時間がなくても海外へ!弾丸旅行のすゝめ。
ヨーロッパ

【リスボン観光情報】王道ヨーロッパの次は、ポルトガルのリスボンへ行くべき3つの理由。

f:id:tabascopotato259:20171221232236j:plain

王道ヨーロッパに行ったし、次はどこに行こうかな。

ポルトガルってどんな場所なんだろう。

そんなお悩みを持っているあなたに

こちらの記事を書いています。

ポルトガル、ユーラシア大陸の

最西端にある国。

ヨーロッパの中でもとにかくおすすめ。

なぜおすすめなのか、

その選ぶべき理由を書いていきます。

流行語にもなった

フォトジェニックスポットも

あるので、ぜひ女性の方も

検討してみてくださいね。

ポルトガル/リスボンを選ぶべき3つの理由。

治安がとても良い

ヨーロッパって基本的に

空港-ホテル間の移動が

高いじゃないですか。

基本的に、空港着いたら、

自分で公共交通機関を

使っていかなきゃいけない。

大抵の場合初めての国で市内まで公共交通機関を

使って行って、そこからは

自分で歩いて探しますよね。

キャリーバッグを

引きながら。。。

(僕は基本Wi-Fiを借りないし、

タクシーを使わない派なので、

とにかくアドベンチャー・・・)

スリとか頻発するヨーロッパだと

マジでカモねぎ状態。

日本人が地図見ながら、

フラフラ歩いているんですもん。

パリや、ローマだったりはかなり視線を

感じて、あ、これやばいなーなんて。

思ったりしたのですが。

治安良すぎ、なんだこの国

と思ったわけです。平和ボケw

日本帰ってきたっけ?と思うほど。

完全に力抜けてましたw

なので治安は抜群に良いです。

一人旅でもOK!!

生活感あって本物のヨーロッパ感満載

とにかくリスボンは生活感満載でした。

洗濯物普通に干してあるみたいな。笑

良い意味でも悪い意味でも

本物のヨーロッパです。

パリのように綺麗に整い過ぎていないので

「昔からこのまんまで歴史上の人物も

ここで過ごしたんだな」

って実感できる街並み。

リスボンに行くとヨーロッパ好きでも

しっかり分かれます。

ここが好きだったら、歴史を含めて

ヨーロッパが好きだと思います。

ヨーロッパ10カ国以上渡航経験があるので、

これは胸を張って言えると自負してます。

日本人いない&黒人の割合異常で外国感満載

ヨーロッパ行こう=ポルトガル行こう

なんてなる人は絶対いません。

最初はフランスやイタリア、ドイツ、イギリスです。

なので、まず日本人がいません。ほっとんど。

出会ったのは一人くらいでした。

まず集団に会うことはないなあと実感。

それに歴史的な背景だったり、アフリカに近いことも

あって、他のヨーロッパの国と違って、

黒人がめちゃくちゃ多いです。

日本人もいないし、黒人もたくさん。

間違いなく、外国感満載です。

王道に行きたくないってことは

要は日本人がいるところには

行きたくないっていうことにもなりますよね?

そんな欲求を間違いなく満たしてくれる国、

それがポルトガルなんです。

その他プチネタ

まとめちゃいました。笑

①ワイン最高

ポルトワインって言葉もあるくらいなので、

ワインがとにかく有名。安い。美味しい。

お店も充実しているので、お土産も困りません。

②大航海時代のロマンがたくさん詰まってます
f:id:tabascopotato259:20170627010852j:plain f:id:tabascopotato259:20170627010856j:plain

(▲日本を見つけた西暦が書いてあります。ロマン!)

世界遺産にもなっているベレンの塔。

日本がまだ室町時代の時に

この海の向こうに何があるだろう

という欲求をかきたてた海。(男のロマン)

バスコダガマのお墓。などなど。

こここ来ずして大航海時代は語れません。

ワンピース好き、来たれ、リスボンに。

③オシャレな街並み
f:id:tabascopotato259:20170627010940j:plain

上から見ると、クロアチアの

ドブロブニクのような街並み。

かなりフォトジェニック。

普通に歩いていると生活感

溢れているんですけどね。笑

リスボンの観光すべき厳選スポット!

