時間がなくても海外へ!弾丸旅行のすゝめ。
アジア

【現地レポート】マレーシア大周遊(2017/3/16〜25)旅日記!!(後半)

f:id:tabascopotato259:20180818163343j:plain

どーもこんにちは。

トラベルデザイナーのシン
 (@tabasco0914) です。

ということで早速後半いきたいと思います!!!

前半のリンク(【現地レポート】マレーシア大周遊(2017/3/16〜25)旅日記!!(前半))も貼るので、ぜひ読んで下され:D

10日間のスケジュール!

4日目

午前 ランカウイ
午後 クアラルンプールでした。

クアタウン

クアラルンプールへ移動

クアラルンプールで町歩き

てなスケジュール。

f:id:tabascopotato259:20170326155041j:plain

※クアタウンにあるワシ。

クアタウンはパンタイチェナンよりは
雑貨屋さんが多かったので、女性の方は
楽しいかもしれませんね。

f:id:tabascopotato259:20170326160013j:plain※こーゆー商店街が続きます。ちなみにランカウイは免税の島。

お酒よりジュースの方が安いので、ジュース飲むと怒られます笑

小規模ですが、ナイトマーケットもあります。

f:id:tabascopotato259:20170326160342j:plain

14:00前後のフライトでクアラルンプールに
向かったので、ランカウイはここで終了!

また絶対来ます。

てことでクアラルンプール!
中心部はただの大都会。

程よく自然もあって
住みやすそうな都市です。

着いてからは、お仕事関係でツインタワーの
タイプラプスを撮影してあまり動いていないので、
夜ご飯のことを書こうかと!

あ、ツインタワーはすごく綺麗でした。
ライトアップ後の方が良いです。

f:id:tabascopotato259:20170326160739j:plain

石油会社が建てたタワーなので
石油会社しか入ってないだそう。

金持ちはやることがちげえ。

上の写真はKL公園にある橋から撮りました。
近くにISETANもあるし、日本と錯覚する場所w
てことで、夕食  in  チャイナタウン。

ここは東南アジアっぽかったです。

f:id:tabascopotato259:20170326161720j:plain

偽物のブランド品を売っているお店が

ズラーーーッと並んでいて、歩いていると
めちゃくちゃ声掛けられます。

東南アジアあるあるで
黒人がもの売っているやつですね。

あういうお店ってどういう仕組みで
商売しているんだろうって気になるだけでした。

偽物って分かっている以上、興味無し。
日本でいう焼うどんが名物らしく
頂戴してきました!

f:id:tabascopotato259:20170326161747j:plain

※指入っているし、食事中のものでごめんなさい。笑

奥の黒いのが、それです(雑)
味は日本の焼うどん!
シーフード入りで美味しい!

ここが発祥のお店みたいで他にも広がっていったみたい。
他の場所というか色んな場所で食べれます。
食事後には近くにある、ローカルスイーツにも挑戦!

f:id:tabascopotato259:20170326161800j:plain

書いてあるものを材料らしいのですが、
精力剤感が否めない。

原材料を調べたら、やっぱり
精力剤ではありませんでした。(当たり前)

味は、黒糖の味をもっとフルーティにした感じ。
日本人の口には合うので、クアラルンプールへ

行かれる予定がある方はぜひチャレンジ!

f:id:tabascopotato259:20170326163140j:plain

※チャイナタウン歩いていれば、すぐにわかります!

てことで4日目は終了!

5日目

ブルーモスク

マラッカ

ブキビンタンのアロー通り(夕食)

仕事の関係上、遠目でしかみていないですが、
東南アジアで、こんな綺麗なモスク観れると
思ってませんでした。

f:id:tabascopotato259:20170326164322j:plain

いやー他の東南アジアでこんな綺麗なモスクを
見れる場所はないと思います。すごくないですか?

ここから、世界遺産のマラッカへ向かいました。

世界遺産にも登録されるマレーシアの美しい古都『マラッカ』の魅力

f:id:tabascopotato259:20170326164514j:plain

※中心のオランダ広場。中国人ばっか・・・。

まあ西洋かぶれの僕が
嫌いなわけがないですね笑

オランダとポルトガルの植民地で
ヨーロッパの街並みと
中国の街並みと
東南アジアの街並みが
混ざってて、面白かったなあ。

最近はおしゃれなカフェも
増えてきているみたいでした。

海に近い部分は 本当にポルトガルのリスボンみたいな
おしゃれな街で、女性の方もしっかり楽しめます!

f:id:tabascopotato259:20170326164957j:plain

マラッカとかマラッカ海峡しかないだろ
とか完全に舐めてたんですが笑

マレーシアに来たらここは
来るべき場所です!

