時間がなくても海外へ!弾丸旅行のすゝめ。
ヨーロッパ

10日間でヨーロッパ6ヵ国7都市小回り周遊してきたよ。その費用やスケジュールなどなど全て公開しちゃいます!

ヨーロッパ6カ国7都市を回ってきました〜〜!

今回の旅で、ヨーロッパだけでカウントしても
20カ国を超え!祝!

ヨーロッパの国の中でも色々な違いが
わかるようになってきたなあという、感覚。

てことで今回は、トルコ、ベルギー、オランダ、バルト三国縦断とヨーロッパをぐるっと回ったので、その旅の詳細や、旅先の現状?感想などを赤裸々に書いていきます!

「旅行会社勤めはどんな旅行してるんだ!」
「行く国がどんな感じか知りたい!」

なんてお思いの方はぜひ最後までお付き合いくださいませ。

では、どうぞ!

費用の内訳

総額!ズバリ!

約270,000円!

高いですね…。全然安くねえ。がびーん

内訳はこんな感じ▼

飛行機 約90,000円
ホテル 約94,000円
その他 約85,000円

※その他:国内移動の交通費やお土産、ご飯など

今ここで計算したので間違いありません(笑)

今回こんなに高くなってしまった原因は
以下のものが考えられますね。

・滞在の長かった(3泊)オランダの物価が高いこと
・2泊したオランダのホテルが4つ星で高かったこと(1泊約21,000円)
・オランダを含む移動が多かったこと
(ブリュッセル〜マーストリヒト、マーストリヒト〜アムステルダム、アムステルダム〜ビリニュス→これだけで2万くらいかかっている)

電車の旅は良いっていうけど、物価が高い国でやると、結構苦ですね(笑)最近は、東欧とか物価安い国ばっかりの旅だったので、衝撃でした。

北欧周辺を含めると価格がグンと上がります。(断言)バルト三国の物価は安いし、ご飯代もそんなかからなかったんです。実際のところ。

過去の旅行はもっと安くいけているので、ぜひ安く行くテクニック含め知りたい!ということであればぜひこちらの記事をご覧ください >> 【ヨーロッパ旅費の相場が分かる】5回行ったヨーロッパ旅行の料金を公開してみた。

全体のスケジュール

全体でいうと7泊10日の旅。

成田

イスタンブール
12時間の乗り継ぎで滞在

ブリュッセル
↓電車
マーストリヒト(1泊)
↓電車
アムステルダム(3泊)
↓飛行機
ビリニュス (1泊)
↓電車
十字架の丘
↓バス
リガ(1泊)
↓バス
タリン(1泊)

イスタンブール経由で成田へ。

というヨーロッパを囲うように
周遊(笑)

同じ都市は通らず、一筆書きで経路を考えているのでこんな感じでした!

20カ国以上回ってみて分かった、ヨーロッパを効率的に回る方法はこちらに >>【ヨーロッパ通が語る】効率よくヨーロッパを周遊するコツとは?

【スポンサーリンク】



訪れた都市の印象・現状

ベルギーのブリュッセルは移動のために訪れたし、超一瞬だったので割愛!

①イスタンブール/トルコ

いや〜、11時間の乗り継ぎ時間で足りるかなあと思ったのですが、イスタンブールの観光地を回るには十分でした。トルコの素敵さは十分に感じれましたし!

とはいえ。

イスラムの文化はやっぱりステキだった。エジプトぶりにちゃんとしたイスラム圏行ったのですが、あのモスクの荘厳さには毎回圧倒されます。キリスト教の教会ならいくらでも日本にあるけどwあれは、イスラム圏ならではのものかと!

実は治安もすこーしだけ気にしていたのですが、有名な親日国ですし、全然問題ありませんでした。なぜか旅行会社の先輩同期後輩の中では、トルコがキテいて、周りの方々結構トルコ行ってて。みんな口を揃えて良かったというので、間違いない。

ターキッシュエアラインを使う方は少しだけの時間でも行く価値あり!

弾丸でイスタンブールを効率的に回る方法も記事にしたので、気になる方はぜひ >> 弾丸イスタンブール何する?滞在時間9時間でイスタンブールを観光したので、その全貌を紹介。

②マーストリヒト/オランダ

もうね、ここも最高です。

世界一美しい本屋さんに選ばれたことのある本屋さんがあるので、それ目当てで行ったのですが。

・街並みが美しい
・治安も良くて人も良い
・こじんまりしてて規模感がちょうどよい

という街で、アムステルダムからのショートトリップにもぴったり。

書くつもりもなかった、こんな記事も書いちゃいました笑>>【オランダ】マーストリヒトが素晴らしすぎたので、写真とともに語らせてくれ。

オランダ行く人には、訪れて欲しいなあ。

③アムステルダム/オランダ

もうねここも最強です。

ヨーロッパデビューの方でも超楽しめますよ!絶対!

