【超簡単】海外旅行の一括比較サイトはこちら
ノマドワーク

【HafH徹底レビュー】旅ブロガーが実際に使ってみての率直な感想!

「HafHってどんなサービスなんだろう…?ワーケーションをしたいんだけど…。」
「実際に使ったことのある人の意見を見てみたい!」

上記のように、お思いの方にぴったりの記事となっています!よくぞ、こちらの記事にたどり着いてくれましたね〜!!!!(いきなりハイテンションすません)

しん
しん
どうも、トラベルコンテンツディレクターのしん(@worldtips0106 )です!

はい、ということで、こちらの記事では、HafHについて徹底レビューしていきます。

コネも全くないので、忖度などありません(笑)思ったことをしっかり書いていきます!!!!!

…なんて言いましたが、普通に使ってみてまじで大満足です。

なぜ僕が大満足なのか、「使ってみてこうなればもっと最高なのに…。」「ここは気をつけた方がよさそうだな。」なんて思ったことを含めて、徹底解説していきますね。

いちユーザーとして、日本以外でもワーケーションをしてきた旅ブロガーがHafHを徹底レビューしますので、ぜひ最後までご覧あれ〜〜〜!!!

HafHとは?概要について徹底解説!

まずは「HafHってそもそもどんなサービスなの?」とお思いの方に概要を説明させていただきます。

HafH(ハフ)とは、Home Away From Homeの頭文字をとっていて、世界中の拠点を自由に選べる定額制の「住まい」と「働く場所」を提供するコリビングプラットフォームのこと。(この説明は公式HPの記載をお借りしました)

超簡単に書くと、月額金額を支払うことで、登録されている宿泊施設に泊まれるサービス。

しん
しん
宿選びから決済まで、全部HafHのHP上でできるから、めちゃくちゃ楽!

「決められた宿しか選べないの不便じゃないか…?」と思ったあなた!

HafHで宿泊できる宿は、世界中に点在しており、世界29の国と地域、297都市、約450拠点という多さなんです!文句ないだろ〜〜〜!(誰)

しん
しん
僕は東京で探すことが多いけど、少ないな、って思ったことはないなあ。

それに、宿泊施設はモダンな都市型のホテルから、テーマのあるおしゃれなホテル、温泉宿など多種多様なものがあります。そのため、決して多拠点生活の方だけのサービスということではなく、息抜きなどでも使うのもおすすめできるのです!

しん
しん
宿泊できるのは、基本的にドミトリールーム!

政府が推進するワーケーションとの相性もバッチリなので、会社員でリモートワークが許可された、なんて方にもぜひ知ってほしいサービスなんです。

宿泊数に応じて、金額違いのプランが4つあるので、自分のスタイルで合わせて、選択できるのもポイント!

次にその宿泊プランに関して、詳細を説明していきますね。

HafHのプランは?安くお試しも可能!

プランは、4つ。何が違うかというと、金額・プラン・付与されるHafHコイン の3つです!

HafHコインとは?
基本的にドミトリールームでの宿泊になるのですが、こちらのコインを支払うことで、お部屋をランクアップ(個室へのランクアップが主です)できるというシステム。
このコインは、追加で買えるのではなく、以下のような場合にもらえます。
・指定の有料プランに加入すること(毎月付与されます)
・前月にあまり宿泊できなかった場合にその分にコインとして還元される
※残りどれくらいの宿泊数でどの程度のコインが付与されるかは、公式HPでは記載されていません。

宿泊数が少ない順に並べると、以下のような形になります!

①おためしHafH 月額金額:3,000円
宿泊数:最大1泊
付与されるHafHコイン:0
1日あたり3,000円(お試しなので、コスパ◎!)
②ちょっとHafH 月額金額:16,000円
宿泊数:最大5泊
付与されるHafHコイン:100
1日あたり3,200円
③ときどきHafH 月額金額:32,000円
宿泊数:最大10泊
付与されるHafHコイン:200
1日あたり3,200円
④いつもHafH 月額金額:82,000円
宿泊数:最大1ヶ月
付与されるHafHコイン:500
1日あたり2,733円(1ヶ月30日間とした場合)

※②〜④は、GoToトラベルの対象になっており、1月5日時点で35%割引となっています。

④のプランにしない限り、1日あたりの金額は同じなので、自分の滞在数に応じて登録するのがおすすめ!(①のプランはお試しなので、200円安いですが!)

「滞在数が読めない。」という方は、滞在数少なめのプランで登録しておきましょう!