最近ポルトガルへ行った僕が
ここに来たのが不思議で
導かれた感じ(勘違い)

現地のガイドの方にオプショナルツアーじゃなくて
自力で来れるか?って聞いたところ、交通手段が
複雑なので、あまりおすすめは
できないとのことでした。

行って帰って来れなくなって止む無く、
タクシーで帰ってきた方もいるんだそうです。

まあそれを聞いても僕は自力で行く気がします。笑

そんなこんなクアラルンプールへ戻って来たら
良い時間だったので、ブキビンタンのアロー通りへ。

f:id:tabascopotato259:20170326170427j:plain

一度食べたらやみつき! クアラルンプール最大屋台街「アロー通り」でローカル・グルメ

屋台村ですね。

ドリアン売りが多くて
今まで行った東南アジアの街で
一番ドリアン臭かった。本当に。

僕の行った中では、ここがマレーシアで
一番東南アジアらしかったです。

イスラムもヨーロッパもアジアも感じて
お腹いっぱいの1日が
こんな感じで終わりました。

クアラルンプールは、イスラム教のモスクも見れて
少し足を伸ばせば、ヨーロッパらしさ全開のマラッカにも
行けて、そして東南アジアらしい屋台めぐりも出来ます。

中心地はただの都会なので、
ショッピングも楽しめるし。

海外旅行にはうってつけの場所すぎて、
舐めててごめんなさいて謝罪するばかりです。

クアラルンプールだけなら、
2日間の休みで行けるので(弾丸でマレーシアへ!元アジア担当が2日間でクアラルンプールへ行く方法を伝授!)ぜひご検討を!

6日目

プトラジャヤ

コタキナバルへ移動
(ホテル視察)
てなスケジュール。

いや、なんといっても
このプトラジャヤがすごかった。

何回目かわかりませんが、(笑)
こんな綺麗なモスク、東南アジアで見れるって
知ってました? あれ、知らないの僕だけかな笑

f:id:tabascopotato259:20170326172650j:plain f:id:tabascopotato259:20180816233626j:plain

モロッコとかトルコでイスラム教の
エキゾチックな文化を感じたいいいいいい
て密かに思っていたので、そんな欲も無事解消。

最高の終わり方でクアラルンプールが終了して、
最終目的地のコタキナバルへ!

到着して、ホテル視察で終わってしまったので
ホテルを詳しく説明しますね。

泊まったリゾートは
シャングリラのタンジュンアルリゾート。

f:id:tabascopotato259:20170326174045j:plain

セブなどにもある、シャングリラ系列リゾート。

コタキナバルで唯一日本人スタッフが
いらっしゃいます。夕食を
ご一緒したのですが、海外に
いる日本人の方は気さくの方が
多くて、人見知りなんて微塵もありませんw

お子様用のウォータースライダーなんかもあったり
するので、ファミリー向けリゾートと謳われることが

多いんですが。そんなことありませんでした。
スパのクオリティも高いのに
東南アジア価格なのでお得!

しかも、世界で7番目で夕日を
綺麗に見れるというサンセットバー
なんかもあったりしました。

f:id:tabascopotato259:20170326175148j:plain f:id:tabascopotato259:20170326174728j:plain

お金はかかってしまいますが
ボートで近くにある島へ
行くことができちゃったりもします。

今回は行けませんでしたが、
写真を見せてもらうと

その海の透明度が凄まじかった。
セブより綺麗だった気がします。

お部屋ももちろん、さすが五つ星って感じ。

f:id:tabascopotato259:20170326175448j:plain

カップルでも十分楽しめるリゾートでした。
てことで6日目はこんな感じで終わり。

7日目

完全に息切れしてきました(笑)

キナバル公園+ポーリン温泉の
オプショナルツアー参加!!!
世界遺産キナバル公園とキャノピーウォーク・ポーリン温泉観光ツアー<1日/コタキナバル発> 

簡単にいうと、
コタキナバルの壮大な自然を感じようツアー!

ポーリン温泉はまあ入るというか、
地元の人が入っているものを見るシュールな感じw
足湯が限界かな。特にインパクトもなかったです。

否定的な意見ばっかり書いてしまいましたが(笑)

こちらがメインではありません。
ポーリンを横目に登山が始まります。

登り終わると、頂上に吊り橋がかかっているので、
そこを渡ります。高さ30mくらい?

