時間がなくても海外へ!弾丸旅行のすゝめ。
アジア

【LCC/スクートレビュー】格安航空会社スクート航空が快適すぎて、リピート決定。

f:id:tabascopotato259:20180829101553j:plain

(2018年8月29日加筆・修正)

「LCCって実際どうなの?」

「落ちないの?」

「座席が狭いんじゃないの?」

そう悩んでいるあなた向けの

記事になっています。

海外旅行界の常識を変えたLCCも

今や当たり前のものになってきましたよね。

LCCとは。ローコストキャリア(Low Cost Carrier)の略称で、効率的な運営により低価格の運賃で運航サービスを提供する航空会社を指す。 米国の航空自由化を契機に登場し、世界的に航空規制緩和が進む中で各地に数多く誕生してきた。

引用:LCC(えるしーしー)とは

今回は旅行会社員による実際に

乗ったLCCのスクート航空のレポート

LCCを使わなかった今までの人生を

後悔してもらおうと思います!

ぜひ最後までご覧ください!

〜合わせて読みたい〜

▼安近短のタイへ行く方法!

【格安×弾丸】LCCを使ってバンコクへ。元バンコクツアー企画担当が、超得にバンコクへ行く方法を伝授!

▼おすすめの航空会社一覧

【元アジア担当がオススメ】この国へ行くときはこの航空会社だ!方面別♪東南アジア旅行にオススメの航空会社!

▼オススメのLCCとは?

【安く行きたきゃこれだ!】コスパ最強◎東南アジア行きたいなら、選ぶべき3つのLCC!

スクート航空って実際どうなの??

結果から言います。

クオリティたけええええええええ

サイコー〜〜〜〜!!!!

最近というと、自分の旅行では飛行機

あまり妥協しないのですが、

そんな僕でも普通に満足。

ちなみに僕が乗ったことある航空会社:

ベトナム航空

エアーフランス

アエロフロート

JAL

エミレーツ

マレーシア航空

エジプト航空

フィリピン航空

バニラエア

ブエリング航空

エアアジア航空

シンガポール航空

ANA

5つ星の航空会社シンガポール航空の

子会社なので、当然なのかもしれませんね。

シンガポールを拠点に置く航空会社です。

使ったのは2016年11月。スクート航空の

TZ291の成田空港→バンコクのドンムアン空港

10:00発 → 13:50着

TZ292のバンコクのドンムアン空港→成田空港

00:45発 → 7:45着の往復です。

時期にもよりますが、

往復で3万円くらいでチケット取れるのに

直行便なのでとっても嬉しい・・・。

(ちなみに仕事で行きました。

新規就航だったので飛行機の中身チェック!)

てことで詳細を買いていこうと思います。

搭乗前/スクート航空

行きは成田空港の第二ターミナル。

ここで注意事項!!!

チェックインカウンターは

3時間前に開くのですが

出発2時間前あたりから、

空港で見たことないほど激混みします。

3時間前に着いたらすんなり荷物も預けることも

出来たのですが、2時間前くらいにカウンターを

見ると長蛇の列。

出発3時間前には空港には

着くように行きましょう。

もらえるチケットは普通の

航空会社のものと変わらない!

しっかりとした紙。

前にバニラエアに乗って、

搭乗券ももらった時は

ぺらぺらのただの紙だったので、

この時点からスクート航空、

ただものではない予感。

f:id:tabascopotato259:20170605003539j:plain

搭乗開始/スクート航空

こちらのバンコク行きの飛行機、

実はシンガポール行きなのです。

途中でバンコクを経由するというもの。

なので、行き先はシンガポールと

表示されます。御安心を。

ここまでくると海外旅行行く感が

満載になってくるので楽しみが募ってきますよね。

f:id:tabascopotato259:20170605004220j:plain

てことで搭乗開始!(絶賛雨ですが・・)

f:id:tabascopotato259:20170605004210j:plain

ということで入ると・・・

f:id:tabascopotato259:20170605004226j:plain

あれ?LCCって席の配置が

○○○ ○○○の三席が2列

並んでいる配置じゃないの・・・?!

違いました。全機が最新の

ボーイング787機材!!

あまり飛行機の機材に詳しくない僕でも

なんかすごい気がします。

こんな風に機材がレインボーになったり。

f:id:tabascopotato259:20170605220025j:plain

天井も高くて、圧迫感もなし!!!

身長170CMで55Kgで、

席も狭すぎず、広すぎず。

もっと体格良い人でも

快適な広さです。

f:id:tabascopotato259:20170605220626j:plain

モニターはありません・・・。

そしてそして、足も普通に伸ばせるので、楽チンです。

帰りも普通に狭さを気にせず、寝れました。

空の上/スクート航空

気になるのはまず機内食。

f:id:tabascopotato259:20170605220642j:plain

メニュー。

f:id:tabascopotato259:20170605220649j:plain

カップラーメンが400円程度なので、

地上の倍くらいですね。

ホットミール等は事前予約が

必要だったみたいで

メインの料理はあまり

食べれるものが少なかったです。

機内食希望であれば、

事前に予約しましょう。

f:id:tabascopotato259:20170605220654j:plain

クレジットカードだったり、行きの飛行機は

日本円も使えるので、両替も心配なし!

基本的には食べ物も一切持ち込み禁止なので、

見つかると容赦無く、取り上げられます。

実際に取り上げられている方もちらほら。

安心して、申し込んで下さい。

LCCの価格は下がってきて

本当に価格崩壊レベルです。

往復で2万円程度でバンコクへ行けますし、

3万でシンガポールへ余裕で行けちゃいます。

大人気都市バンコクに

2万円ですよ?

下手に国内行くより全然安いです。

安価が故に本当に大丈夫なのか・・・?と

売っているこちらの立場も心配になりますが。

飛行機作っている会社も

ボーイング社と他の航空会社と

変わらないですし、

最低のサービスを残しつつ

モニター代金や人件費や

様々な料金を削減したんだな

という印象を抱きました。

だから、心配せずにどんどん

LCCを乗って海外に行きましょう♪

ちなみに台湾にもLCCの

バニラエアへいったのですが、

スクート航空の方が、特に座席の

広さ・天井の高さが上回っていました。

その他サービスのクオリティは変わらないので、

最新の機材ということもあって、

機内の広さが大きな特徴。

スクート航空は台湾やバンコク・シンガポールなど

東南アジア旅行にはぴったりの航空会社です。

LCCの注意事項

ということで良いことを語ってきましたが、

安いものには必ず理由はあります。

それは遅れる確率高い

僕も帰りの飛行機が2時間遅れました。

普通に謝罪もありません。まあ安いし、

しょうがないと諦めるしかありません。

スクート航空はまだマシかと思いますが、

他の航空会社も遅れることがあるので、

必ずこういうリスクを考慮の上、

お申し込みくださいね。

もちろん毎回毎回遅れるわけじゃありません。

普通の航空会社よりも

多いということなんです。

海外旅行=高いは非常識。

先ほども書きましたが、

バンコクなら日程を選べば

約2万円で航空券を取れます。

ホテル等も合わせても3万円あれば、

余裕行けちゃいます。

沖縄・北海道行くより安いですよね?

もうお金がないから、海外に行けない

なんて時代終わってます!

とはいえ、知らないとこういう旅行はできないと

思います。今よりもっとたくさんの人が

海外旅行へ行くための手段提供として

発信できればと思っています。

てことで素晴らしすぎる

LCCスクート航空のレポートでした!

ぜひ利用して東南アジア旅行へ

踏み出してみてくださいね!

以上、トラベルデザイナーの

シン (@tabasco0914) でした!