が大好きです。

海の中も。
人が作った建築物も。
星空も。
飛行機から見る空も。
全部好きです。大自然も大都会も。

よくある、絶景本には日本以外の風景が多いですよね。

そりゃ日本なんて地球のほんの一部だからだよな、て思いつつ。だから、いろーんな景色を見に行くんです。海外へ何度でも!!!! ロマンを探しに!!w

f:id:tabascopotato259:20170118005209j:plain

※20代絶対に行こうと決めているトロルの舌!

「お金を稼ぐこと」を考え直させてくれる。

これが何度でも行く理由かもしれないな。って実は。

お金を稼ぐ=悪いこと みたいな色眼鏡をかけさせる日本じゃ気づけなかったことだ…て痛感してます。

それはそうと、ヨーロッパとかアジアって物乞いがめちゃくちゃ多いなってやっぱり行く度に思います。もちろん他の地域もだと思いますが。腕が無かったり、足がなかったり。挙げればきりがないですが、そういう方が世界遺産の街のど真ん中で物乞いしているわけです。

オブラートに包みますが自分の持ってるカードを使って、お金を稼ごうとしているわけです。恥もプライドも捨てて。相当カルチャーショックだった記憶があります。

実際に見るのと、インターネットで見るのは違いますしね。

どんな形であれ、自分の持っている価値を世の中に還元したものが お金 なんだなって思う瞬間です。何よりも。

そのために行くって言ったら変ですが、それを何度でも気づかせてくれるのが海外旅行だったりします。自分にとって。

根拠のない自信がつくから

主に一人旅にしか言えないことかもしれませんが…。

知り合いも誰もいない。
言葉も通じない。
場所によっては英語も通じない。
場所もまっったく分からない。
Wi-Fiない時はあいぽんただのガラクタ。

そんな場所に一人で飛び込むわけです。

楽しくないわけがない♡
いや、そうじゃなくて。

日本に帰ってくれば、友達いるし、
基本みんな日本人だから言葉通じるし、
道繋がってるから迷わないし、
治安良いし、食べ物美味しいし。
トイレ綺麗だし、温式便座あるし。(これ重要。)

帰国すると、え、自分日本だったら
なんでもできんじゃん。て思えたんですよ。
確かに。まじで根拠のない自信 笑
地図上でここから、ここまで自分の力だけで
移動したのかーとか達成感もあります。

余談ですが、最近行ったドイツ〜ポーランドは
山口県〜岩手県くらいの距離でした。

そんときは凄まじい達成感でした。
帰国すると、自信みなぎります。

地球一周しなくても良いと思います。
何カ国周遊すれば。

とりあえず、一人旅がおすすめなんです。
公用語が英語のとこはダメだよ、旅するの
簡単なので。今度
一人旅のすゝめ書こうと思います。

まとめ

よくまとまりませんでしたが

将来は100万円渡して、
大学なんて休学して、
世界一周に行って来なさい
って言える父親になりたいっす。

この記事2017年1月17日に書いて
2018年の7月19日に改めてちょっと
いじっているのですが、やっぱり想いは変わらず。

文章がひどいですが、あえてあの時の想いを大事にしたいのでそのまま にしています。

最後までご覧いただきましてありがとうございました〜〜!

以上、トラベルデザイナーのシンでした!