【超簡単】海外旅行の一括比較サイトはこちら
アメリカ

アメリカのツアー担当が厳選する絶対行くべき5つの絶景!穴場&コツも紹介!





「あのスケール感の違うアメリカの絶景を見に行きたい!!!だけど詳しい人からおすすめを聞きたいな!どこなんだろう…。」

よくぞ、こちらの記事にたどり着いてくださいました!

しん
しん
どうも、元旅行会社勤めのトラベルプロデューサーのシン(@tabasco0914)です!

 

今回は、旅行会社でアメリカのツアーを担当をしていた、プロ中のプロをお迎えしました〜〜〜〜〜!!!(はい拍手)

おすすめの絶景だけでなく、旅行会社勤めの目線から絶景を回るコツをお届け!

ということで、最後までお見逃しなく!

ここからは完全にバトンタッチ!

***

どーも、Dです!

今回のテーマはアメリカ西部の絶景エリア グランドサークル!

アメリカ西部のツアー企画担当だった私にとって、このグランドサークルは大好き、かつ専門中の専門分野!

学生時代に一度軽く足を踏み入れてから虜になり、ガイド付きツアーで1周、キャンピングカーを借りて1周と、2回はクルクルッと回っちゃったほど!

恐らく、グランドサークルに興味があって検討中の方、ツアーではなくレンタカーなどで回りたい方、非常に多いと思います!

旅行会社の企画担当かつ、ツアーでもキャンピングカーでも回ったことのある私から、いろいろな情報をご紹介しますので、参考にしてみて下さい!

大自然が織りなすアメリカの絶景5選

①モニュメントバレー

モニュメントバレー

数々の映画やCMなどで利用されアメリカを代表する絶景のモニュメントバレーですが、ここの魅力は絶景の中で滞在できること!

他の絶景スポットでは、近くのホテルに泊まるとは言ってもせいぜい車で移動しないと景色を拝めない距離感なのですが、モニュメントバレーはビュースポット内にホテルが!
ホテルの外に出ればもう憧れの景色が目の前にあるんです!

そのため、絶景スポットでは欠かせない夕日、星空、朝日も思いのまま!

加えて、私が泊まった『ザ・ビューホテル』は絶景のど真ん中という立地!
360度とんでもない景色が広がり、当然お部屋からもしっかりと見ることができるんです。

また、いわゆるあの景色だけで終わらないのが、モニュメントバレーのもう1つのスゴさ。

ホテル発のジープツアーに参加すれば、より奥地にある数々の光景にも出会えるんです。

壮大な規模とその多彩さから個人的にNo.1な絶景スポットです!
行かないと損ですよ~!




②アーチーズ国立公園

アーチーズ国立公園

個性豊かな円形の石門がそびえるアーチーズ国立公園ですが、ここの魅力は、自分の足で歩き絶景までの冒険と達成感を味わえること!

他のスポットは、観光地として整備され、観光客も多く、駐車場に車を停め少し歩けば割と簡単に絶景を見ることができます。

しかしながら、アーチーズ国立公園では駐車場から絶景までの道のりがガッツリ!

トレイルと名前は付いていますが、全く整備などされていない自然のままの道を歩いて目的地を目指します。

中でも、一番有名なデリケートアーチはアップダウンの激しい片道45分ほどのトレイルを歩いてやっと見ることができる光景。

もはや観光では無く冒険。
ありのままの自然ばかりの景色の中どんどん歩を進めていく興奮とアーチを発見したときの達成感は本当にたまらん。

拠点になる街からも遠くアクセスし辛いところですが、無理してでも行ってよかった!
そんな満足度の高いスポットです!

アーチーズ国立公園

③ブライスキャニオン

ブライスキャニオン

日本ではあまり馴染みのないブライスキャニオン国立公園ですが、2度美味しい穴場の絶景としてぜひ候補に入れて頂きたい!

まずは、上から見下ろした時の光景!風や水の浸食によって、なんとも不思議な形に抉られた石柱が無数に並んで、他とは異質で面白い!

上からの景色を堪能したら、次は谷底に下りてみましょう!
実はこの国立公園、なんとも珍しいことに谷底まで手軽に下りられるトレイルが整備されているんです!

奇岩・巨岩がゴロゴロの中を歩き回ったり、石柱の間近から見上げてみたり…。色んな角度から楽しめるのが魅力!

こちらも拠点の街から距離がありますが、ぜひ立ち寄ってみて下さい!

ブライスキャニオン

④グランドキャニオン

グランドキャニオン

既におなじみなので、グランドサークルに行くのなら間違いなく立ち寄るとは思いますが、

断言します。

グランドキャニオンは何度でも来たくなる、いや何度でも来るべき国立公園です。

私はもう3回ほど行きましたが、毎回感動しちゃってますもん。

なんたって他の絶景とはスケールが桁違い!壮大すぎて言葉を失います。

谷底までは1,000m超。

東京スカイツリーなんかが、すっぽり入ってしまう規模。

これが河川の浸食でできたんですから、地球の歴史ってすごい…。

列車が走ってたり、いろんな動物を観られたり、時間帯やビューポイントによってもいろいろな景色を見せてくれるので、日帰りではなく、ぜひ宿泊して奥深くまで堪能すべきスポットです!

