時間がなくても海外へ!弾丸旅行のすゝめ。
アジア

【元アジア担当がオススメ】この国へ行くときはこの航空会社だ!方面別♪東南アジア旅行にオススメの航空会社!

今回の海外旅行は自分で予約しよう!

だけどどの航空会社がいいの?

航空会社で失敗した・・・

次は失敗したくない!

という方向けにこちらの記事は書いています。

こんばんは。

海外旅行ブロガーのシンです。

今日は

二年間アジア担当をしていた

元アジア担当が独断と偏見で、

この国行くなら、この航空会社だろ!!

という記事にしてみました。

値段順の安いもので予約して大丈夫?

自分で飛行機とホテルをとって旅行するスタイルも

普通になってきましたよね。

海外旅行で必ず予約しなければならない、飛行機。

おそらくスカイスキャナーだったり、

H.I.S.の格安航空券等で一番安いものを予約する方も

非常に多いかと思います。

早期予約のキャンペーン用の安い値段だったり

というケースもありますが、基本的に

値段と快適さや乗り継ぎ時間の多い少ないなどは比例します。

なので、単純にいうと安い=何か欠点がある

と言っても過言ではありません。

ということで2年間アジアを担当していた僕が

この国行くときゃこれ選んどきゃ間違いない!

という航空会社を国別で紹介していきたいと思います。

中国系の航空会社は基本いい加減で

嫌いなので、入れません。(笑)

国別!この国なら迷わずこれを!オススメの航空会社

台湾:バニラエア(LCC)

LCC:ローコストキャリア(Low Cost Carrier)の略称で、効率的な運営により低価格の運賃で運航サービスを提供する航空会社を指す。

引用元:LCC(えるしーしー)とは – コトバンク

値段も安く、一日片道4便ずつ飛んでいるので、

もし欠航になったとしても、次の便まであまり

待たずに帰れます。直行便です。

座席はそこまで広くないので、格安航空会社

って感じです。身長170cm体重55kgでも

ちょっと狭いかなと思う感じです。

体格の良い人はかなり狭いかもしれませんが、

フライトスケジュールもよく、着いた日から

観光出来るようなフライトもあるので、

迷ったら、バニラエアがオススメです。

同期や先輩もこれを使うことが多い印象です。

www.vanilla-air.com 

香港:キャセイパシフィック航空

香港を拠点とする航空会社なので、もちろん直行便。

とにかく、便が多いことがメリット。

朝でも昼でも、羽田でも成田でも

便が多いので、自分の都合にあったフライトを

選ぶことができます。

また、スカイトラックス社が認定する

わずか8社しかない5つ星エアライン。

ファンもとても多い航空会社です。

スカイトラックス社:スカイトラックス(Skytrax)は、イギリスに拠点を置く航空サービスリサーチ会社。

引用:スカイトラックス – Wikipediaより

まあ航空会社のミシュランみたいなものですね。

価格もすごく高いわけではないので、

とってもオススメです。

www.cathaypacific.com

ベトナム:ベトナム航空

ベトナム行くなら迷わずこの航空会社です。

ホーチミン・ハノイ・ダナンに直行便が飛んでいるので、

とにかく便利。ニャチャンやフエなどベトナムのコアな

都市も乗り継ぎが一回だけで行くことが出来ます。

今年(2017)と2013年に乗ったんですけど。

最近4つ星エアラインに 登録されたので、

機内サービスも上がったなって印象を抱きました。

成田-ハノイもしくは成田-ホーチミンは

最新機材を使っているので、乗り心地もよし!

直行便ですが、価格も安価。

ベトナム行くならまずこれを見て欲しい!

と思う航空会社です。

公式HP

Vietnam Airlines 

カンボジア シェムリアップ:ベトナム航空

こちらもベトナム航空です。

シェムリアップは直行便が飛んでいないので、

どこかで一回乗り継ぎする必要があります。

乗り継ぎはホーチミンかハノイがほとんど。

ホーチミン・ハノイは東南アジアの中でもハブ空港なので、

拠点にするととっても便利なんです。

ANAを使ってプノンペンまで行って、

アンコールエアでシェムリアップへ

ということでも可能なのですが、

アンコールエアがしょっちゅう便の時間が変わったり、

フライト自体が欠航になってしまうので、

あまりオススメできません。

ホーチミン・ハノイからシェムリアップまでは

便がたくさん飛んでいるので、自分に合った便も

割と選べるし、カンボジア行くとしてもとてもオススメです。

価格は他の航空会社に比べて、ちょっとお高め。

いずれの便も朝9:30前後発になってしまうため、

深夜発ができないことがデメリット。

毎日就航ではありませんが、香港経由の

キャセイパシフィック航空を使えば、羽田深夜発も可能です♪

ラオス ルアンパバーン:ベトナム航空

先ほど同様、ベトナム航空になります。

隣接国にはめっぽう強いベトナム航空。

ラオスも直行便がないため、

どこかで乗り継ぎしなければいけません。

ベトナム航空であれば、ハノイ一回経由で

行くことが出来るのでとっても便利です。

最短で行ける航空会社ということで

乗り継ぎ時間等も一番少ないので、オススメですよ。

マレーシア クアラルンプール:エアアジア(LCC)

アジアのLCCの王者 エアアジアです。もちろん直行便。

セールで買うと片道13900円で取れるなどと、とても価格も安いし、

現地の観光時間を無駄にしないようなフライトスケジュール。

羽田23:45発なので、仕事帰りでも楽々♪

現地はクアラルンプール14:25発で寝坊もOK!!

www.airasia.com

もしLCCが不安ということであれば

同じようなフライトスケジュールが

就航している、マレーシア航空・ANAが

オススメです♪

フライトスケジュールや価格等をみて

自分の好みにあった航空会社を選んでみてください!

