【超簡単】海外旅行の一括比較サイトはこちら
アジア

【東南アジアの旅行におすすめな都市】元アジア担当厳選。絶対失敗しない大人気の都市5選!





「東南アジアへ旅行へ行きたい・・・!どこがおすすめな都市なの!?」

そんなお悩みを持つあなた向けの記事になっています。

しん“
しん“
どうも、元旅行会社勤めのトラベルプロデューサーのシン (@tabasco0914) です。

とりあえずここ選んどきゃ間違いない東南アジアの都市を書いていきます。

どうぞ、最後までお付き合いくださいませ!

〜関連記事〜
▼東南アジアのコスパ最高な国知りたくない?
【お金はないけど海外旅行行きたいあなたへ】国内旅行より安い!?お財布に優しすぎる国5選。アジア編。 
▼東南アジアの人気国の特徴をまとめてみました。
【東南アジア選びのコツ】東南アジアどこへ行くか迷ったらこれを見よ。
▼東南アジア行くなら周遊しなきゃ絶対損!
東南アジアでおすすめの周遊パターン7選!2カ国&3カ国編。

安・近・早。だけど、どこがオススメなの?

海外旅行先で人気の高い東南アジアの地域。

理由は他でもない、安・近・早だから。

急に休みをとれた際にも候補地として真っ先に思い浮かぶ地域です。

休みも取れたし、海外旅行へ行くぞっ!と意気込んだものの。

う〜ん、どこの国に行っていいか分からない。

となる方多いんです。

とりあえず近場で海外行きたい!と来店される方もとても多いのも事実。そんな方にオススメする国をアジア地域を担当していた僕が5つ厳選してみました。

●旅行代金の安さ
物価の安さ
日本からの近さ
観光名所の多さ
食べ物が口に合うか

の5つの尺度で書いてみますので、是非ご参考下さい!!!

治安は全部良いので書きませんよ〜〜〜!

東南アジアの旅行にオススメな都市5選。

バンコク/タイ

●旅行代金の安さ   ★★★★★
●物価の安さ     ★★★
●日本からの近さ   ★★★
●観光名所の多さ   ★★★★★
●食べ物が口に合うか ★★★★★

とりあえず迷ったら僕は最初にバンコクをおすすめします。超オールマイティなので。

旅行代金の安さはもう随一。なぜかと言うと、格安航空会社(LCC)のエアアジアが就航しているから。

旅行代金はホテルのランクを気にしないということであれば、3万円で2泊4日で行けます。(飛行機+ホテル+空港使用税)

食べ物も口に合うものばかり。パクチー気にされる方もいますが、大丈夫です。パッタイとかカオマンガイ食べれば。

一応季節はあるのですが、いつでも南国フルーツも食べれますしね。

2時間も行けば、世界遺産のアユタヤに行けるし。車でパタヤビーチにも行けるし。中心部は新宿並み(それ以上?)に栄えているので、ショッピングも楽しめるし、チャオプラヤ川沿には寺院もたくさんある。食べ物も日本人の口に最高に合う。

こんな万能なのに、3万で行けるんです。f:id:tabascopotato259:20170702214312j:plain迷ったらバンコクにしましょう!!!!!

〜バンコクへの関連記事〜
【格安×弾丸】LCCを使ってバンコクへ。元バンコクツアー企画担当が、超得にバンコクへ行く方法を伝授!




ハノイ/ベトナム

ハロン湾

●旅行代金の安さ   ★★★★
●物価の安さ     ★★
●日本からの近さ   ★★★★
●観光名所の多さ   ★★
●食べ物が口に合うか ★★★★

お次はベトナム。バンコクに行ったことがあると行った方におすすめしてます。

LCCが就航していないので、料金はちょっとお高め。全て合わせて、安くても5万くらいかなってところ。

全ての地域に言えることですが、食べ物はローカルフードは安いです。

ですが、ガイドブックに載っている店は普通です。日本で食べるのと変わりません。

また観光名所が近郊にある世界遺産ハロン湾だけで、ハノイ市街には目立った観光名所はありません。

なので、東南アジアの雰囲気を存分に感じたい!ベトナム料理をこよなく愛している!なんて人におすすめしたい場所。ベトナムの中でもハノイ名物は特に美味しいので。

もちろん、食べ物はめちゃくちゃ美味しいですがタイ料理ほど種類が豊富でないので、星一個減らしました。

〜ベトナム/ハノイ 関連記事〜

 ▼ベトナムでどこ行くか悩んだらこの記事!
【ベトナム究極ガイド】あなたに合った都市が分かる。縦断経験者が語るベトナムのオススメ都市。
▼ベトナム ハノイへの3日間の休みを使っての行き方!
【弾丸旅行】3日間で行く海外旅行!ベトナム ハノイ編。
▼ハノイのホテルに困ったら、必見記事。
【ハノイのおすすめホテル】ランク別!ハノイに行ったら選ぶべきホテル5選。