と、僕の好きな水の都ランキングにも見事ランクイン(何様)

「迷子になって抜け出せなくなってもいい。」きっとそう思ってしまう、アムステルダムでやってほしいこと。とはじめてエッセイ風にタイトルをつけてしまった。超おすすめ。

④ビリニュス / リトアニア

特に記憶がないです。(笑)
天気が悪いことと、次の日のバス確保で追われていたこともあるんですが(笑)

行ってみて、バルト三国の優先度は北から
ビリニュス < リガ < タリン
だと思いました。

街は一番大きいのですが
街並みはまあ普通のヨーロッパ。
特にここ!みたいなポイントもないし、ゆーっくり散歩するにふさわしい街かな、と。そんな風に、地球の歩き方にも書いてありました(笑)

ただ!食べ物が一番美味しかったのは、リトアニアかな。
ツェペリナイという名物なのですが、これが衝撃!笑

じゃがいもの団子?にひき肉が詰まっていて、サワークリームなどをつけて食べるんですが、これが普通に美味しかった!!!

リトアニアに行ったら絶対味わってほしい!

⑤シャウレイ(十字架の丘) /リトアニア

写真でも衝撃的すぎる、この場所(笑)行くのも結構簡単なので、リトアニアに行ったら、ぜひ行って欲しいなあ。てか、この場所があるからリトアニアに行く方がほとんどなのでは!?

まあこの十字架、大体は観光客が置いていったものなんですけどね。そういう場所です(笑)

もし機会があればぜひ!!

詳細の行き方の記事も現地で書きましたのでぜひ >> 【2018年11月版】1日でビリニュスから十字架の丘に寄って、リガに抜ける方法を解説!

⑥リガ / ラトビア

たまたま行った日が、ラトビアの独立記念日。兵隊さんが整列して、お偉いさんからスピーチみたいな、大々的なイベントもあったりして、結構記憶に残っている場所。

日本でいう、終戦記念日みたいな日なのかなあ。なんて。

街自体は、小さくて、よっぽど教会とか歴史に詳しくないと、見所は多くない印象を受けましたね。

ガイドブックとか見ると、教会教会に面白い歴史が詰まっていて、それを知ってから行くとすごく楽しくなる場所です!

しっかり下調べして行くと良いかと!!!

⑦タリン / エストニア

最後まで天気に恵まれなかった(笑)
天気が良ければ、超良い景色だったんだろうなあ。と。

フィンランドまで船ですぐの場所だし、もう北欧のくくりってことで極寒でした。
とはいえ。よくSNSで”おとぎの国に迷い込んだ”みたいな謳い文句を見ますが、その通りだな。と。

雑貨屋さんだったり、レストランだったりもいちいちおしゃれだったので、女性には嬉しい国!

街自体もめちゃくちゃ小さいので、バルト三国一緒にとか、ヘルシンキと一緒にということを強くおすすめします!

IT先進国でもあり、スカイプが生まれた国。行政などの書類もほとんど電子化されていて、その進みっぷりを感じれたらと思って行きました。感じれたのは、Wi-Fiがどこでも飛んでいる!くらいでしたが(笑)行ってよかった!

密かに人気も上がっていますし、おすすめですねえ。北欧に近いし、治安も超よかったです。最高。

宿泊ホテル

マーストリヒト:カブームマーストリヒト

マーストリヒトならここ一択!

こういう何気ない、窓からの景色も綺麗で。

今回泊まったホテルの中でもフロントの方の神対応感は、随一!話していて、こんなに気分良くなるか!ってくらいよかった。

【オランダ】マーストリヒトが素晴らしすぎたので、写真とともに語らせてくれ。の記事にも詳細を書いたので、ぜひご覧くださいまし。

アムステルダム:オールドクオーター

写真が皆無なのですが(笑)

とにかく立地が良いんです。このホテル。

アムステルダム中央駅から徒歩10分くらい。
てか、アムステムダムど真ん中。って場所にあります。

左から10番目にあるやつ(雑)

まあ、部屋は、最低限の設備しかありません!窓からの景色も期待しちゃダメです。もう寝るだけって感じで立地がかなり良いので、1泊1万くらいしてしまうのですが。

迷っているならここかなあ。と!

アムステルダム:インテルズ ホテルズ

もうね、このホテルに泊まりにオランダ行ったようなものなのです。

ここだけでは、魅力は語りきれないので、ぜひレビューをどうぞ!>> インテル ホテルズ アムステルダム ザーンダムが最高すぎたので、徹底的に魅力を語る。

・立地よし
・内装・外観含めおしゃれ
・部屋が広いし、バスタブ付き
・朝食クオリティ高い
・コスパ最高
・周辺も世界観揃ってて雰囲気が最高

と良いポイントしかないので、オランダに行ったら泊まってみてくださいね〜〜!