グランドキャニオン

⑤ホースシューベンド

ホースシューベント

最近では定番となり、私の勤め先では女子人気No.1の絶景、ホースシューベンド。

空とコロラド川の青、大地の赤のコントラストがめちゃきれいなんですよね!

写真でとんでもないインパクトを残すホースシューベンドですが、個人的にはこここそ(写真では伝わらないという意味で)行くべき絶景No.1だと思っています。

なぜなら、迫力と恐怖がガッツリ伝わるから!

上記でご紹介したグランドキャニオンは規模が大きすぎて感動が勝つんですが、

ホースシューベンドで感じられるのは感動に加えて恐怖。

崖は落差300mほどで、基本的に柵無し。

ちょっとバランスを崩そうものなら、あっという間に真っ逆さま。。

このリアルな高さが恐ろしくて本当に足がすくみます。

ただ、残念なことに年々落下する観光客が続出しているようで、現在柵を建設中。

まだ全てを囲われているわけではないので、

場所によってはギリギリのところまで歩を進めて写真を撮ることもできますが、

もう時間の問題かも。。

紹介はしてませんが、定番のアンテロープキャニオンに近く一緒に巡ることができるので、ぜひこの恐怖も体感してみて!




お得&効率よく回るコツ!

日本発着の行程から考えよう!

ラスベガス ストリップ

グランドサークルへの旅で拠点となるのは基本的にカジノの街「ラスベガス」(後程、上級者向けの裏技もご紹介します!)。

中央に位置するグランドキャニオンまでは車で5時間ほどのラスベガスですが、ここからツアーに参加したり、レンタカーを借りたりで絶景エリアへ移動し、その周辺で宿泊。数日後にラスベガスまで戻ってくる行程が一般的。

全体の旅行日数が7日間の行程の場合、日本~ラスベガスの往復で3日はつぶれてしまうので、絶景の観光に充てられるのは、最大で3泊4日間。

このように、旅行日数-3日という考え方で、絶景の観光に充てられる時間がどれくらいあるのかを明確にしましょう!

どんな組み合わせで回る?

上記でおすすめしたスポットは、実はほんの一部。

今や大人気の「アンテロープキャニオン」や、少し足を延ばせば米国随一のパワースポット「セドナ」など、立ち寄るべきスポットはたくさん!

ただ、グランドサークルは本当に広大で、1つ1つの距離もなかなか大きい。。

そこで、観光日数別、ラスベガス発着で周遊可能な定番の組み合わせを紹介します!

ちなみに、下記は現実的に動ける組み合わせなので、下記以上にスポットが盛り込まれたツアーは集合時間が早すぎたり、観光の時間が短かったりと何か理由があるはず!

内容は細かく見たほうが良いですよ!

・1日(日帰り):グランドキャニオンのみ⇒≪A≫
・1泊2日:≪A≫+アンテロープキャニオン+ホースシューベンド⇒≪B≫
・2泊3日:≪B≫+モニュメントバレー⇒≪C≫
・3泊4日:≪C≫+ブライスキャニオン⇒≪D≫
・4泊5日:≪D≫+ザイオン国立公園⇒≪E≫
・5泊6日:≪E≫+アーチーズ国立公園

ツアーで行く?レンタカーで行く?

ラスベガス発着のツアーとレンタカー(キャンピングカー)の両方を経験した上での、メリット・デメリット、そして選ぶ基準をまとめてみました!

ぜひ参考にしてみて下さい。

ツアーで行く場合
⇒手軽・安心・安全を求める方、旅行日数が短い方(5~6日間)、ハネムーンなど大切な旅行の方はこちら!

◆メリット
・効率よく色んなスポットを観光可能
絶景に関するお話を聞きながら車に揺られていれば色んな絶景に出会える手軽さが◎
早起きと長時間の移動が続き、正直ハードな数日になりますが移動中に睡眠時間を確保できるのがうれしい!

・アメリカを知り尽くしたガイドが、トラブルも即座に解決
グランドサークル周辺の道路は、路面の亀裂や凍結、事故での通行止めなどトラブルが日常茶飯事。また、渋滞や観光地自体の混雑状況もその時々で様々。リアルタイムの情報から迂回路の設定、スケジュールの調整が行われ、大きな問題や時間のロスを回避してくれます。

◆デメリット
・やっぱり高い…。
人気の2泊3日ツアーなどになると一人あたり10万円ほどになるなど、割と固まった金額が必要になるのは否めません。商品が高い時期はあっても、安い時期やセールなどはごく稀にしかないので安く手配するのは難しい、、
※英語ガイドのツアーは多少料金が落ちるので、検討してみてもいいかも!

