時間がなくても海外へ!弾丸旅行のすゝめ。
アジア

【弾丸旅行のすゝめ】シンガポール、2日間の休みでいけました。全貌大公開!

f:id:tabascopotato259:20180613120436j:plain

ことの発端は
「マリーナベイサンズに泊まりたい!」
って想いだけでした(笑)

あの、天空のプールが有名なやつっす。
インフィニティプールってのが
57階にあるでっかいやつ。

▼マリーナベイサンズf:id:tabascopotato259:20180612233623j:plain

ただ、ワタクシ、一応会社員なので
いきなり長期間の休みも取れない。

いや、ヨーロッパに長期休みは
使いたい、、、!でも行ってみたい!
泊まりたい!!!

.

.

.

元アジア担当の知識を
フル活用中

.

.

.

あれ…

土日の休みだけでも
行けんじゃん!!!!

とアイデアが。

てことで。
行ってきました。

f:id:tabascopotato259:20180612234547j:plain

おい、写真のチョイス。定番か。寝癖W

今回のこの記事では、
2日間のお休みで行った
シンガポールの全貌を紹介!

2日間でどうやって行ったのか
どんなところを回ったのか
どれくらいお金はかかったのか
などなど赤裸々に書いていきます!

選択肢を知らないだけで
「時間がない!」と
海外旅行へ行くチャンスを
失っている方へ届くことを祈って。

ぜひ最後まで
お付き合いください!!!

〜関連記事〜
会社員よ!連休使って海外旅行へ行こう!3日間で行けるおすすめの海外旅行先10選 

1泊4日シンガポール弾丸旅のすべて

どういうスケジュールで行ったの?

しつこいようですが
シンガポールは土日の
休みだけで行けちゃうんですよ。

つまり、金曜日の夜出発して
月曜日の朝帰ってきて
そのまま出社するというパターン。

これなら問題なく2日の休みだけで
シンガポールに行けちゃいます。
てか行けちゃいました。

そんな旅行を実現させてくれた
素晴らしきフライトスケジュールは
こちら▼

航空会社:シンガポール航空
1日目    SQ635便 羽田22:50発
2日目 シンガポール4:55着
3日目 SQ636便 シンガポール22:35発
4日目 羽田6:20着そのまま仕事。

余談ですが、帰りの便冷房が寒すぎて
ほぼ寝れず(笑)ほぼオール状態で
月曜日出社。眠すぎてカフェイン致死量に
達するんじゃないかってくらい摂取しました。

もう1泊4日、二度と
やりたくないです(冗談)

同じようなフライトスケジュールが
ANAでも就航しているので、
ANAでも実現可能!

【スポンサーリンク】
 

かかった費用は??

ぜーんぶ含めて
約115,000円!

内訳はこんな感じ▼
飛行機:67,000円
※往復・燃油などすべて込み
ホテル:32,000円
※朝食・アフターヌーンティー
イブニングカクテル/軽食付き、
現地で使ったお金:16,000円
食事・お土産・交通費などすべて

1泊しかしてないのに、高いw

というのも、今回は5つ星ホテルと
5つ星の航空会社を使ったから
ちーと高め。

ホテルを安くすれば、
ざっと3万円は
下げられますよ〜〜〜!!

航空会社どうだったの?

今回使ったシンガポール航空、
2018年の口コミで選ぶ
航空会社ランキングでなんとNo.1!

詳細記事▼
クチコミで選ぶ航空会社ランキング2018、総合1位はシンガポール航空、JALが第4位に -トリップアドバイザー | トラベルボイス

いや、悪いわけがありません。

天下のエミレーツ航空には 負けますが(何様) ・座席も広め ・機内食が美味しい ・映画も300以上あって飽きない ・アメニティグッズもらえる ということでとっても快適な フライトでした! どの航空会社でも言えますが、 機内寒いのがネックっす。 そのせいで眠れず、迎えてしまった 月曜日の眠さはもう思い出したくありません…。

【スポンサーリンク】
 

ホテルどうだったの?

今回の目的でもある、
マリーナベイサンズ。

控えめに言っても最高でした。

今回泊まったのは クラブシティビュー というお部屋。 ・クラブラウンジが使える ・お部屋が絶対35階以上 ・部屋が62平米と広い ・ VIP受付でチェックインが可能! (専用カウンターチェックイン出来ます) というメリット付! 経験して分かったのですが、 絶対にクラブラウンジが 使えるお部屋にすべきです!! そのメリットはこちら▼

 

マリーナベイサンズの中でも
割とカテゴリが高いお部屋で
一泊65,000円で一番下のカテゴリから
一泊20,000円のアップになりますが
それくらいの価値がありました!

詳細は、
宿泊するためだけにシンガポールに行った僕がマリーナベイサンズを徹底解剖する。
を読んでくださいね!