バルト三国編

ここはしっかり書いていくと、超長くなってしまうので、まとめました。笑

バルト三国の王道三都市のホテルの選び方って大事でした。大きい駅やバスターミナルと、観光の中心となる旧市街が遠いから。

ホテルクオリティに関しては、全部成功したのですが、立地に関していうと

タリン/ビリニュス:失敗
リガ:大成功

でした。

行かれる予定の方は、バルト三国のメイン都市ビリニュス・リガ・タリンのホテルの選び方。へどうぞ。

【スポンサーリンク】



予約の際に利用した会社

今回僕が旅行中に使った会社は以下!

・自分が勤める旅行会社
→日本〜ヨーロッパの飛行機・バルト三国のホテル
Booking.com
→オランダのホテル
LUX Express
→リガ〜タリンのバス
Lithuanian Railways
→ビリニュス〜シャウレイの鉄道

正直これ以上安くするのは、難しいかな。ってところ。

あと、オランダがらみの旅行するなら、Booking.comは使っておいたほうが良いです。
理由はこんな感じ↓↓

ぜひご参考くださいませ〜!

今回訪れた国々の現状・感想

天候

11月にいく場合!ぶっちゃけ南北差あってなんともいえないのですがw

トルコ:秋服でOK
オランダ:秋服でOK
バルト三国:冬服じゃないと死ぬ。マジで。上に行くほど寒い(当たり前すぎ)

て感じですね。

晴れれば、日中は気温が上がりますが、朝夜は冷え込みますね。どの国も。荷物が増えてしまいますが、バルト三国に冬行くときはご注意で!

言語

全部英語圏じゃないですが
ぜーんぶ、英語でOK!

有名な観光地は全く問題ないですね。案の定一回も困りませんでした。

小さな駅に入っているファーストフード店でも普通に英語が通じましたし、言語自体も英語とニアピンなもの(?)が多いので、標識やバスの行き先もだいたいわかるので。

ご安心を〜〜!

通貨

トルコ:リラ
その他:ユーロ
ですね。

リラは歴史的暴落のせいで安かったですねえ〜〜。豪遊まではできなかったけど、すごく安く感じました。

あ、ここで一個注意。リラは、絶対に現地両替です!!!!

ユーロは絶対に日本両替!現地で両替とか損しかしません。ご注意を。

ちょっと話が逸れてしますのですが、、、
クレジットカードを使うときに現地通貨か日本円か聞かれることが多くあります。

そんなときは絶対に現地通貨にしてください。そこで日本円で払う手数料がカサ増しされます。

一見親切なサービスに見えますが、大きな落とし穴。別に現地通貨で払っても結局カード会社からの引き落としは、日本円だし。これだけご注意くださいね。

治安

ぜーんぶ超よかった!

この組み合わせ、我ながら最強なんじゃないか。と思っています。

アムステルダムなんか、中央駅前のド真ん中でキャリーケースひきながら、Airpodsつけて、動画撮ってましたからね。無防備すぎて、格好の獲物w

けど何にも起きませんでした。ホームレスもほとんどいなかったし、物売りとか、ジプシーにも合わなかったなあ。慣れすぎて、視界に入らなかっただけかな。笑

いや、ほんとにこの国々、アンゼン、ゼッタイ。

物価

オランダ:高い!ユーロのことも考えると130%くらい!

バルト三国:日本の80〜90%的な感覚。

北欧だったり、オランダ・デンマークを含めてしまうと、旅行代金は釣り上がりますね。つらっ。

ちなみにヨーロッパでも安いのは、ポーランド・バルト三国らへん。あとは、日本と同じくらいの認識でどうぞ!(何が)

日本人がいるかどうか

時期の関係もあったせいか
ほっとんどいませんでした!

アムステルダムに関していうと170カ国の方がいるらしく、国際都市すぎて、どこの国の人が目立つみたいなことがないです。超多国籍国家。ニューヨーク並みでした。

バルト三国は、まともなガイドブックが地球の歩き方しかないことから(笑)、まだまだ日本では認知度が低いのかなあ。なんて。

とはいえ、治安はよかったので、安心して渡航できる国々かと!

最高の旅でした!ヨーロッパへ!

と、大ボリュームでお届けしました、今回の旅。

結果からいうと

さいこ〜〜〜〜〜ヨーロッパ大好きだ〜〜〜!

て思いました。(語彙力)

今回のハイライトは、やっぱりオランダ。紹介したホテル目当てだったのですが、本当に素敵な国でした。バルト三国でもトラブルに見舞われましたが、おかげで旅レベルめちゃくちゃ上がったし。

旅は良いなあ。やっぱり。と心から思いました。

ヨーロッパでメジャーな国で残るは、チェコとスイスだけ。(デンマークを含んだ、北欧とかもあるけど)次はここへ行くのか、はたまた、どこかの国をリピートしてしまうのか。

僕の旅の今後にも期待いただければ幸いです!

 

ということで、長きにわたり読んでいただきまして、本当にありがとうございました!

これからもトラベルデザイナーのシン(@tabasco0914)をどうぞよろしくお願いします!!