時間がなくても海外へ!弾丸旅行のすゝめ。
旅行会社員直伝テクニック

【2018年5月情報】実は穴場!?最近新規就航した(する)ところを集めてみた。

f:id:tabascopotato259:20180523001759j:plain突然ですが、
“混んでいる日程なはずなのに
空いていることの多い穴場”を
知っていますか?

不思議と出発ギリギリなのにも
関わらず、なぜか空席が
空いているそれ。

ズバリ、それは
新規就航した路線
なのです!

だったら、新規就航した路線を
知っておけば次の旅行も
可能性が広がると思いませんか??

てことで、今回は最近新規就航して
狙い目な路線を紹介していきます!
最後までぜひご覧いただければ

嬉しいです!

〜関連記事〜
【飛行機の混む時期とは】絶対避けるべき!大混雑する3つの時期/東南アジア編。 

なぜ新規就航した場所は空いている?

あくまでも僕の予想ですが、
やっぱり新規就航した場所は、
認知度が上がるまで時間がかかります!

なので、単純に
知られてないんですよ。

だから混んでるはずの日程でも
知られていないから、空いている。

お金がある航空会社は広告を
めっちゃくちゃ打ったりして

やっとの事で認知度が上がるのですが
全ての会社がそれをやっているとは
限りません。

例を1つ挙げましょう!

僕が営業をやっていた頃に
ANAのカンボジア プノンペン線
が新規就航したのです。

日系の航空会社だから、絶対人気だし
めちゃくちゃ混んでるだろうなあ
と思って調べてみるとまさかの
が ら 空 き (衝撃)

みたいなことがたくさんありました。
本当にたくさん。

なのでぜひ満席続きだったら
新規就航の路線を調べてみる!
って手もあるんですよね。

ぜひ実は新規就航=穴場!
ということを覚えていただければ
嬉しいです。

最近新規就航した(する)ところを集めてみた

①エアアジアXのデンパサール線

(2017年5月から新規就航)

就航してから1年たってしまっているものの
まだイケるなと思ってしまった路線。

というのも、僕がこの路線で実際に
7月にバリへ行くのです。

取ったのが、半年前ということもありますが、
7月14~17日と海の日ドンピシャの日程
だったのに往復で33,000円程度。

バリ島ってすごく高いイメージ
だったのに、、、。安い!!

日本朝発なのでバリに夕方到着
帰りはバリ夜発なのでしっかり
楽しめるといったように

スケジュールもめちゃくちゃ良いので
個人的にはめちゃくちゃおすすめです。

【スポンサーリンク】
 

②フィジーエアウェイズのナンディ線

(2018年7月から新規就航)
10年ぶりにフィジー直行便が再就航!

フィジーエアウェイズ以外に
フィジーに直行便は就航していないので
直行便で行きたいならこれ!

遠いように見えますが、
実は1泊3日と弾丸旅行も
できる場所なんですよね、
フィジーって。

10年ぶりということもあって
認知度も他に比べて上がったりしてますが
今ならまだ間に合う!

夏の旅行にいかがでしょうか?

③エジプト航空のカイロ線

(2017年10月から新規就航)

エジプトに直行便で行きたいなら
エジプト航空だけ。

もちろんエジプトだけでも良いのですが、
エジプト航空は実はヨーロッパにも
結構就航しているので、
エジプト(カイロ)+イタリア(ローマ)
みたいな組み合わせができるんです。

あーどうしてもヨーロッパに行きたいのに
飛行機が空いていない!って場合は
エジプト航空で探してみて、ヨーロッパ
も立ち寄るなんてどうでしょうか。

週一便ですが2017年の12月に乗って
ガラガラだったので(笑)まだ
大丈夫なはず!ぜひ!

【スポンサーリンク】
 

④オーストリア航空のウィーン線

(2018年5月から新規就航)

エジプト航空のように
ヨーロッパへ行きたいなら
覚えておくべき路線ですね!!

オーストリア国内線が安く取れたりするので
そういう使い方をするのはとっても有効的。

といいますのも。
オーストリア国内周遊をすると
するじゃないですか?

①エミレーツでウィーンまで行って
ザルツブルグまで国内線を
オーストリア航空を取る場合

②日本〜ウィーン〜ザルツブルグ
を全部オーストリア航空で取る
のどちらかを選ぶとなった場合、
国際線部分がエミレーツ航空の方が
安い場合でも、国内線単品で
取ってしまうと高くなってしまい
合計すると、②の方が安くなるってことも
あるのです。
※場合によりますが、、、

オーストリア周遊なら覚えておくべき
路線ですね!

⑤エアカナダのモントリオール線

(2018年6月から新規就航)

これはオーストリア航空同様
カナダを周遊したい時に
有効的であったり。

さらにエジプト航空のように
カナダではなく、アメリカに
行きたい時などもうまく使えば、
安くアメリカに行くことも
出来るんですよね。

ぜひ覚えていて損はありません!

以上、アフリカ、ヨーロッパ
アジア、オセアニア、北米と
まんべんなく取り入れてみました!

上記以外の路線だったり、
東京以外の路線に関しては、
【2018最新まとめ】慌ただしい航空業界からみる楽しみな新規海外就航路線や残念な撤退路線 – 旅のDIY/海外自由旅行/海外個人旅行のポータルサイト|TRIPPERS DELIGHTの記事がとってもわかりやすかったので
ぜひご参考までに!

まとめ

基本的には、海外旅行において
1つの場所に1つの行き方しかない!
という
いうことはありません。

というのも例えば、エジプト行くためには
エジプト航空を使わないと行けない!
ということはなく、ターキッシュエアライン
でもいけるし、
エミレーツ航空や
カタール航空など色々な方法で行くことが出来ます。

このように1つの場所でも
色んな航空会社が就航しているので、
行きたい場所に就航している航空会社を
たくさん知っておく!っていう手は
とっても有効的。

その中に穴場の新規就航の路線があれば
ラッキーじゃないですか!

ということで、今回の記事も
ぜひ次の旅行に活かしていただければ
とっても嬉しいです!

以上、トラベルデザイナーのシン
 (@tabasco0914) でした!