・それぞれの観光地での滞在時間は短め
無理のないスケジュールでも内容はガッツリ詰め込まれているものが多く、サクサク観光して終わればすぐに次のスポットへという流れ。お土産をゆっくり見たり、余韻を楽しんだりはしづらい面があります!

レンタカーで行く場合
⇒安さ・自由を求める方、事前準備が苦にならない方、旅行日数が長めの方(7日間以上)、3人以上のグループの方はこちら!

◆メリット
・大幅に安く観光可能!
例えばツアーと同じような行程の2泊3日なら、レンタカー(通常の乗用車)+ホテル代として、ツアーの半額程度で手配できちゃいます。

・寄り道・居残りなんでもあり!
目的の絶景スポットはもちろん、車で走る中で見かける名前のない絶景やアメリカンな田舎町はレンタカーで行く者だけが楽しめるもの。想像以上に色んな経験ができるはず!

◆デメリット
・事前準備から運転まで相当な手間が…!
観光スポットやルート、ホテル選び、手配、現地での手続きや運転など、当然全てが自分自身の責任。観光と運転の繰り返しでなかなかハードになりますよ!

・トラブル対応と時間のロス
通行止めにつかまったり事故を起こしてしまうと、観光に支障が、、
※実際、キャンピングカーでは接触事故に合ってしまい、3~4時間は時間のロスが生じてしまいました。。

 

レンタカー利用の場合のコツ

レンタカーで行く場合は、事前のスケジューリングとルート設定がマスト!

コツをまとめてみました!

・朝日鑑賞と夕日鑑賞を念頭に置く
朝日と夕日の絶景は欠かせないですよね!日の出、日の入り時刻は事前確認のもと、その1時間前に到着しておくのがベスト。

日中は移動⇒日の入り前にA地点着、夕日鑑賞、宿泊⇒朝日鑑賞⇒B地点へ向けて移動 の流れを意識してスケジューリングしてください。

・移動時間が3時間を超える場合は長めに見積もる
休憩、給油、寄り道などなどなんやかんやで移動には時間がかかっちゃうものですGoogle Mapなどで2点間の移動時間を算出してくれますが、3時間を超えたら1.5倍くらいに見積もって余裕のあるドライブを心がけて!

・グランドキャニオンを後半にすることで満足度UP!
感動が大きいのはやはりグランドキャニオン。行程の後半(最後)に組み込むと感動が一層強まるかと!

キャンピングカーは安くない?

個人的には大満足で終えたキャンピングカーでのグランドサークル周遊ですが、予想外だったのがトータルで考えてみると大幅に安くはなかったこと。

確かに、自炊もできホテル代も節約できるんですが、キャンピングカー自体のレンタル費が高く、燃費も悪いのでガソリン代がかさむんです。

もちろんキャンピングカーでの旅は最高ですし、その経験のためにそれだけのお金を払う価値は間違いなくあると断言できます!

しかしながら、単純に「旅費が安く済みそう」と考えるのであれば、それは間違いかも。

広いとは言えない車中泊でそれなりの金額を払ったと考えれば、乗用車+ホテル滞在で同料金の方が快適な可能性もあったり。。

レンタル日数が5日以上かつ、人数が6人以上でなら節約の意味でもキャンピングカーを使う意味が出てくると思います!

フラッグスタッフを効果的に使え!

最初に書いたように、グランドサークルの拠点 = ラスベガス が一般的。

ですが、もっと効率よく周遊できる裏技が・・・

それは拠点を「フラッグスタッフ」に置くこと!

フラッグスタッフとは、グランドキャニオンまで車で1時間30分ほどの田舎町。そう、ラスベガスよりも3時間以上早く絶景にアクセスできるんです!

日本からフラッグスタッフへは、アメリカ1都市経由でのアクセスなので、ラスベガスと全く同じ条件。(実は最近定期便の運航が開始された模様!)

自然との対比としてラスベガスを拠点に楽しむのはもちろんアリ!

でも、レンタカーで絶景のみを満喫したい場合は、フラッグスタッフ以外にあり得ないですよね!

まとめ

いかがでしたか??

今回は、アメリカの絶景の宝庫グランドサークルのおすすめスポットと、お得&効率よく旅するコツをご紹介しました!

定番のグランドキャニオンや穴場的なブライスキャニオンなど、

今回ご紹介したおすすめの絶景以外にも魅力的な場所はたくさんあり、回り方は自由自在!

「安心安全な現地発着ツアー」か「リスクはあるものの安く自由なレンタカー」かは皆さんそれぞれに合ったスタイルで決めて頂き、レンタカーで自由に回る場合は、事前準備やスケジューリングが肝になります!

検討中の皆さんの参考になり、より多くの方に絶景尽くしの旅を楽しんで頂ければ幸いです!

ランク別|プロが厳選!おすすめのラスベガスのホテル10選 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「ラスベガス...
プロが厳選するアメリカひとり旅におすすめな3都市とは?安くするコツも! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「なにもかも...