時間がなくても海外へ!弾丸旅行のすゝめ。
アメリカ

僕がニューヨークへ行きたいと思った理由。

f:id:tabascopotato259:20180214010356j:plain

「あ、ニューヨークに行かなきゃ。」

そう思ったのは、夏頃。

世界の中心とも呼ばれるニューヨークに
行きたいと思ったのは、きっと渋谷に
通ってるから。

どうも。トラベルデザイナーのシンです。

2月12日まで4日間でニューヨークに
行ってきました。念願の。

今日はなぜ僕がニューヨークへ行こうと
思ったか、現地で何を感じたか!

そんなことを綴っていこうかと。

たまには、なーんも気にせず
書いても良いかなーなんて。

ということで最後まで
どうぞお付き合いください!

渋谷との違いを知りたかった。

そう、これです!

ニューヨークに行きたかった理由は。

日本の流行の最先端
じゃないですか。渋谷って。

僕はその渋谷にオフィスが
あって。そして日本で1番
大好きな街なのです。

すべての個性が個性と
認められる、あの感じ。

その日本の流行の最先端と
世界の中心とどれだけの差が

あって、何が違って、どんな感じで
雰囲気が違うのかなーなんて
肌で感じたかったんです。

こんな記事もあるくらいですもん。

なぜ世界の中心、タイムズスクエアと
渋谷は比較されるのか – MULTILINGIRL♪

文中で
タイムズスクエアのライバルになれる場所は、
渋谷しか存在しない と断言もされてます。

いやあ、行くしかないでしょ。
思い立ったらすぐで、次の日には、
航空券は予約してました(笑)

おそらく行くタイミングだったのか
後押ししてくださる方もたくさんいて。

周りにもたまたまニューヨークへ行く方が
たくさん。

んでやっとやっとやっと。行ってきました。
ニューヨーク。気取ってますね(笑)

f:id:tabascopotato259:20180213235813j:plain

渋谷とニューヨークとの違い

f:id:tabascopotato259:20180214004127j:plain

いやあ規模感から違いました。
何もかもがでっかい(すでに語彙不足)

建物も食べ物も人も。全部が大きかった。
その分余計に自分がちっぽけな存在だと
思ってしまう場所。

だからこそ、そんな場所でもがいて
成功を手にしたい人がたくさん生まれるから
アメリカン・ドリームなんて言葉が
生まれるんだと。

渋谷もぐちゃぐちゃだと思ってたけど
ニューヨークはさらにぐちゃぐちゃでした。

人種も違うし、
アメリカ料理なんて
ほとんどないから
食べ物の種類も。

タイムズスクエアなんて
それの真骨頂。だけどなぜか
下品ではないというか
上品な街だなーという印象。

けどそれのギャップが楽しいんですよね。

あの雰囲気は行った人しか
感じられない雰囲気だと思います。

次々に人から、街から、刺激が襲ってきて
インプット過多になってしまうけど
それがたまらない。

行ってよかったなあと心から
思いました。

あと、後付けですがもうひとつ。

理由があります。

【スポンサーリンク】

 

PRの本場に行ってみたかった

f:id:tabascopotato259:20180214004216j:plain

僕、本業が広報なのです。

PR。

本場がアメリカということだったので
一度広報やるからには行ってみたい!
と思ったのです。

やっぱりこちらも大正解でした。

特にというか当然のごとく、
タイムズスクエア。

あの場所を照らして
所狭しと並ぶ、電子看板。

あれって広告的な意味合いもかなり強いけど
あそこに張ること自体も企業のPRじゃないですか。

あそこに看板を張れるくらいの
企業がどうやって、自社を魅せるか
という視点で見ていると
全部見ていても飽きないし、
いちいちクリエイティブ。

日本とは違って、こうやって
自分の会社を表現するんだ!とか
思う時間も与えないあのドS感w

ああ、アウトプットってインプット過多に
よって生まれるんだ・・・と感覚的にも
思えたし、今がそのタイミングでした。

ワクワクしてしまう高揚感。

広報にとっては、あの場所は聖地。
また行かなければいけない場所。

まとめ

ニューヨークに行って感じたこと。
Perfumeの振り付けなどを担当している
MIKIKOさんなど、名だたるクリエイターは
ニューヨークからエネルギーをもらえる。
とおっしゃってますが、本当に
いろんなエネルギーをもらえた気がします。

定期的に行きたいし
住みたいけど、
物価が異常に高い。

だからこそ、ニューヨークというブランドが
できるんだなあなんて思った旅行でした。

物売りのほとんどが黒人だったのが
地味に悲しかったな・・・

ということで、僕の
ニューヨークへ行った理由と
実際に行ってみて思ったことでした。

以上、トラベルデザイナーのシンでした!