時間がなくても海外へ!弾丸旅行のすゝめ。
毒舌ネタ

出川イングリッシュはあることを証明してくれた。

f:id:tabascopotato259:20180204192357j:plain

突然ですが、
【出川イングリッシュ】って
知ってますか??

世界の果てまでイッテQ内の企画で
みなさんご存知の出川哲朗が、
英語がほぼ話せないのに、
”はじめてのおつかい”などと称して
海外で色々なミッションをこなす!

というもの。

百聞は一見に如かず!
ということで

もし知らない人がいれば、
動画を載せるので
ぜひ見てみて下さい▼


出川のはじめてのおつかいinロサンゼルス full

超面白いですよねえ。

・・・と、ただそんな感想を
言いたいのではなく(笑)

この出川イングリッシュは
あることを証明してくれてるんですよね。

海外旅行において。
ということで、それを書いていきます!

どうぞ、最後までお付き合い下さい。

〜関連記事〜
▼海外旅行に行けば最強になれるって?これ本当だから。
一緒に行く人がいないならひとり旅!ひとり旅すれば最強になれる、たった1つの理由。

▼サムライになろう!!笑 女性に負けるな!
【辛口注意】日本男児よ!びびってんな。海外へ行け。

▼海外旅行に行かない理由を斬る。
海外旅行が「怖い」「行きたくない」。そんなあなたへ贈るアドバイス。 

出川イングリッシュが証明してくれたこと

それは、

海外において大事なものは
0英語力ではない!

ということです。

いやあ、あんなのでも
伝わるんだ・・・と思うくらい
衝撃ですよね。ほぼルー語w

海外旅行において、英語力なんて
中学生レベルで良いんです。

出川イングリッシュとか
ほぼカタカナ英語だし。
てか中学生レベルあるかどうか(笑)

言語力という問題ではなく、
恥ずかしがらずに、とりあえず
伝わるか分からないけど
しゃべってみる勇気の方が大事だって
ことがひしひし伝わって来ます。

日本で外国人と話す時
流暢な日本語よりも
ちょっとカタコトな
コンニチハ!の方が
逆に親しみやすいというか
良いなあなんて思うことありません?

それを体現してくれているので
僕はこの企画が大好きなのです。

言葉をしゃべることは目的ではなく手段。

このブログでは何度も何度も書いていますが、

言葉って思っていることを
伝えるための手段のひとつに過ぎない

んですよね。

それは日本でも、海外でも同じ。
あそこへ行きたいから
行き方を教えて欲しい!
と伝えたいという場合に、
別に言葉じゃなくても問題というか。

観光客が地図を指差してれば
ああここに行きたいんだな
と伝わりますよね、

言葉の力に依存しすぎというか。
赤ちゃんも言葉使えないけど
伝えたいことも分かるじゃないですか。
ジェスチャーでも伝わるし、
地図の指差しでも良いじゃないですか。

海外旅行を行く人を足止めする「言葉の壁」

と、こんな話をするのも以前こんな記事を
見かけたからでした。

若者の海外旅行トレンド調査、経験者で3年以内に「また海外旅行に行く」は4割、心配なことトップは「テロの発生など治安面」 | トラベルボイス

いわゆる「若者の海外旅行離れ」のお話。

海外旅行で不安・心配なことを尋ねたところ、海外旅行経験の有無にかかわらずトップは「テロの発生など治安面」(経験あり47.9%、経験なし44.5%、全体46.7%)。一方、「言葉の壁」(経験あり28.5%、経験なし43.1%、全体38.1%)、「費用」(経験あり25.4%、経験なし43.3%、全体37.2%)では経験の有無によって差が開く結果に。

引用元:若者の海外旅行トレンド調査、経験者で3年以内に「また海外旅行に行く」は4割、心配なことトップは「テロの発生など治安面」 | トラベルボイス

と、言葉の障壁で海外に行くことを

止まっている方が、経験無しの方でいうと、
43.1%もいるとの結果。行っている方は
28.5%ということ。

見方を変えれば、
15%近くの方が、海外に行くと
言葉の不安が解消されている
とも見れますよね。

海外旅行に英語なんて必要ない!
といくらぼくが言ったところで、
行ったからこそ言えることであって
行ったことない人を説得出来る道具には
ならない。

自覚していたものの、背中を押すことは
出来ないと思っていたのは事実。

だけど、この出川イングリッシュで
海外旅行には、英語力は必要ない!
と証明されたのないでしょうか。

さあ、海外へ行こう!

海外旅行へ行くのに、
必要なのは言語力じゃない。

英語が大して喋れない出川が
果敢に挑んで行く姿を見て
思いませんでしたか?

あっ海外を旅するのに
大した英語力は必要ないんだ!

とりあえず恥ずかしがらずに
話しかければいいんじゃん!

だったら行ってもよいかな。

、と。

そう思ってくれる
きっかけになってくれればと
思うし、そう思ってもらうために

僕は発信することは辞めません!

ぜひ言葉の壁が怖くて、
海外へ行くかどうか悩んでいるあなた!

迷わずに行きましょう!!!!!

以上、トラベルデザイナーのシンでした。