【超簡単】海外旅行の一括比較サイトはこちら
ヨーロッパ

【2016年10月版】オーストリアへ行くならここへ!世界一美しい湖畔の街「ハルシュタット」

f:id:tabascopotato259:20180811150110j:plain




世界一美しい湖岸の街、ハルシュタットを徹底解剖します!

オーストリア中部にあるハルシュタット。

ヨーロッパを20カ国以上行った僕ですが、ここは死ぬまでに行かなきゃ絶対に後悔します。

オーストリアへ行ったら
絶対に行ってください:D

普通の旅行でももちろん良いですが、ハネムーンでも行くにもふさわしいこの世界遺産。

早速紹介していきたいと思います♪

ハルシュタットへ行きたいと思っている人へ届け!!!

〜合わせて読みたい〜
【オーストリア旅行検討中の方必見】オーストリアはウィーンだけじゃもったいない。 
2016年10月版【ウィーン旅行者必見】これ読めば立ち見マスター♪ウィーンのオペラ座立ち見を徹底解剖。 

オーストリア/ハルシュタットへの行き方

f:id:tabascopotato259:20170129134445j:plain

自分でもこんな写真が撮れます。天気悪いのはご愛嬌。

f:id:tabascopotato259:20170124164938p:plain

①:ザルツブルグ
②:ハルシュタット
③ :ウィーン

※書いてて気づいたのですが、上の3つ全部世界遺産!

大きく二つの方法があります。

西にあるウィーンから行く方法。(上の図でいう③から②)
もしくは
東にあるザルツブルグから行く方法。(上の図でいう①から②)

順に説明していきたいと思います。

【スポンサーリンク】



ウィーンから行く方法

ウィーンから行く方法にも大きく2つ方法があります。

①オプショナルツアーに参加する
②電車(1回乗り換え)でハルシュタット駅へ→船に乗って対岸へ

となります。

①オプショナルツアーに参加する

一番簡単な方法です。

ベルトラのウィーンから行くオプショナルツアーだと価格が約30,000円。

確実に行けるし、楽なのです。何も考えずに待ってれば着くので。安心・安全という価値が価格に含まれているため、お高めです。適正価格だと思います。

お金に余裕がある方はこちらへ!

②電車(1回乗り換え)でハルシュタット駅へ→船に乗って対岸へ

先ほどのツアーは30,000円でした。自分で行けば、往復で約10,000円前後でおさまります。(交通費のみ)

実際の行き方はこちら。

これがちょうど良いと思う時間を紹介します。

————————————

■行き■
ウィーンマイドリング駅(ウィーンの南西にある駅)8:02発
↓RJ662
アットナングプッフハイム駅(Attnang-Puchheim)9:58着
乗り換え
アットナングプッフハイム駅(Attnang-Puchheim)10:11発
↓RE3412
ハルシュタット駅11:24着
船で対岸へ。30分に一回くらいのペースで出ています。

□帰り□
ハルシュタット駅15:07発

アットナングプッフハイム駅(Attnang-Puchheim)16:44発
乗り換え
アットナングプッフハイム駅(Attnang-Puchheim)17:00着

ウィーンマイドリング駅18:58着
———————————–

切符の買い方が分からない場合はとりあえずアットナングプッフハイム駅まで買っておいて乗っている時に回りに来た車掌さんからハルシュタットへの切符に買いたいです!と言えば問題なし。その場でチケット買い直しできます。

ハルシュタット駅は無人駅なので、ウィーンに戻るときは完全に車掌さんから買う形となります。

異国の地で乗り換えできるか心配…という声が聞こえて来そうですね。

大丈夫です。

東京より乗り換え面倒なところは
ヨーロッパにありません。(断言)

電車の時間を確認するならヨーロッパ旅行に使える最強鉄道アプリがおすすめです!オフラインでも使える優れもの。

日本でインストールして行ってくださいね。

ザルツブルグから行く方法

次にザルツブルグから行く方法をお教えしますね。

こちらは4つ方法があります。

①オプショナルツアーに参加する
世界遺産ハルシュタットと湖水地方 1日観光ツアー<往復送迎可/ザルツブルク発> 
②電車(1回乗り換え)
③バス(1〜2回乗り換え)
④バス+電車