シェムリアップ/カンボジア

シェムリアップ

●旅行代金の安さ   ★★★
●物価の安さ     ★★★★
●日本からの近さ   ★★
●観光名所の多さ   ★★★★★★★★
●食べ物が口に合うか ★★

とっても特徴的なこの都市。

物価も安いし、日本人から一番人気といっても過言ではない都市ですよね。

アンコールワットにアンコールトム。ベンメリアにクバルスピアン。プレアビヒアなどなど。

世界中の人を虜にする世界遺産の遺跡。街中もTHE東南アジアで、田舎感満載。最高。ですが、直行便が就航していないので、ちょっと遠目。ちょっとですけどね。

あと僕の食べ物が悪かったのかクメール料理が苦手でした。

ベトナム料理ともタイ料理とも違う感じ。ですが、遺跡が素晴らしすぎるので、プラマイゼロ?いやむしろ+です。

〜カンボジア関連記事〜
▼3日間の休みでカンボジアへ行く方法
日本人に人気No.1遺跡!!カンボジアには3日間で行けるって知ってた?弾丸旅行のすゝめ。 ▼ベンメリアに絶対行くべき理由。
カンボジア行ったら、【ラピュタのモデル ベンメリア】へ行くべきワケ。 

シンガポール/シンガポール

シンガポール

●旅行代金の安さ   ★★★
●物価の安さ     ★
●日本からの近さ   ★★
●観光名所の多さ   ★
●食べ物が口に合うか ★★★★★

ここもかなり特徴的なんです。

東南アジアでいて、1番東南アジアらしくない都市です。(決して文句ではない)

治安の良さは随一ですが、物価は高め、観光名所もかなり少なめ。都会です。

USSやナイトサファリがあったり。東京のような遊び方をする場所です。お金があってこそ楽しめるところですね。食べ物は安いんですが、、、

スクート航空という格安航空会社が就航しているので、航空券は安くとれるのですが、ホテルの料金が他の国より高いんですよね。

東南アジアらしい汚いところは嫌だ!だけど温かい所へ行きたい!ていう女性におすすめ。

女子旅向け、東南アジアの国。 

写真にある、天空のプール インフィニティプールがあるマリーナベイサンズに宿泊目的で行かれる方がかなりの割合です。

最初の海外で・・・って方にはシンガポールがおすすめ!

〜シンガポール関連記事〜
▼週末シンガポール旅行の仕方。
【弾丸旅行のすゝめ】シンガポール、2日間の休みでいけました。全貌大公開!

クアラルンプール/マレーシア

クアラルンプール
●旅行代金の安さ   ★★★
●物価の安さ     ★★★
●日本からの近さ   ★★
●観光名所の多さ   ★★★
●食べ物が口に合うか ★★★★★

物価が安くて、観光名所が少しだけ多いシンガポール。って表現が適切ですかね。

こちらも大都会なので、観光名所はかなり少なめ。旅行先というか移住先って印象でした。

ただ!!

こちらアジアでは数少ない、イスラム教国家。なので、他のアジア諸国では見れない綺麗すぎるモスクが見れます。

トルコやモロッコのモスクをモデルにしているそうで、自分のいる場所を疑ってしまうほど綺麗なモスクでした。

料理は中華とマレー料理が中心。

マレー料理はスパイスが聞いた漢方料理みたいな感じで最高に口に合いました。チャイナタウンで食べるB級グルメも絶品ばかり。

ですが、中心部には観光名所はツインタワーしかないし、東南アジアらしい町並みもちょっと少なめ。

3回目くらいの東南アジアで行くような場所かなって思いました。

僕は7回目の東南アジア(ベトナム→ベトナムカンボジア→台湾→タイ2回→フィリピン→マレーシア)でしたが、刺激がちょうど良かったです。

ヨーロッパの植民地だった、マラッカもヨーロッパと中国の町並みが混ざって不思議で魅力的なので、ぜひ行ってみてくださいね。

この5都市なら、良い旅行間違いなし。

この5都市は、日本人の渡航人数もかなり多いし、人気もある都市なのでまず選んで間違いないでしょう!

東南アジアらしい刺激がたっぷり欲しいなら
ベトナム・カンボジア

清潔感を求めるなら
シンガポール・マレーシア

食べ物も観光も全部譲れない!
ならタイ

でしょうかね。

どれも立派な観光立国なので、治安は良いですし、普通に気をつけていれば何を起こりません。

では今日はこの辺で!

最後までお読みいただきましてありがとうございました!