時間がなくても海外へ!弾丸旅行のすゝめ。
ヨーロッパ

【2017年11月版/スケジュール表有】クロアチア ザグレブ市内から空港の行き方。バス編。

f:id:tabascopotato259:20171031205201j:plain
※2017年11月1日時点の情報です

どうも、トラベルデザイナーの
シン@tabasco0914です。

こちらの記事は
クロアチアのザグレブ市内から
空港までの行き方及び空港内部
の詳細の記事。

この記事はなにを隠そう
ザグレブ市内からのバスで
空港に向かい、空港到着後に
書いているので信頼性バツグン!

ぜひご参考になればと思います。

ザグレブ市内から空港へ!

乗り場は中央バスターミナル。

f:id:tabascopotato259:20171031210638j:plain
ターミナル。外側から。

空港バスはザグレブ市内南東にある
中央バスターミナルから乗ります。

ザグレブ中心部(イェラチッチ広場)
〜バスターミナルまでは歩くと約30分。

歩いて行くのは現実的ではありません。

なのでザグレブからの中央バスターミナルから
行き方を最初に案内します。

〜中心部からバスターミナルへの行き方〜
イェラチッチ広場からだと
分かりやすいのでこちらから
乗ることをお勧めします。

チケットは30分乗り放題券で
4クーナ。キオスクやトラム内で買えます。

詳細はこちらの記事を見てみてください▼
【現地レポート】スロベニア リュブリャナ&ブレッド湖!7日目!

約10分で中央ターミナルに到着します!

【スポンサーリンク】

 

ザグレブ 中央ターミナル到着後

ターミナル右側部分
(ザグレブ の街側からみて)に
バスカウンターがあります。

▼こんな感じで大きく書いてあるので
とても分かりやすいです!

f:id:tabascopotato259:20171031201931j:plain

こちらの看板の真裏が入り口です。

f:id:tabascopotato259:20171031202129j:plain
入り口部分
f:id:tabascopotato259:20171031202136j:plain
中央バスターミナル〜空港間のタイムスケジュール
f:id:tabascopotato259:20171031202250j:plain
カウンターはこんな感じ

実際のところチケットはバスで購入。
カウンターで買うことが出来ませんでした。

荷物も合わせて30クーナ 。

f:id:tabascopotato259:20171031202404j:plain
奥が入り口。入り口を突っ切ると、乗り場があります。
f:id:tabascopotato259:20171031202413j:plain
実際に乗ったバスの写真

 乗るバスはairport Busと
書いてるのですぐにわかります。

f:id:tabascopotato259:20171031202731j:plain
バス内はこんな感じ

★バスの特徴★
・Wifii無し
・トイレ無し(あるけど使えないようになってます)
・座席割と広め(僕の身長は170cm,55kg)

空港までは約30分で
行くことが出来ます!

僕はぴったり30分でした。
ぜひご参考下さい。

ザグレブの空港について

f:id:tabascopotato259:20171031202733j:plain
入り口部分。空港への入り口は三箇所あります。

1階が到着カウンター
2階が出発カウンターになっています。

ちっさいので10分あれば
回ることができます。

中央入り口から入って、
右、前、左を見た写真。

f:id:tabascopotato259:20171031202925j:plain
両替所・キオスクがあります。物価は普通。

余ったクーナは円に戻しましょう。

f:id:tabascopotato259:20171031202935j:plain
チェックインカウンター。この2列だけなので楽!
f:id:tabascopotato259:20171031202958j:plain
レストラン、簡単なカフェが二箇所。

とこんな感じです。
あとはチェックインを終えて
荷物検査、出国すると、
下記施設があります。

・レストランが3箇所
・免税店(特段大きいわけじゃありません)
・トイレ

各乗り場に充電場所。
USBとCプラグでの充電が可能です。

f:id:tabascopotato259:20171031204252j:plain
f:id:tabascopotato259:20171031204555j:plain
USBが8ヶ所。Cタイプが8ヶ所です。

これ書きながら
撮影しました笑

いかがでしたか?
この記事を読んで少しでも

ご旅行の不安が取り除けたのなら
幸いです。

以上、トラベルデザイナーの
シンでした。

お読みいただきまして、
ありがとうございました!