マリーナベイサンズのカテゴリの違いは
なんだかんだこれが一番見やすいです▼
STWで行く!マリーナベイサンズ

現地での行程

現地で観光できる時間は、
2日間弱。

ぶっちゃけ
「足りるの??」
と思いますよね。

大丈夫です。
足りました。
むしろ余るくらいw

今回の現地にいた時の
スケジュールはこんな感じ!

《1日目》
4:55到着

リトルインディア観光

アラブストリート観光

オーチャード観光

ここで13:00頃

マリーナベイサンズ
・アフターヌーンティー
・イブニングカクテル
・チョコレートブッフェ
・インフィニティプール
・カジノ
でゆったり滞在

夜:ガーデンズバイザベイ

《2日目》
マーライオン付近観光

チャイナタウン観光

セントーサ島観光

カトン地区

空港

と、、、
ほぼ全ての観光名所を制覇!!

そもそもシンガポールって
東京23区ほどの大きさしかない上に
あまり多くない観光名所は
ほとんど集中しているので
ざっくり見るなら2日間あれば十分!

思わずこんなツイートしています!

1日目は到着が朝早すぎて どこも空いていないので 空港Wi-fiを繋いでゆったり してました。 リトルインディアはほかの観光名所に 比べて動きだしが早いし、ウォールアートなら お店の営業時間に左右されないので 朝に行くのがおすすめ!

現地情報

ここから実際に行ってみて 感じた現地情報! 総評すると、 めちゃくちゃ良い国 でした、いやマジで。 海外初心者にも心から おすすめできる国でしたとさ!

 

少し掘り下げていきます。

治安

良すぎ。良すぎる!!!

日本かと思いました。

地下鉄ってどこの国も汚い
というか雰囲気が悪いんですよ。

ホームレスとか物乞いも多いし、
スリも多いから治安が悪くなりがち。
ヨーロッパもニューヨークもそう。

だけどその地下鉄ですら
シンガポールは日本並みに
綺麗で、使いやすかった!
雰囲気の悪さも全然感じなかったのです。

それに「地元の人いるの?」って思うくらい
観光客が多いし、いろんな国の人が
いらっしゃったので、日本人観光客が
変に浮かないんですよね。安心。

タイ、フィリピン、ベトナム、カンボジア
インドネシアなど東南アジアの
有名どころは大体行きましたが
シンガポールの治安の良さはアジアの中でも
ズバ抜けてました。

治安が不安、、、って方、
シンガポール行きましょ?

言語

英語で問題なし!!

案の定、一度も
困りませんでした。

その他書くことないので、終了w

電波状況

んーこれは微妙でした。

電波欲しい方はWi-fiを
借りていくがベター。

地下鉄のホームや、ショッピングモールや
マクドナルドなど日本でも通って
いるようなところに、Wi-fi通っていることは
通っているのですが。

登録に電話番号を打って
その電話番号にSMSメッセージ
が送られて、そのメッセージ記載の
パスワードを打って使えるように
なるみたいなパターンが多かったんです。

SIMフリースマホを持っている人は
とっても便利かと思いますが
普通のスマホの方は不便かと思います。

結局電波はスタバとホテルでしか
使ってません。

【スポンサーリンク】
 

その他知っておくべきこと

両替は現地で!

シンガポール旅行にマストで
必要なシンガポールドルは
絶対に現地で両替すべき!

日本で両替:1ドル=約88円
現地で両替:1ドル=約83円

と5円程度も違います!!

日本で両替しちゃダメ、ゼッタイ。

もしどうしても心配なら
タクシーで市内行ける程度の
金額で良いかと思います!

ただあまり市内で両替できそうなところを
みかけなかったので、空港両替が
一番よいです。

まとめ

色々書いてきましたが
言いたいことは、

・シンガポールは2日間の休みで行ける!
・2日間の現地滞在でも十分観光ができる

ということ。

ちなみに。シンガポールは
ラッフルズやフラトンなど
ヨーロッパの建物のような素敵なホテルが
たくさんあるのでホテルはこだわってほしいなあ。

観光名所を回って
あとは5つ星ホテルにて
アフターヌーンティーを楽しみながら
ゆっくり滞在みたいなの僕的最高のモデルプラン。

湿度やばくて、暑いし。笑

このような週末弾丸旅行は、
シンガポールだけでなく、
タイのバンコクでも可能!!

その他週末使って行ける海外旅行先は
週末使って海外へ!2日間の休みで行ける旅行先を7つ厳選してみた。
にまとめているので、ぜひ読んでみてくださいね。

ということで、僕が経験した
週末弾丸シンガポール旅の全貌でした。

シンガポール最高~~~!!!
週末弾丸旅最高~~!!!

ということで(突然)

最後までお読みいただきまして
ありがとうございます。

以上、トラベルデザイナーの
シンでした!