【超簡単】海外旅行の一括比較サイトはこちら
オセアニア

【節約術も】ニュージーランドの旅費ってどれくらい?元在住者×旅行会会社勤めが徹底解説!

「ニュージーランドに行きたいんだけど、大体の相場や予算が知りたい…!」

そんな方にぴったりの記事です。

しん
しん
どうも、ニュージーランドに半年住んで縦断した、現役旅行会社勤めのシン(@worldtips0106)です!

この記事では、
・元在住者
・37日間の縦断経験
・現役 旅行会社勤め(5年目)
の経験を活かして、ニュージーランドにかかる旅費とその節約術について、徹底的に語っていきます。

ぜひ最後までご覧ください。

充実した旅行のためには何日必要?

そもそも。

しん
しん
旅費の前に、どれくらいの日数があれば充実したニュージーランド旅行にできるか気になりません??

縦断して一通りの観光地を観光した僕がお答えします!!

ズバリ!!!!

最低休み6日間!逆に言えば、6日間あれば王道は回れます。

ニュージーランドらしい テカポ と マウントクックにどれくらいの日数を捧げられるかがキーになりますね。

6日間のお休みがあった場合は、以下のようなスケジュールを組めます。

ニュージーランドの南島 3泊版 おすすめルート※直行便のニュージーランド航空を使う前提です

●1日目 成田夕方出発 (18時なので午後半休だけで OKの可能性も! )
●2日目 オークランド到着してそのままクライストチャーチ
クライストチャーチ観光
【クライストチャーチ泊】
●3日目 クライストチャーチから テカポへ
テカポ観光&星空観光
【テカポ】
●4日目 テカポからマウントクックへ
トレッキング 2コースくらいは歩けます。
【マウントクック泊】
●5日目 マウントクック から クイーンズタウン へ。そのままオークランド に。
クイーンズタウンを軽く観光して、そのまま空港からオークランド へ
【オークランド泊】
●6日目 オークランド朝発 → 成田夜着

※4月23日時点でバスや飛行機の便を確認の上で、ちゃんと実現できるスケジュールです。

とお気づきかもしれませんが、かなりの弾丸となります。ニュージーランドの特性上(自然が多い)天気が悪いとホテルにこもりっぱなしになり、来た意味がない…。となることも。なので、なるべく長めに取れれば取って欲しい…。

だから、僕が推奨するお休みの期間は8日間。

そうすると以下のようなプランを組めます!

ニュージーランドの南島 4泊版 おすすめルート
●1日目 成田夕方出発 (18時なので午後半休だけで OKの可能性も! )
●2日目 オークランド到着してそのままクライストチャーチ
クライストチャーチ観光
【クライストチャーチ泊】
●3日目 クライストチャーチから テカポへ
テカポ観光&星空観光
【テカポ】
●4日目 テカポ終日観光
●5日目 テカポからマウントクックへ
トレッキング 2コースくらいは歩けます。
【マウントクック泊】
●6日目 マウントクック から クイーンズタウン へ
●7日目 ミルフォードサウンド 終了後 夜のフライトでオークランド へ
【オークランド】
●8日目 オークランド朝発 → 成田夜着

しん
しん
9日間の休みがもらえれば最強!

***

縦断して感じた絶対に行くべき都市は行かないと損!ニュージーランド旅行で外せない都市を縦断者が厳選。に書いたので、ぜひ決めるのにお役立てください!

南島旅行するのにモデルルートと必要な日数が記載されてます▼

縦断後の僕が語るニュージーランド南島の必訪スポットとモデルルート。ニュージーランドの良さや、素晴らしさは南島にあり。 そう、縦断して強く思いました。 前述しましたが、ニュージーランド...

個人手配 vs ツアー どっちがいい?

現役旅行会社勤めの僕がまず語ります。友達のニュージーランド旅行も手配したことがありますので参考になると思います!