というのも、月の途中でも、差額を支払うことでプランを変更することができるからです。※低価格のプランへの変更はできません。

多めにして、「全然泊まれなかった…。」という場合でも、その宿泊数に応じてコインが付与されて、次の月により多くランクアップができるので損することはありません!ご安心を♪

んで、登録する時の注意点を1つ。

その注意点とは、「なるべく月初に登録しましょう!」ということ。

HafHのシステムとして【※有料プランであっても、登録初月は課金が発生しません。】というルールがあります。

言い方を変えれば、最初の月は無料で利用ができるということ!!!(もちろん無料の月だけ満喫して解約!なんてことはできません。登録の翌々月からのお金がかからないプランへの変更ができます。)

月末に登録してしまうと、最初の月に無料で使えるのに、「予定が合わなくて、全然泊まれなかった…。損した!」となる可能性が大。

しん
しん
月初に登録して、最初の月で無料で泊まれる分も思う存分満喫しよう!

アカウント作成も、TwitterやFacebook、Googleと連携ができるので、超楽です!

以下のURLから登録すると
HafHコイン500コイン獲得!
登録はこちら

しん
しん
クレジットカードの登録が必要なので、お手元に用意してから進んでくださいね!

ワーケーションでHafHを使う意味とは?

かくいう、僕もワーケーションをするために、HafHを使いました。もちろん!!!!

ちなみに使った宿泊施設はこちら!

・UNPLAN Shinjuku
・UNPLAN kagurazaka
・ホテル グラフィー 根津
・ザ・ミレニアルズ渋谷(HafHコイン:100コイン必要)
THE LIVELY 東京麻布十番(HafHコイン:400コイン必要)
余談ですが、赤字2つのはホテルは仕事用のラウンジもしっかりあって、ワーケーションに最適です。

1つだけですが、宿泊ツイートをしましたので、ご紹介しますね。

実際に使ってみて感じた、わざわざワーケーションでHafHを使う意味を綴りたいと思います。

他でもない、余計な脳的リソースが割かれないこと。脳的リソースというのは、宿探しにかかる労力ですね…。

コワーキングスペース以外で、仕事ができる場所を探すのって、めちゃくちゃ大変なんですよ。(ヨーロッパやアジア、ニュージーランドなど割と色んな場所で仕事をしていたので、説得力があるのではないのでしょうか…。)

WiFiがちゃんと(大事)使えて、長くいられそうな雰囲気があって、コンセントもあって…。とか。宿泊施設って、仕事をするために作られたものじゃないですしね(笑)

ホテル内で仕事できなさそうだったら、近くにコワーキングスペースがあるかどうか調べる、とか色々な要素が必要なので、しっかりと仕事出来る場所を探すのって、時間もかかるし、労力がハンパないんです。

それで仕事にかかる時間をとられたり、疲れてたら本末転倒というか(笑)

しん
しん
そこをHafHは見事解決してくれたな!って印象!

全ての宿で「HafHに登録されている宿は、数多くある宿泊施設からしっかりフィルタリングされていて、ワーケーションにぴったりなものが分かりやすくなってるな〜〜〜」と感じました。

特に僕的に嬉しいポイント▼

・HafHで泊まれる施設、まじで全部清潔できれいでストレスがない(HafH使わなくても泊まりたいようなホテルばっか)
・作業環境の有無がちゃんと書いてあって、ワークスペースの写真がある

なので、関係者には怒られそうですが、「ワーケーションにぴったりなホテル見つけたいな」と思ったら、HafHのサイトで探して、別のサイトで予約するってのも1つの手(悪人)

そんなことを考えちゃうくらい【HafHが選ぶ】ということに価値があると思いました。

以下のURLから登録すると
HafHコイン500コイン獲得!
登録はこちら

と、ここまでプラスポイントを書いてきましたが、もちろんネガティブポイントもありました。実際に使ってみないと分からない、マイナスポイントもご覧ください!

HafHを使ってみて思った難点/デメリット

①HafHコインが購入できないこと

現状、HafHコインは買うことができず、有料プランにて毎月付与/前の月で使えなかった宿泊分がコインに還元 という形でしかゲットができません。(正確にいうと、紹介でも獲得できますが、あまり現実的ではないので例外とします。)

なぜ、こんなにHafHコインにこだわるかというと、基本的に宿泊施設がドミトリールームだから。

平常時なら全く問題ないのですが、今は他でもないコロナ禍。(そもそも外出するな!という厳しい意見は勘弁…)

自粛を強いられ、家でリモートワークで仕事をするものの、超マンネリ化。

息抜きのステイケーションも兼ねて、僕はHafHを使うのですが、飛沫感染するコロナウイルスがやっぱりドミトリールームだと心配…、そういう人が多いのではないでしょうか。

そんな想いから毎回個室にしたいと思うのですが、「HafHコインがなくてできない…。」と何回なったことか。(結果使わなくなった期間も)

そんな時に有料でもいいから、コインを買えれば!と思ったのですが、できないのです(涙目)

コロナの影響で、そんなに多く外泊するつもりもないから、 たくさんHafHコインが付与されるプランに変更することも敢えてしないので…

なので、個室(半個室の場合もあり)へ変更するためのコインは現状購入できない、ということを覚えておきましょう!