ヨーロッパ15カ国に行って

他の国を考慮した上で

ポルトガルをここでなら体感できる!

とりあえずここ行っとけ!

という3つのスポットを書きます。

他はかなり好みに寄るし

別にいいかなあって感じ。

ありきたりな情報は別の方の記事を

見ていただければ問題ないので!

ロカ岬

ユーラシア大陸最西端。

リスボンからの行き方はこちら▼

【ロカ岬へ!】ポルトガルに行ったらここ。ユーラシア大陸最西端!ロカ岬への行き方。 

きっと大航海時代に活躍した偉人も

同じ風景を見ていたんだろうなあ。

と感傷的になれます。笑

基本的には、簡単なお土産屋さんと

最西端到達証が買える観光案内所しか

ありません。

最西端到達証はこんな感じ。

f:id:tabascopotato259:20171221224947j:plain

到達日と、自分の名前を書いてくれて

ロウのスタンプを押してくれます。

パステイス・デ・ベレン

f:id:tabascopotato259:20171221225303j:plain

エッグタルト屋さんです!

まさにここでしか

食べれないご当地グルメ。

割と甘さ控えめで甘いの苦手な僕も

余裕で食べれちゃう感じ。

リスボンへ行ったらここへ!

サンタジュスタのエレベーター

f:id:tabascopotato259:20171221225527j:plain

ここからの風景が一番綺麗に撮れます。

もちろん360°見渡せるので、

リスボンの「丘の街」が体感できます。

エレベーター自体もとってもレトロで

とってもよかった。

時間によっては並ぶかもしれませんが、

ここは行く価値あります!

ポルトガルのフォトジェニックスポット

2017年の流行語にもなった

「インスタ映え」。

インスタ映えにぴったりなスポット、

リスボンに限らず、 ポルトガルにもあります!

最近流行が上がってきたので、

最後に書かせていただきますね。

ぜひ参考ください!

①コスタ・ノヴァ

f:id:tabascopotato259:20171021185430j:plain

めちゃくちゃ

写真映えしますよねえ。

この都市。

②アゲダ/アンブレラ・スカイ・プロジェクト

f:id:tabascopotato259:20171221231006j:plain

町中にカラフルな傘が飾られて、

とっても写真映えする街。

北の都市、ポルトから電車ですぐなので、

絶対行くべきですね!

③シントラ

f:id:tabascopotato259:20170206231733j:plain

こちらは、世界遺産の街。

ロカ岬の行く途中にあるので

立ち寄ることをおすすめします!

僕は行かなかったのを死ぬほど

後悔しています。

とっても写真映えするんだろうなあ。

どうでしょうか、ポルトガル。

ポルトガルは、ヨーロッパの中でも

南にあるので、冬シーズンでも

暖かくて、晴れ率が高いです。

12月に行ったのに、毎日20°近く

あったので、観光にはぴったりでした。

ベストシーズンを逃してしまった!

だけど暖かいヨーロッパに行きたい!

ということでもポルトガルは

おすすめです。

僕の経験上、よっぽどのヨーロッパ好きしか

行ってない国がポルトガルです。

それにこれから人気が上がってくるだろうな

と密かに思っています。

日本人が、忙しく観光名所を回る旅行者が

多いみたいですが、ポルトガルは

昔からのヨーロッパの雰囲気を感じることが

最大の楽しみ方です。

なので、明確にどこ行きたい!というよりも

とにかく王道は疲れるから、本当のヨーロッパを

感じれるところ!となったら行くべき国です。

ぜひ次の旅行にポルトガル、

いかがでしょうか。

以上、海外旅行ブロガーのシンでした!