時間がなくても海外へ!弾丸旅行のすゝめ。
ヨーロッパ

【ヨーロッパ旅費の相場が分かる】5回行ったヨーロッパ旅行の料金を公開してみた。

f:id:tabascopotato259:20180227004556j:plain

「さあ次はヨーロッパに行こう!
だけどどれくらい費用がかかるんだろう。」

「ヨーロッパ旅行の相場って
どれくらいなの?」

といった疑問をお持ちの方向けにこちらの
記事は書いています。

どうも、ヨーロッパをこよなく愛して
プライベートの旅行を6年連続ヨーロッパに
費やしている、海外旅行ブロガーのシンです。
どうぞ、西洋かぶれと呼んでください。

ヨーロッパってとにかく
高いイメージですよね。

僕も最初は本当にそのイメージしかなくて
とにかくハードルが高いから行こうなんて
思っていませんでした。

ですが!!!!

ヨーロッパって
意外と安い!!!

と思ったのは、海外旅行専門の
旅行会社に入ってからです。

ぜひその安さを実感していただくべく
今までのヨーロッパ旅行の料金を
全公開して、安く行くための
テクニック等を全て伝授します。

ぜひこれを見て格安でヨーロッパに
行くための準備を整えてくださいね。

ではスタート!

f:id:tabascopotato259:20180908004956j:plain

ヨーロッパ旅行の費用の内訳

まずヨーロッパ旅行をするためには
「どんな費用が主にかかるのか?」
ということを知るべきですよね!

簡単に書くと・・・
飛行機

ホテル(朝食付きが多い)

鉄道(+ヨーロッパ国内の飛行機)

現地滞在費

例:
・観光名所の入場料
・食事代
・お土産代など
ですね。

イレギュラーなのは
鉄道やヨーロッパ国内の飛行機。

ヨーロッパはご存知の通り、陸繋がりなので、
簡単に隣国へ行けちゃう。主に移動手段として
鉄道や飛行機、バスを使います。
あとは特段変わりないかなってところ。

あとで説明しますが、安くするために
特に注意すべき点は、飛行機とホテル!

結論から言いますと
一度聞いたことがあるような
有名どころなら、ヨーロッパは
1週間15万円あれば余裕で行けます!!

現地滞在費少し節約すれば、
パリとかバルセロナ
など、ド定番なら
10万円あれば余裕。

全て含めて、ですよ?
※ホテルは3つ星ホテルで
いわゆる日本でいう
ビジネスホテルレベル。

実は思っているより安いんですよ!
ヨーロッパ!

 

【スポンサーリンク】

 

今までの旅行の費用を公開する。

今まで僕はこんな旅行をしています。

①フランス・イギリス・ベルギー(9月)
②イタリア・バチカン(9月)
③ドバイ・スペイン・ポルトガル(12月)
④ドイツ・オーストリア・スロバキア・ポーランド(10月)
⑤クロアチア・スロベニア・ボスニアヘルツェゴビナ・モンテネグロ(11月)

(ちなみに6回目の今年は
トルコ・ベルギー・オランダ・バルト三国やで)

②までが大学生で何も知識がない状態。
③からが旅行会社に入ってからです。

①②は思うがまま使ったので
どちらも約25万円。

内訳:
飛行機+ホテルのツアー代金:20万円
現地滞在費:5万円
※ツアーで申し込みだったので
飛行機とホテルの内訳が分かりません。

こちらを見ると、まあまあ
ヨーロッパだったらこれくらいだろうな。
ってお思いになるかもしれません。

ですが!!!
見て欲しいのはここから。

③④⑤、旅行会社に入社してからは
現地滞在費を含めても15万円程度。
どれも滞在期間は1週間程度です。

内訳:
飛行機:7万程度
ホテル:4万円程度
現地滞在費:4万円

安 く な い で す  か !!!!

なので、
相場は15万円程度
と僕は主張したいです。全てコミコミ。

もちろんホテルをもっとこだわりたい!
ブランド物を欲しい!ということであれば
もっとかさみますが、1週間なら15万で
余裕です。お釣りが返ってきます。

相場を知っていただくだけじゃ
せっかくこのブログに訪れていただいたのは
申し訳ないです。

学生の頃と比べて旅行会社に勤めて
10万円近く抑えることが出来たそのコツを
あなたに伝授させてください。

完全保存版です!!!ぜひ熟読あれ。

コスパ良くヨーロッパへ行くための7つのコツ。

① 空港⇆ホテルの送迎は自力で

ヨーロッパは立派な先進国。

どの国も公共交通機関が発達しているので
空港からホテルまで自力でいくことが出来ます。

スリが怖いから・・・と言って
旅行会社などで送迎をつける方が
いますが、片道一人5,000円程度
かかります。

タクシーでも良いですが、
基本的に公共交通機関を使うよりも
2〜3倍下手すると5倍くらいかかることも。

シャトルバスや地下鉄などで行けば
コスパよく移動が出来ます!