しん
しん
関係者の方、もしみていらっしゃったら、大人の事情もあるかと思うのですが、ぜひご検討よろしくお願いいたします(切実)

②HafH用にお部屋を開放していない場所がある

旅行業に携わっている僕ですが、HafHで泊まるのはどう考えてもお得すぎです(笑)

なので、このご時世、ホテル側からすると、少しでも収益を上げるために利益率の低い流入元(HafH)の露出を避けるのは当然のことと言えるでしょう。(逆に、こんな時だから、空室を減らすために露出先を増やしたいという場所があると思いますが。)

その証拠?として、HafHのサイトでは空いていないけど、普通にホテル予約サイトでは空いてる、なんてことがありました。

今は特に新型コロナウイルスの影響で顕著なのかな…。と思います。

あくまで、宿泊施設にとって、HafHは数多くあるうちの1つの露出場所である。そして、ワーケーションに向いている施設ですよ、とブランディングするプラットホームということを覚えておくとよいと思います(辛辣)

ホテルによっては、ドミトリーをHafHに出して、世の中に認知させる。そして、記念日などの時に利益率の高いお部屋を予約してもらえるようにする。的な戦略で出している場所もあるでしょうし。

ドミトリールームでこのようになることはあまりないですが、人気なところやHafHコインがかかるところほど、この特徴が顕著なので、どうしても泊まりたいところがあるなら、早めにチェックしておくとよいですよ!

ワーケーション中にあれば嬉しいもの(秋〜冬限定)

次に、HafHを使う上で(というかワーケーションをする上で)これはあった方がよいと思ったものを1つ紹介させていただきます。

それは、他でもない、加湿器!!!!

冬ということで、HafHを使うことが減りました。他でもない、ホテルがめちゃくちゃ乾燥しているという理由からです。

ドミトリールーム&乾燥している環境だと、コロナ関わらず、インフルエンザなどになる確率が超上がりますよね。個室なら、バスタブにお湯いれて開けっ放しみたいなこともできるのですが…。

「加湿器持ち歩くわけいかないしな…。(加湿器=でかいものという偏見を持っている)」と思っていた僕ですが、やっと出会えました。最高の加湿器に!

それが、この携帯加湿器!!!

・安い(1,300円くらい)
・超コンパクトで荷物にならないし、枕元に置ける
・音も静かで睡眠中でもずっとつけていられる
・8時間以上水の追加が不要なので睡眠中は水の追加が不要
・ペットボトルで接続可能
・USBでも接続可能なのでモバイルバッテリーを電源として使える
・水蒸気もしっかりでる!

という特徴を持った最強すぎる加湿器です。

僕の経験上、加湿器がある宿はなかなかありません。(HafHにもその表示がありませんので、行ってみないと分かりません…。)

自宅以外で寝るのは、意外と体にストレスになっていて、免疫力が下がってしまう可能性があります。少しでも、体調を崩すリスクをなくすためにも、これ1つ買って持ち歩くのをおすすめします。

▼購入はこちらからどうぞ!

僕もちょうど今週届いて、最高すぎたので、HafH生活再開します(と思ったら緊急事態宣言)(ぴえん)

お得すぎるHafHにぜひ登録を!

HafHの全貌をご理解いただけたのではないでしょうか。

リモートワークが支援されているおかげで、色んな場所に拠点を移しながら、仕事ができるスタイルになった方も非常に多くなりました。

宿泊施設がとにかくしっかりとフィルタリングされていて、余計な脳的リソースが割かれず、思う存分ワーケーションを楽しむための最高のツールHafH。

ぜひ、登録してみてはいかがでしょうか。

以下のURLから登録すると
HafHコイン500コイン獲得!
登録はこちら

ということで、こちらの記事は以上です。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

ワーケーションに興味がある方におすすめの記事

ワーケーション
流行りのワーケーションを海外&日本で経験した僕が徹底解剖! 新型コロナウイルスの影響で日本に浸透したリモートワーク。その流れで、まさに新しい働き方といえる働き方が登場しました! それ...
ワーケーションがしやすい3つのスキルを旅ブロガーが徹底解説!旅しながら働くスタイルへ!「場所を選ばず、仕事をできるようなライフスタイルにしていきたい。だけど、どんなスキルを身につければいいんだろう…。」とお悩みのあなた! ...