結論から言うと、フリープランのツアー(ただ航空券とホテルがついているプラン)が安いことが多いです!その他のメリットも多い。

添乗員付きのツアーはやはりガイドの人件費も入っているので、とても高いです。それなら個人手配の方が絶対安い。やはり個人手配は、送迎を自分で安い手段を選べたりできるので、下手すると10万円以上安くなります

ニュージーランドは英語圏だし、治安もいいし、めちゃくちゃ旅行しやすい国で個人手配も全然問題ないのですが、やはり海外なので、トラブルはつきもの。

そういった時、相談役がいると嬉しいですよね。

個人手配となってしまうと「オーバーブッキング」などの飛行機やホテルなどのトラブルは航空会社やホテルがサポートしてくれることもありますが、「パスポート紛失」「盗難」といったトラブルは、自分で解決しなくちゃいけません。

ですが、旅行会社手配だと、大抵旅行会社が大抵仲介に入ってくれるので、楽。ミルフォードサウンドだったりのオプショナルツアー の手配も一括して行ってくれるので、支払いも一括だし。とっても楽。

個人手配とフリープランのツアーはそんなに値段が変わらないことが多いので
・海外旅行に慣れている方:個人手配
・海外旅行に慣れていない方:パッケージツアー
を選ぶと良いですよ!

個人手配のツアーの違いを徹底解説▼

【現役旅行会社員が徹底解剖】個人手配<パッケージツアー!?旅行会社で海外旅行予約する3つのメリット。 『海外旅行って、個人手配の方が安くて得でしょ!』 そう思って予約している方待ってください! 確かにそれは間違いではあ...

ニュージーランドの旅費はズバリ●●円!

ズバリ結論!

ニュージーランドらしいアクティビティ/滞在をすると大体安くて17万円〜が相場!

超切り詰めると10万円以下でも普通に行けますが、やはり航空券が安いと乗り継ぎ時間も長くなるし、玄関口となるオークランド滞在しててもニュージーランドらしさは感じられません。

なので、ニュージーランドらしいアクティビティ/滞在をすると という注意書きを入れさせていただきました。

てことで、プラン別の相場を以下に記載していきますね!

オークランドのみのプラン
※4泊6日/ホテル泊/2名参加時/3つ星ホテルで考慮

予算:17万円

往復航空券 10万円
宿泊代金:2万円
アクティビティ:3万円
※参加するアクティビティは、ワイトモ洞窟/ホビット/ワイヘキ島
現地代金:2万円(1日5,000円計算)
※食事や交通費、観光代金など

②テカポやマウントクックを巡る王道プラン
※6泊8日/ホテル泊/2名参加時/3つ星ホテルで考慮

予算:30万円

往復航空券:13万円(往復航空券10万円+オークランド〜南島の往復航空券3万円)
宿泊代金:6万円
現地代金:6万円(1日7,000円計算)
テカポやマウントクックはホテル数が少なく、宿泊代金が高いのです…!また、レストランでの食事になるので、ちょっとお高くなります。南島の各都市間のバス代金も含まれています。
アクティビティ:5万円
※参加するアクティビティは、テカポ星空観賞/マウントクックトレッキング/ミルフォードサウンド

なお、ハネムーンと大事な旅行で行くとなるとホテルのランクアップ等で5〜10万円アップする感覚でいると間違いありません!

しん
しん
やっぱり南島を入れると高くなるね…!

***ニュージランド縦断編***

1ヶ月かけてニュージーランド縦断すると、費用だったりはどうなるのか?ということを検証!

37日間かけての縦断の記録が以下の記事に全て凝縮されているので、よかったら読み物としてどうぞ。

縦断後の僕が語るニュージーランド南島の必訪スポットとモデルルート。ニュージーランドの良さや、素晴らしさは南島にあり。 そう、縦断して強く思いました。 前述しましたが、ニュージーランド...

***CM終わり***

じゃあ、なぜこのような値段になるのか、費用の内訳をパーツに分解して説明していきましょう!!

ニュージーランドの旅費の内訳って?