油断せず、最低限のことを気をつければ
スリなんてあいません。大丈夫です。

僕15カ国以上行ってヨーロッパで
犯罪にあったことないので、断言出来ます。

②行く期間から”夏”を外す

ヨーロッパのベストシーズンは夏。

なので、航空会社やホテルの料金も
グッと引き上がります。
7〜9月は高いですねえ。

僕が思う、狙い目は
9月下旬〜12月。

9月ならギリギリ夏で日も長いですし、
シルバーウィーク終わりから
段々とツアーなどの料金も
グッと下がっていきます。

10月以降は完全にシーズンが
終わってしまうので、安い航空券や
ホテルが取れやすくなります。

確かに安いんですが、
以下のことにご注意を!

・日が短いので、日中の観光時間が短い
・やっていないお店が多い
→稼ぎどきの夏に稼げるだけ稼いで
冬は休むなんてレストラン、ホテルが
あったりします。
ですね。

安いのは、きっちり理由がある…。
ご注意ください。

夏は祭りがあったり、街が盛んだったりで
良いんですけどね。

【スポンサーリンク】



③早割を利用する

飛行機・ホテル・鉄道全てに言えること。

とにかく早めに
予約すべし!!

目安は遅くとも3ヶ月前ですね。
半年前から予約すればほぼ間違いなく
取れますし、航空会社によっては
早割の料金を出しているところや
セールをやっているところがあります。

僕は11月の飛行機の確保を
しようとしています(笑)
※記事の執筆時は2月でした

とにかく早い者勝ち!先手必勝!
ということを意識してくださいね。

④中東経由の航空会社を使う

ここからが本番です。

安く行く最大のコツは、
中東経由の航空会社を使うこと!

中東…??と思われる方が
いるかもしれませんね。

場所でいうと
トルコ:イスタンブール
UAE:ドバイ・アブダビ
カタール:ドーハ
です!

航空会社でいうと
・ターキッシュエアライン
・エミレーツ航空
・エティハド航空
・カタール航空です!

この航空会社を使えば
まず間違いありません。

安いから悪い航空会社なんじゃないの?
と思ってしまった方、ご安心ください。

公式なランキングでも
全てベスト15に入っています。

【2017年ワールド・ベストエアライン トップ20】

1位:カタール航空/前年2位
2位:シンガポール航空/同3位
3位:全日空(ANA)/同5位
4位:エミレーツ航空/同1位
5位:キャセイパシフィック航空/同4位
6位:エバー航空/同8位
7位:ルフトハンザ航空/同10位
8位:エティハド航空/同6位
9位:海南航空/同12位
10位:ガルーダ・インドネシア航空/同11 位
11位:タイ国際航空/同13位
12位:ターキッシュエアラインズ(トルコ航空)/同7位
13位:バージンオーストラリア/同18位
14位:スイスインターナショナルエアラインズ/同15位
15位:カンタス航空/同9位

引用元:格付け会社の航空会社ランキング2017、世界1位はカタール航空、ANAが3位で日系2社がランクアップ | トラベルボイス

超良い航空会社なのに、激安。
ぜひ次から使ってみてくださいね。

【スポンサーリンク】

 

⑤ホテルはとにかく色んなサイトで比較する

先ほどは、飛行機のお話をしました。

今度はホテルを安くするコツ。
とにかく、色んなサイトを
比較してください!

いつ見てもこのサイトが一番安い!
ということは海外旅行にはないんです。

なので、とにかく色んなサイトを
調べてみてください!

僕がよく使うサイトは
・Expedia
・Booking.com
・agoda
・ホテルの公式HP
・APPLEワールド
ですね。

これを見ればとりあえず一通り
見たかなって感じ。

旅行会社に勤める僕が海外旅行へ行くときに
よく予約のために使うサイトはこちら▼
【海外旅行安くするために見るべきサイト】旅行会社員厳選。超お役立ちサイト11選!(ツアー・ホテル・飛行機など)

⑥物価の安い国を狙う

ヨーロッパ=物価が高い

そのイメージは確かに
間違いではありません。

ただ、一部を除いては。

ヨーロッパにも
物価が安い国が
あるんです!!!

