【超簡単】海外旅行の一括比較サイトはこちら
南太平洋

【必ずして】フィジーに行ったらやるべき、4つのこと。




「フィジーに行くつもりなんだけど、何をしようかなあ。」

と計画中のあなた!よくぞこちらの記事に辿り着いてくれました!

この記事を見れば、フィジー旅行でのToDoListが完成すること間違いなし!

というのも今回フィジーに行ったメンバーは
・これから世界一周
・世界一周済み
・世界二周済み
・世界三週済み
・海外在住歴5年以上
・帰国子女でアメリカ在住歴あり
という生粋の海外慣れしている方々。

そんな海外大好きが方が2泊4日という弾丸旅行で、やることが限られた中で選んだフィジーでやったこと。

必ずやるべきでしょう(笑)!!!

ということで、その中から4つピックアップして紹介しますね。

では、最後までお付き合いください!

フィジーに行ったらやるべき、4つのこと

フィジー料理を食す!

やっぱりフィジーにきたらフィジー料理を食べないと!!!

フィジー料理ってどんな料理なのかピーンとこないのですが、ココナッツや魚を使った料理(定義だいぶ広いけど)という認識でいただければ。

料理名でいうと、ココンダ・ロロ料理とかですね。

ただ、フィジー料理って基本的に家庭料理なので、レストランってとっても少ないんです。…ということで、宿泊したホテルの方におすすめレストランを聞きました。

そこで出てきたのが、「T’S place」。結構な料理数頼んだんですが、日本人の口にもとても合う味。盛り付けもおしゃれだし、店内も落ち着いた雰囲気でステキな場所。

トリップアドバイザーでも当時4位だったので、間違いないレストランです。なかなか食べられないフィジーをここでぜひ。

ビールの品揃えもよかったです◎値段は日本で一人3,000円はするだろ!という量が2,000円だったので、コスパも◎です!

こんな感じです▼

空港近くのナンディ地区にあるので、ぜひ!

【スポンサーリンク】



サンベト泥温泉MUD POOLで美肌に!

どんな場所かというと…!

今回のフィジー旅行は旅行会社のツアーで行きまして。空港〜ホテルも現地係員の方に送迎してもらって、その時に「この泥温泉に行きたいんですが!」と言ったら、「個人でもいけますよ!」とのこと。

なので、今回はツアーなどには参加せず、自分たちだけで行ってきました。

入場料は30FJ $
マッサージは30分40FJ $ ほど。
観光地なので、さすがに安くないですね…。

ナンディ地区から車で15分程度の場所にあるのですが、かなり奥地に入っていくので、帰りのタクシーを拾うのが困難だなあ。と感じました。ので!行きのタクシーに帰りを待っててもらうのが無難かなあ。と思います。個人で行くのであれば!

まず入場料を払うと、着替え所があります。
※コインロッカーのようなものはなく、野外に荷物を置いておくだけとなります。見張りのおばちゃんもいたのですが、気づいたらいませんでした(笑)なので、ここへ行く時は貴重品は最低限にしておくのがよさそう。

着替え所から左で歩いていくと、泥が置いてあります▼

それを全員に塗りたくります。

乾いたら近くにある温泉にダイブ!

お手洗いが併設されたシャワー室(シャワーは一個)もありますので、最後にそこでしっかり洗って帰宅!上の画像の左上に見える建物がそれです。

温泉はレベル1〜4まであるのですが、説明の看板等も特になく、ただ場所が違うだけなので。上の写真で貼った場所で泥を落として、シャワー。て流れでも良いかと!

全て合わせて1〜1時間半程度なので、タクシーに帰りを待ってもらうつもりの方は目安にしてみてください!

一緒に行ったYoutuberのゆーたさん(@mosiki1118)が泥温泉についてのストーリーを動画にまとめてくれた…(歓喜)

動画の方がより雰囲気が伝わるかと思うので、ぜひ見てみてくださいね▼

キレイな海がある離島へ

マナ島

ぶっちゃけ、フィジーの本島の海は綺麗ではありません。場所にもよりますが、少なくとも観光客が初めて行くような場所は。

なので、海のキレイさを求めるなら、絶対に離島へ行くべき。

おすすめの離島は
マナ島
ビーチコンバー島
サウスシーアイランド
クアタアイランド
あたり!日帰りでも良いですし、宿泊できるリゾートもたくさんあるので、滞在中1度は離島へ行った方が良いです!!!

違いはフィジーってどんな国?元旅行会社勤め目線で徹底的に解説!で説明しているので、ぜひみてみてくださいね。

また、離島ではないのですが、水上に浮かぶバーもあります。

その名もCLOUD9。これです▼

まさに楽園のような場所でした。

「CLOUD9」の詳細レポート>>水上バーのCLOUD9が最高すぎるので、フィジー行く人は全員行くべき。

動画もありますよ〜〜〜!本当に最高だった…!

ナンディタウンを散策

ナンディタウン。

田舎の東南アジアのようで、フィジーのローカルさを感じれる場所。
市場があったり、現地ならではのお土産を買えたり。

こんなヒンドゥー教の建造物があったりします!

せっかくフィジーに来たのなら、ここを散策しましょう!

・治安があまり良くないようなので歩きスマホをしていると盗まれる可能性があります。控えましょう!
・お店のほとんどが18時で閉まります。ので、なるべく早めに。

最高のフィジー旅を。

今回は弾丸旅行だったため、出来ませんでしたが、

UGGの工場へ行く

ということもありですね。(他思いつかないすません)

直行便が9年ぶりに再就航して、近くなったフィジー。これを機に行かれる方もとても多くなるかと思います。他の国よりツアー代金は圧倒的に安く済みますしね。

ということで、フィジーに行かれる際は、こちらのTodoListを参考に現地のスケジュールを組んでみてください!

以上、トラベルプロデューサーのシン(@tabasco0914)でした〜!