航空券

キャセイパシフィック航空

旅費の中でも1番高くなってしまう航空券。ニュージーランドへ就航している航空会社で一般的なものは、以下。メジャーなものをピックアップしています。

直行便:ニュージーランド航空
乗り継ぎ便:カンタス航空(オーストラリア経由)、フィジーエアウェイズ(フィジー 経由)、フィリピン航空(フィリピン航空)、キャセイパシフィック航空(香港経由)エアエアジア(マレーシア経由)

値段の相場は大体こんな感じになります!

ニュージーランド航空【NZ】 15万円
その他乗り継ぎ便 7〜10万円
NZのセール 8万円
LCC 7万円〜 ※超乗り継ぎ時間が悪いのでおすすめしません。

おすすめの航空会社▼

旅行会社勤めが厳選|ニュージーランド行きにおすすめの航空会社を3つ選んでみた! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「ニュージー...

宿泊代

YHA lake tekapoの外観そして、航空券の次にかかる宿代金。

ニュージーランドはホステルから高級ホテルまでしっかり揃っています!!

人件費が高いことから、やはり東南アジアのようにバカ安いということはありません。日本と同じくらい、いやそれよりちょっと高いと考えるとびっくりしないです。

ランク別に予算相場をまとめてみると、こんな感じでした▼

5つ星ホテル 1泊300ドル〜
3つ星〜4つ星ホテル 1泊120〜300ドル
ホステル 1泊30ドル〜

※ざっくりですが、1ニュージーランドドル=70円で考えると考えやすいです!

しん
しん
テカポ、マウントクックは宿が少なく、すぐに埋まっちゃうので、早めに予約するのおすすめ!

食事代

普通の旅行であれば、レストランやカフェで食事を取ることがほとんどかと思うので、その前提で書いていきますね。カフェ文化が根付いているので、カフェでお食事される方もほとんどかと思いますので!

…だがしかし、ぶっちゃけ物価が高いニュージーランド。

人件費が高いので、外食が高いのです…!どれくらいの料金になるかリストアップしてみました。

僕がよくニュージーランドで食べてたものをピックアップしてみました。友達に聞いてみると、他の日本人の方も同じような印象を受けたのでピックアップしました。

カフェラテ 1杯4.5ドル〜5ドル
ビールなどのアルコール 8ドル〜12ドル
日本食の丼 安いもの:12ドル 海鮮丼など高いもの:17ドル
ケーキ/マフィン 8ドル
ディナーのメイン料理 30ドル

朝食:15ドル(マフィン&コーヒー)
昼食:25ドル
夕食:50ドル(アルコール&前菜&メイン料理)

ホテルに泊まるなら朝食は節約できるかと思うので、昼食&夕食を考えれば問題なし!

アクティビティ

よりニュージーランドを楽しむには、やはりアクティビティ!!!!

それはそれはたくさんのアクティビティがあります。

世界の果てまでイッテQの珍獣ハンターイモトの旦那さん公開も、ニュージーランドのバンジージャンプだったのも記憶に新しいですね(笑)

アクティビティに参加せずしてニュージーランドを楽しめません。

人気アクティビティとその値段をいくつかピックアップしてみました!

バンジージャンプ 150ドル
スカイダイビング 300ドル
ラフティング 100ドル
ホビット村散策 300ドル ※オークランド発
ミルフォードサウンド 150ドル
しん
しん
やはり安くはない…。

おすすめのアクティビティを以下に記載するんで、ぜひ参考にしてみてください!

オークランド発:ワイトモ洞窟
テカポ発:星空観賞
マウントクック :日帰りミルフォードトラック

定番だけど、やっぱり参加するとさらに思い出にあるニュージーランド旅行になります。

レンタカー

ヒュンダイ サンタフェ

ニュージーランドって公共交通機関があまり発達していないんです…。

日本の田舎をイメージしてください…。

 

…それです!!!車がないと行動範囲がめちゃくちゃ狭まるんです…。

だし、ニュージーランドってふとした場所からみる風景がめちゃくちゃきれいだったりするんですよね。バスとかだと通り過ぎてしまうような絶景も、車なら止まってゆっくり見れる。

だからレンタカーを使うと最高の旅になるんです!!!!ニュージーランドは!!!