しっかり揺れて、ドキドキハラハラ感満載なので
高所恐怖症の方はお申し込み時お気をつけを。

f:id:tabascopotato259:20170326180421j:plain

渡っている間は壮大な自然がみれます。
遠くには棚田があったり。

懐かしきアバターを彷彿させる感じ?

f:id:tabascopotato259:20170326181147j:plain

たまたまラフレシアも咲いていたみたいで
もちろんしっかり見てきました!!!!

f:id:tabascopotato259:20170326181332j:plain

決して綺麗とは言えないこの感じw

たまにしか見れないので、運次第。
こんな感じで大自然を感じて、1日が終わりました。
コタキナバルサイコー!

8日目

①マリマリ族体感ツアー!

②クリアスリバークルーズ!
先住民族の伝統文化を学ぼう!マリマリ・カルチャービレッジ<午前or夜//コタキナバル発> 

クリアスリバークルーズ|マレーシア旅行・ツアー

f:id:tabascopotato259:20170326184002j:plain

マリマリ族ってなんやねん!て思いますよね。笑

でも僕はコタキナバルで一番
おすすめのオプショナルツアーはこれです。

ボルネオ先住民族の伝統を体験できるオプショナルツアー。

堅苦しそうですが、博物館的な感じじゃなくて、
実際に当時のものを食べれたりできます。

まさに体験型アクティビティ。すごーく
わかりやすい説明があったので、引用します笑

村に入る前にグループに分けられ、グループのリーダーを決めます。ビレッジガイドから、かつて首狩り族だったムルット族の村に入る際にはグループのリーダーが代表して村のリーダーとの挨拶の儀式を行うようにとの説明も。

村の中にはここサバ州を代表する5つの民族の伝統家屋が配置されており、すぐそばを流れる川や森の自然も楽しむことが出来ます。

ガイドの説明を聞きながらの各家屋を周る途中には、地酒の試飲、バンブークッキング、火おこしの実演、お菓子作り、吹き矢体験、ヘナタトゥーなどのアクティビティが用意されており、参加者が実際に体験できるようになっています。

説明メインではなく、五感を使って体験するデモンストレーションやアクティビティが沢山用意されているので、大人だけでなく子供でも、英語があまりわからなくても楽しめるのが魅力です。

引用:https://allabout.co.jp/gm/gc/443142/

最後に伝統舞踊があるので、それを見て終了。

竹を使うバンブーダンスには参加できるので、
遠慮せずに参加して下さい!!

ランチではふかしバナナなど
先住民族の料理を取り入れたビュッフェでの昼食が最後に!
めちゃくちゃ美味しかったです。

このオプショナルツアー超楽しかった。
酔っ払ってたからかなw

とりあえず騙されたと思って
コタキナバルへ行ったら参加して下さい!!!!!

そんなこんなでクリアスリバークルーズ。
リアルジャングルクルーズです。笑

ボートで川をクルーズをして、
猿を探したり、蛍を見たり。

f:id:tabascopotato259:20170326184548j:plain

ボートを運転してくれた兄ちゃん。

こうやってピースしてくれるのが本当嬉しいよなー。

f:id:tabascopotato259:20170326184555j:plain

こんな感じでリバークルーズ!

f:id:tabascopotato259:20170326184600j:plain

一番のお目当のテングザル発見!遠目なのが残念、、、

蛍もめちゃくちゃ綺麗で、
ボートの光を仲間と勘違いして
ボートへ寄ってきたりも。

なので手に蛍を乗せたりも出来ました。
お子様は絶対喜ぶので、ファミリー向けかな。

座りすぎて、ケツが痛かった。笑

写真が撮れませんでしたが、
周りに何もないので、星空も
メッッチャクチャ綺麗でした。

蛍より星空見てた時間の方が長い気がしますw

こんな感じで8日目が終了しましたー!

大自然楽しむのがコタキナバルの楽しみ方。

9日目

10日目は成田到着日なので
実質最終日です。

夕方からのフライトなので、
お昼まで観光。

この日はロッカウイワイルドパークへ。
動物園というよりは、動物保護区なんだそうです。

f:id:tabascopotato259:20170326185821j:plain

人間が自然が破壊し、プランテーションを
作ってしまったせいで行く場所が
無くなった動物が集まる場所とのことでした。

そういえばマレーシアといえば、ゴムの木とかの
プランテーションのイメージが強いですもんね。

考えさせられる場所。教育の場としても使えるみたいです。
そして、お目当のオランウータンを見に!

f:id:tabascopotato259:20170325175242j:plain

本当、だるそう笑

マイペースすぎるけど、意外と動くので
楽しかったなあ。とにかく愛らしいんですよ。

究極の癒し系動物で、ジンベエザメ的キャラ。
じっと眺めてるのが楽しい動物。

オランウータンはどこでも
見れるわけではないので、必見です。

てことで、そんなこんなで
オランウータンで締めたマレーシア旅行でしたとさ。

もう一回言います。

マレーシア
サイコーーーーー!!!