この中でも僕が経験して、特にオススメな③の方法をお教えします♪

バスからの風景がスイスみたいでとても良かったので。

バスでの行き方。

ルートは

ザルツブルグ
↓(1時間)
バードイシュル
↓(1時間)
ハルシュタット

となります。帰りも一緒です。

ザルツブルグの中央駅前に
大きなバスプールがあります。

便名はBUS150なので、
その時刻表は前日に
チェックしておきましょう♪

チケットはバスの中で購入です。
購入すると、このようなチケットがもらえます。(10.60ユーロ)

f:id:tabascopotato259:20170129135233j:plain

バードイシュルのバスプールがすごく小さくて
5台くらいしかバスは入れないような場所だったので
乗り換えも簡単でした。迷うこともありません。

心配な場合は、バスの運転手に
ハルシュタット?って聞いたら
うん。て答えてくれます。

着く場所はハルシュタット目の前!

乗っている間のバスからの景色も良いし、
すぐ観光出来るので、やっぱりバスで行くことがオススメ!

ハルシュタットのおすすめ観光地

ハルシュタットはとても小さな街なので、
半日いれば十分です。

事前に知っておくべきポイントはこちら▼
・狙い目は朝〜昼!
→あの景色が一番綺麗なのは昼〜夕方。

・泊まることも出来るがホテルも少ないかつ
ホテル代金も高いので、宿泊せず、半日観光が◎

・観光案内所があるのですが、そこで
キャリーケースなど大きな荷物も預かってくれます。
時間制限無しで3ユーロでした(2016年10月の情報)
※取りに来る時間を聞かれます!

では、ハルシュタットへ行ったら訪れるべきおすすめの観光地を次に書いていきます。

①ハルシュタット 旧市街

これはそのままですね。
とてもヨーロッパらしい町並みが広がります。

コンパクトなので、1〜2時間で観光可能。

f:id:tabascopotato259:20171011014007j:plain

可愛らしい町並みで女性は大喜び間違い無し!

f:id:tabascopotato259:20171011014017j:plain

②マルクト広場

f:id:tabascopotato259:20171011014216j:plain

バス乗り場から歩いて約10分歩くと
広場があります。おしゃれなマルクト広場。

ここにはハルシュタット湖で
取れたニジマスの塩焼きが
食べれるレストランもあるので、
もし時間があったら行ってみてくださいね。

他にも塩抗や納骨堂や
世界遺産展望橋などありますが
行かなくて問題ないです。

この2つに時間を費やした方が
絶対に良いと断言します。

ハルシュタット プチ情報

実際に行った僕からプチ情報を2つほど。

①お土産は塩製品がオススメ

昔は塩の街だったので、お土産やさんに
塩製品があります。

食品に使うものからバスソルトなど
たくさん売っています。

値段も8ユーロ程度などなので、
バラマキ土産には最適!

オーストリアの塩の場バスソルトなんて
プレゼントしたら女性にも
喜ばれるかもしれないですね。

②片道は電車を使うべし!

電車を使うとなると
対岸にある駅へ船で移動する必要があります。

船に乗って、ハルシュタットが
遠ざかっていく景色はまさに
いとをかし。

とっても良かったです。
片道は電車を使って、船から
遠ざかるハルシュタットを眺めましょう!

絶好の観光スポット、ハルシュタット。

実際に行ってみて、かなり行きにくさは
ありますが、行く価値が絶対にあります。

なんせ世界一美しい湖畔の街ですからね!

オーストリアに訪れた際は
行ってください!

以上、トラベルプロデューサーのシン(@tabasco0914)でした。

▶︎ヨーロッパ旅行の旅費を安くする方法はこちらから

【ヨーロッパ旅費の相場が分かる】5回行ったヨーロッパ旅行の料金を公開してみた。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「さあ次...