シンガポール:シンガポール航空

こちらは迷わず、直行便のシンガポール航空ですね。

こちらは価格は安くはないのですが、

やっぱり評価が良すぎます。

一生は一度は乗るべき航空会社だと。

先ほどのスカイトラックス社のランキングを見ても

ここ最近の順位は全航空会社中TOP3が当たり前。

何百人とたくさん利用した方を知ってますが、

悪い口コミを、僕は一度も聞いたことがありません。

もし値段重視だったら、

スクート航空が間違いなしです。

エアアジアと肩を並べるLCC。

バンコク経由ですが、機材が良いので、

普通の航空会社に乗っている気分・・・。

価格もとっても安く片道17,000円程度で

取ることも。

バンコク行きですが、機材レポートも

書いたことがあるので、ぜひ読んでみてください。

www.tabascopotato-trip.com

タイ バンコク:エアアジア(LCC)

タイは東南アジア一のハブ空港といっても

過言ではなく、とにかくたくさんの航空会社が飛んでいます。

直行便もエアアジア・スクート航空、

タイ国際航空・ANA・JALなど5つ以上。

その中でも選ぶべきなのが、

クアラルンプールと同じく、エアアジア。

片道15,000円で取れてしまうほど安い。

そして、フライトスケジュールが良いので、

着いた日から観光が余裕で可能です!

もしLCCがいやだ!ということであれば

タイ国際航空がオススメです。

エアアジア同様、フライトスケジュールが抜群によく、

4つ星エアラインということもあって、

サービスもとても良いです♪

価格は往復で5万円程度なのでちょいお高いめ。

もちろんこちらより安く取れることもあります!

ミャンマー ヤンゴン:ANA

こちらは唯一の直行便です。

なので、かなり効率が良いんですよね。

日系航空会社ということもあり、

安心出来るという方もいます。

直行便ということで、ちょっとお値段も高め。

LCCだったらエアアジアで

クアラルンプール乗り継ぎで行けますよ!

乗り継ぎ時間も長くなく、値段重視の方にぴったり。

 スリランカ コロンボ:スリランカ航空

こちらも唯一の直行便です。

フライトスケジュールも朝早くなく

現地にも17時前後につくので、

効率が最強に良いです。

生憎エアアジア等のLCCは就航していません・・・。

他の航空会社となると

シンガポール乗り継ぎのシンガポール航空や

バンコク乗り継ぎのタイ国際航空。

どれも間違いないですが

やはり到着時間等考えると

直行便のスリランカ航空が

良いと思います。

インド デリー:エアインディア

インドに行くならエアインディアがオススメです。

直行便かつ最速到着の航空会社!

直行便が他にANAとJALが

就航しているのですが、

エアインディアが一番早く現地にも

早く着くので、観光時間もたっぷり。

また国内線も安くつけられることも大きいメリットです。

インドは広く、ガンジス河観光がメジャーなベナレスへ

行くとなるとやはり飛行機を使うのが一番。

(夜行列車も良いかと思うんですけどね)

国際線をエアインディアでとっていると

インド内を移動する国内線も安く手配できる

というメリットがあることも。

公式HP

Welcome to Air India

ネパール カトマンズ:キャセイパシフィック

エベレストが観れるネパール カトマンズ。

こちら都市には直行便が飛んでいないので、

やはり乗り継ぎが必要です。

航空会社でオススメなのが、

香港乗り継ぎのキャセイパシフィック航空が

一番おすすめです。

てかこれ以外ほとんど就航してる航空会社が

ないので、こちらで行かざるを

得ないという感じですね。

まず香港へ行くということで

たくさんフライトが出ており、

深夜発はもちろんのこと、

成田・羽田限らず選ぶことも!

ぜひカトマンズへ行く際は

キャセイパシフィック航空が良いかと思います。

航空会社も選ぶととっても良い旅になる!

「 学生時代は、別に行ければ飛行機

なんてなんでもいいじゃん」

と思っていた僕ですが、最近は飛行機も

欲張るようになりました。笑

(ちなみに一番好きな航空会社はエミレーツ航空!

映画の多さ・機内の広さ・機内食の美味しさ

どれもとっても最強。)

ここで一点ご注意。

安いからといって、飛行機の機材が

壊れやすいなどはありません。

基本的には航空会社に勤める人たちの

クオリティが異なる ということです。

高いホテルは接客レベル高いの同じです。

日本人がきっちりしすぎているということもある

と思いますが、良くも悪くも外国人はテキトーなので

フライト時間変わることも多発。

その確率が安ければ安いほど、上がる

というのが僕の肌感覚です。

あとは乗り継ぎ時間が長すぎる等々。

安いには必ず理由があります。

(前述しましたが、キャンペーンという良い理由も)

なので、航空会社を選ぶときは慎重に。

ぜひ良い空の旅をしてくださいね♪

ということで海外旅行ブロガーのシンでした!