アメリカのように、キャンピングカーを使って縦断する人もめちゃくちゃ多いんですよね。日本人のワーホリ勢で南島中心でレンタカーしている方も数知れず。

余談ですが、ニュージーランドは日本車が多くて、右運転/左通行だから、かなり運転しやすい国なのです。ほとんどルールが変わりません。

と、ニュージーランドでレンタカーを借りるとどんなメリットがあるか説明できたところで値段に。

もちろん車種にもよるのですが、大体1日60ドル〜で借りることが出来ます。

そして、忘れてはいけないガソリン代。日本よりちょっと高いくらいで考えるとよいです。

僕は、Easyrentcarsさんを使って予約しました!レビューも興味があればぜひ。

【提供】Easyrentcarsを利用してマタカナにドライブへ!ニュージーランド(以下、NZ)という国は、車があってこそ、その魅力がさらに知れる場所。 今回のドライブを経て、確信しました。 ...

長距離バス

もしレンタカーを使わないようであれば、都市間移動は基本的にバスになります。

おすすめのバス会社はIntercity!観光で訪れるような大都市なら問題なくこれ使えば、移動が可能。

よく使いそうな路線をいくつかピックアップしますね。

・オークランド〜タウランガ:30ドル前後
・タウランガ〜ロトルア:15ドル前後
・ロトルア〜タウポ:20ドル
・タウポ〜ウェリントン:40ドル前後
・クライストチャーチ〜テカポ:40ドル前後
・テカポ〜マウントクック:80ドル前後
・マウントクック〜クイーンズタウン:180ドル前後

…と別々で予約する前提で書いてしましたが、お得なパスもあります!

縦断、と書いてしまったのですが、短期旅行でも全然使えます!パスの詳細についてはこちら▼

NZ縦断に必須!Intercityのフレキシーパスを徹底的に説明する。 Intercityのフレキシーパスを使って、ニュージーランドを縦断したい!だけどイマイチ概要だったり、使い方がピーンと来ていない…。...

ニュージーランド旅行の節約術

と内訳を理解いただいたところでお次は、節約術!!!

航空券を安くする

旅行代金の大部分を占める、航空券代金。

ここを安くすれば、だいぶ旅費を抑えられます。現役旅行会社勤めから、航空券を安くするコツを【まとめ】海外行きの航空券を安く予約するコツとは?からいくつかピックアップ。

・ニュージーランド発着する航空会社のセールをチェック
・日本各地の出発地を調べてみる
・直行便より乗り継ぎ便を選ぶ
・平日出発平日帰りを選ぶ
・早めに予約する

1つ1つ、ご説明しましょう。

・ニュージーランド発着する航空会社のセールをチェック
航空会社でいうと、ニュージーランド航空/ジェットスター航空/フィジーエアウェイズ/カンタスあたりのセールをチェックすると良いです。メルマガをとっておくと、いち早くチェックできるので、おすすめ!

・日本各地の出発地を調べてみる
成田/羽田線だけじゃなくて、関空線だったりも調べると意外に空いていることも!

・直行便より乗り継ぎ便を選ぶ
ニュージーランド航空ではなく、ジェットスター航空/フィジーエアウェイズ/カンタス航空を調べると安く予約できること多数!

・平日出発平日帰りを選ぶ
人が多く出発するところは、需要が高まり、高くなります。可能なら世間が仕事している時期をチェックしましょう!

・早めに予約する
航空券は基本的に席が減れば減るほど高くなります…!ぜひご予約はお早めに。

安くなる/高くなるシーズンって?

