時間がなくても海外へ!弾丸旅行のすゝめ。
海外旅行

『僕らの人生を変えた世界一周』は海外旅行好きには絶対バイブルでしかない件。

f:id:tabascopotato259:20170817012114j:plain

「そこそこの人間に
   待っているのは、
    そこそこの人生だぜ」

当時大学生だった僕には
十分すぎるくらい心に響く言葉でした。

あのとき僕の旅へのモチベーションを上げてくれて
旅が好きになったのはこの本のおかげ
言っても過言ではありません。

海外旅行専門の旅行会社に入って、
こうやってプライベートの時間まで
海外旅行の情報発信に費やしているんですから。

先ほどのワードを目にしてからは
この本の虜になってしまい、
海外旅行の度に持ち歩くようになりました。

無類の旅好きによる旅本のご紹介。

そんな記事となっております。

さあ、有無を言わさず
購入するかたはこちらから 笑

この、旅人にとってバイブルでしかない本が
一体どんな本なのか紹介していきたいと思います。

著書「僕らの人生を変えた世界一周」の概要

今回紹介する本はTABIPPOから出版されている

「僕らの人生を変えた世界一周」

TABIPPOとは

全員が世界一周を経験したメンバーが学生時代に作った団体がTABIPPOです。 設立して4年、2014年4月に株式会社になりました。「旅で世界を、もっと素敵に」を理念として、 さまざまな活動をしています。

引用:TABIPPOとは | TABIPPO.NET [タビッポ]

こちらの本は、下記の3部構成になっています。

・世界一周をした人のエッセイが15本
・世界中の写真
・世界一周者のみやげ話
(・こちらの本を作った50人の世界一周の方について)

写真が多く含まれているので、
本が苦手な方でもスラスラ
読めちゃうような感じ。

ボリビアやカンボジア、インド・イスラエル
トルコなどなど色々な国のエピソードが
書いてるので、旅好きにはたまらん内容。

僕が感じたこの本のポイントを書いていきます。

旅好きにとってバイブルである2つの理由

①バリエーション豊かな執筆陣

世界一周をした人たちですが、
元々は読む人と変わらない面々だなと
読んでて思いました。

土日のために平日をこなす会社員。
人生の意味を見出せず引きこもりになる学生。
高校生に病気を患って普通が幸せな女子学生。
不完全燃焼な日々を暮らす美容師。
苦労も知らないおぼっちゃま。
意識高い系の学生。

書いている方のキャラクターは全員違くて。

この3倍以上の人数の人たちが書いているわけですが、
いずれの方の立場に自分の立場が該当するかと思います。

自己投影を出来るので、すごく世界観に
入り込んでしまうんです。だからこそ
自分ごとになって
自分にも旅が出来る!
一歩踏み出そう!なんて自然と思える本。

旅好きにとっては『やっぱり旅って素敵だな』
ってなんて改めて思っちゃう本。 

②情報がつまりきっていること

50人の世界一周者からの情報が詰まった本です。
エッセイの中身もしかり最後に
付録のように乗っている部分も。

情報の山です。
世界一周に使える知識は
大抵普通の旅行でも使える知識。

あなたが世界一周するかしないかどっちでも
役立つ情報が書いています。

もちろん世界一周を
考えている方は購入マストの一冊。

実際どんなエッセイが書かれているのか
一部の概要を書いていこうと思います。

【スポンサーリンク】

 

世界一周者たちのお話シリーズ

15本ある中から3本、特に僕がお気に入りの
お話の概要の紹介したいと思います。

①意識高い学生のお話

このお話はいかに旅が自分にいろんなものを魅せてくれて
自分の価値観を変えてくれて、選択肢を与えてくれるか。

が語られています。

海外へ行くことによって、
嫌でも世界のいろいろな現実を
知ることができて。

選択肢や可能性を広げてくれる。

選択肢や可能性が広がることによって
自分のやりたいことや目標がはっきりする。

学生が悩むような事がこれを読めば
旅出ればいいじゃん!と答えが出るようなお話。
学生の方には穴があくほど読んでほしい部分です。

②過去の挫折に引きずられた学生のお話。

得たものは、根拠のない地震
挑戦する時に必ず感じる「ヤバイな」って感情。

その怖さで、たとえ足が竦んだとしても
震える足をおさえながらも一歩踏み出すことを
僕は旅中に何度も繰り返した。

そうして得た、どこからともなく湧いてくる
「できる」という根拠のない自信は、

何かを始める時に必ず必要なものだと思っている。

引用元:「僕らの人生を変えた世界一周」

このフレーズが大好きで大好きで
そのまま書かせていただきました。

学生時代の大きな挫折に引きづられている
自分の足を進めたいという理由で旅に出て、
世界一周中にダンスや登山、インドの
ガンジス河を泳いだりと
様々な挑戦をした同年代が書いたお話。

どれだけ旅が自分に勇気をくれるか。
どれだけ旅が足かせを外して、自由にしてくれるか
どれだけ旅が自分に自信をもたせてくれるか

活字からでもひしひしと伝わってくるんですよね。
旅が好きな人も世界一周したい人も
旅に関わる全てに読んでほしいのがこの話です。

〜関連記事〜www.tabascopotato-trip.com

③夫婦二人で行ったハネムーン(世界一周)お話。

このお話で共感できた部分は

「危ない国で暮らす人々≠危険な人たち」
ではないということ。

戦争・テロ・危険=イランというイメージを
持って、イランに訪れるのですが、48カ国
行って一番人が親切だったと気づき
下記のような記載があります。

テレビという小さな箱、
インターネットという誰かに編集された情報を通して
見たものだけで決めつけていたことが
いかに偏ったモノの見方だったかということに
気づかされました。

引用:「僕らの人生を変えた世界一周」

僕がこのブログで何度も何度も書いてきた
疑うな。信じるな。確かめろ!ということが
語られているこのお話。

この話を読むためだけでも購入の価値あり!

〜関連記事〜www.tabascopotato-trip.com

www.tabascopotato-trip.com

まとめ

旅に出ることメリットが、こんなにも
わかりやすく、綺麗に簡潔に
まとまっている本はありません。

海外旅行の飛行機の中で旅へのモチベーションを上げるにもよし

久しく海外旅行行ってないな〜なんて方も良し。

とにかく海外旅行好きならもっと海外好きに
旅に出てしまうような本です。

ぜひ買って読んでみてくださいね。

最後に

変な 自己啓発書を買うより
はるかに役に立ちます。というか元気が出ます。

大抵の自己啓発書って
書いてるの誰やねん。て感じじゃないですか。

この本を構成している文章を書いたのは
客観的にみて、世界一周というすごいものを成し遂げた方
そして編集も世界一周した人たちです。

よっぽど説得力あるし、世界一周経験という実体験で
変な自己啓発本を読むより説得力があります。

ぜひこちらを見て気になった買った方は
購入してみてくださいね。

 

以上、トラベルデザイナーのシンでした!