国によっては、物価の安いと言われる
東南アジア並。

地域でいうと、東欧地域。
国でいうと
・チェコ
・ポーランド
・モンテネグロ
・ボスニアヘルツェゴビナ
・ウクライナ
などですね。

チェコはよく安い安いと聞きますし
ポーランドはしっかり夕食食べても1,500円で
済むし、モンテネグロとか日本のピザ屋さんの
Lサイズのピザと飲み物で8ユーロ。
ボスニアはもっと安くて、
主食の牛肉を挟んだパン・飲み物・
デザート・フライドポテト
食べて8ユーロくらい。

ホテルや交通費も安いので、
現地滞在費がすごく抑えれるので
こちらの国を選ぶって手もありますね。

モンテネグロとボスニアは
クロアチアのついでって感じなので
メインで行くならチェコとポーランド!

【スポンサーリンク】



⑦お得な乗り放題パスを使う(長期滞在用)

いわゆる乗り放題パスです!

青春18切符のヨーロッパバージョンと
考えてください。新幹線等は乗れず
基本鈍行の列車です!

長期で色んな国を回るなら
個別にパスを買った方が全然安いです。

ユーレイルグローバルパス
といった最大28カ国回れるものから
ジャーマンレイルパス(ドイツのみで使えます)
といった国に限ったパスまで。

詳細は気になる!という方は
公式HPをみてみてくださいね。

番外編 ユース料金を最大限使え!

日本は学割という素敵な制度がありますよね。

ヨーロッパの場合は、ユース
というシステムになり、学生に限定されない
若者が鉄道や美術館などのチケットが
安くなります。

12-27歳という規定もあれば
30歳以下という規定のところもあるので、
ぜひ行かれたい場所のユース料金を
調べてみてくださいね。

若いという理由だけで安いなら
行くしかないでしょ!!!!

ヨーロッパ旅行時に使うべき、旅行会社って?

僕はヨーロッパに行く際、基本的に
色々旅行会社に問い合わせを
するんですよね。

海外旅行って必ずこれを見れば安い!
というものがなく、その都度
比較しなければいけないので。

旅行会社の各サイトから
安いツアーを探して、1社1社
問い合わせのメールを送ってました。
手間ですが、背に腹は変えられないので…

ですが!!

こんな手間のかかることをしなくても
「タウンライフ旅さがし」というサイトを使えば
見積もりの依頼が一括でできるんです。
しかも無料で!

このサイトを使えばめっちゃくちゃ簡単…。
海外旅行の一括見積もりするならここから

▼進むとこんなトップページに。
f:id:tabascopotato259:20180803200929p:plain
ヨーロッパは陸つながりなので
いろんなところに行きやすい。

だからこそ「あそこも行きたい!
これも行きたい!ツアーだと、
行きたいところを回れきれない…。」
となりがち。

こちらなら下の画像のように
細かい要望までしっかり書くことができて
f:id:tabascopotato259:20180803201136p:plain

f:id:tabascopotato259:20180803201137p:plain

要望に沿ったプランで
見積もりが依頼できるので、
ぜひ使ってみてください!

すごいシステムがあるもんですね、、、。

もし夜お問い合わせをしたとしても
メールを希望をすれば、次の日の仕事中に
返事が来ていて、とっても楽。

なので夜のお問い合わせがむしろおすすめ!
入力項目多いかなあなんて思ったのですが
5分程度で出来たので、仕事帰りの電車の中にでも
ちょちょっと見積もり依頼してみてください♪

その他旅行を安くするためのテクニック

こちらからはヨーロッパ限らず
全般的に使える、安く行くための
テクニックの記事を紹介!

見なきゃ損!

①飛行機を安くする裏技は●●に
問い合わせすること!?
真相はこちら▼
【旅行会社員直伝】飛行機の席を安く手配するための裏技を伝授する。上級者編。

②衝撃!?海外ホテルを安くする方法!
【旅行会社員直伝】海外のホテル安く予約するためのコツ。

③クビになる覚悟で書いた
安くするテクニック総集編!
旅行会社社員直伝!海外旅行を安くするためのテクニック5選。 

まとめ

ヨーロッパ旅行の相場は
全てコミコミの15万円!

ここまで安くするための
テクニックは以下の7つ!

① 空港⇆ホテルの送迎は自力で
②行く期間から”夏”を外す
③早割を利用する
④中東経由の航空会社を使う
⑤ホテルはとにかく色んなサイトで比較する
⑥物価の安い国を狙う
⑦お得な乗り放題パスを使う(長期滞在用)

ぜひぜひ次回のヨーロッパ旅行に
生かしてみてくださいね!

以上、トラベルデザイナーのシンでした!

f:id:tabascopotato259:20180908004956j:plain