ベストシーズンの航空券が高くなり、閑散期の航空券が安くなります。

トレッキングやハイキング目当てで行かれる方が多いため、やはりベストシーズンは夏。ニュージーランドはご存知の通り、南半球になるため、日本と季節が逆になります。

夏は12〜1月 /  冬は 6〜8月 となるので、覚えておいてください!

しん
しん
ニュージーランドの夏は活気があるし、日が長いし、超楽しいですよ!日本みたいにジメジメしていないし、カラッとしてる暑さ!

宿泊代金を安くする

航空券代金の次に、高くなってしまう可能性がある宿泊代金。ここを安くするテクニックも伝授。

・ホテルのランクを下げる
・ホテルではなくホステルを選ぶ
・民泊【Airbnb】を利用する
・旅程から休日を外す
・早割で予約する
・様々な海外のホテルサイトを知る
→旅行
Booking.comカードを使って Booking.comで予約

の7つを駆使していただく感じ!

詳細は書くとかなり長くなってしまうので、海外ホテルを安くする方法7つを紹介!にてゆっくり読んでみてください!

Intercityのフレキシーパスを使う

ここは交通費の節約ですね!

前述したのですが、長距離移動の際にバスを使うとほとんどの場合、Intercityを使うことになると思います。

区間を別に買うと高くなってしまうので、お得なパスを買いましょう!!

英語表記になってしまいますが、感覚的に使えるので、全然問題ありません。

詳細記事をもう一度紹介▼

NZ縦断に必須!Intercityのフレキシーパスを徹底的に説明する。 Intercityのフレキシーパスを使って、ニュージーランドを縦断したい!だけどイマイチ概要だったり、使い方がピーンと来ていない…。...

スーパーの有効活用で食費を節約

ニュージーランドは物価が高いです。

小腹が減ったと、ファーストフードに行くとその高さに驚きます。

しん
しん
マクドナルドとかモスバーガー並みの値段w普通に高級品w

なので、そういう時のためにスーパーでナッツバーやフルーツ(キウイ、リンゴ、バナナ)を買うのがおすすめ。

キウイを買うと、カッター?(キウイを2つに切る機能)とスプーンが1つになっているニュージーランドオリジナルのグッズもついてるから、それもお土産になるし、ニュージーランドのお菓子も普通に美味しいから色々食べてみるとよいかもしれませんね。

おすすめのスーパーは
・pak’nsave
・CountDown
・NewWorld
の3つ!上からおすすめ順に並んでます!

現地ツアーをBookmeで予約!

現地に行くまでは知らなかったのですが…!

ニュージーランドのアクティビティは、Book.meが間違いないです。英語だけどめちゃくちゃ安い。

送迎がついているものの、「必要な人は自分で事前連絡してきてね!」みたいな感じで、手配は自分で英語でメールを送ったりする必要があるので、英語に苦手意識があるとちょっと厳しいかも…。

ギリギリで予約できるアクティビティもあるし、99%OFFで予約できたりするし!ニュージーランドに行く前にぜひチェックしてみて!

最高のニュージーランド 旅行に!

ということで、ニュージーランドの旅費について僕の知っている限りの情報をここに詰め込みました!

縦断して思いましたが、ニュージーランドは人も優しくて、自然もとても美しく、最高の国です。特に南島!なので、弾丸ではなく、しっかり時間をとってゆったりと現地の方に溶け込むような旅行をして欲しいのが本音。

少しでも参考になればとっても嬉しいです。

以上、トラベルプロデューサーのシン(@worldtips0106)でした!

ニュージーランド旅行に興味がある方におすすめ▼

縦断者が厳選!ニュージーランドでトレッキングすべきコース5選「ニュージーランドにトレッキングに行く!どのトレッキングコースがおすすめかなあ?」 とお思い方!ぜひこの記事を読んでくだせええ! ...
新婚旅行でニュージーランドへ行く方のためのバイブル。在住&縦断者が徹底解説します!「ニュージーランドに新婚旅行へ行こうと思っているんだけど…。右も左もわからない!」 そんなあなたにぴったりな記事がこちらです。 ...