【超簡単】海外旅行の一括比較サイトはこちら
旅行会社員直伝テクニック

出発ギリギリで席って空いているものなの?現役旅行会社勤めが疑問を解決!

「急に休みが出来た!せっかくだし
海外に行きたいんだけど、出発
ギリギリって飛行機の席って
空いているものなの!?」

そんな疑問を現役旅行会社勤めが
解決!てな記事になっています。

簡単にいうとギリ割
ってやつなのですが、この仕組み
とか、その仕組みを知っていただき
実際どういう時が空いている確率が
高いのか、みたいなことを
徹底解剖していければ、と!

会社員の方だと、なかなか休みが確定せず、、、急に休みが出来た!

なんて方も少なくないかと
思いますので、ぜひ!!!

最後までお付き合いくださいまし。

出発ギリギリで飛行機の席が空いている…?

結論からいうと、

日によってしまうけど
空いている可能性も
十分ある!!!!

という、ふわっと回答。(笑)

行きも帰りも平日だったりの他の人が旅行に行かなそうな日程なら安い席なら空いている可能性がめちゃくちゃ高いのですが、休日や3連休の場合は安い席が空いている可能性は、極めて低いです・・・けど、ゼロではありません!!!!

と、いうことで、なぜゼロではないのか
ギリ割の仕組みを説明しながら
書いていきましょう。

【スポンサーリンク】



ギリ割の仕組みを説明!

旅行会社がツアーに使っている席には
大きく2種類あります!以下のもの。

①あらかじめ航空会社側から買い取っている席
(いわゆる在庫にあたるもの)
②ツアーの問い合わせを受けたら
都度システムを使って空き状況を
問い合わせて空いてたら確保する席
(取り寄せみたいな。)
※ちなみに上記システムはINFINI
Amadeus、だったりがあります。

んで、出発日ギリギリで空いているとしたら
①の席なのです。

いわゆる、在庫が売れない状態。

旅行会社も、航空会社との関係があるので
席を一席でも多く売らなきゃいけません。

なので、売れないよりは
”売る”という事実を作るために
利益を削りまくって販売する。

出発が近いのに、ギリギリで
予想だもしない料金のツアーが売り出される!

これがギリ割の仕組みです。

ちなみに、②の席が出発ギリギリで
空いている可能性はあまりないかなあ。
という感覚。僕の肌感ですけど。

当然、ギリギリでキャンセルも出る可能性もあるので
問い合わせたタイミングで空くってこともあります。

ちなみに、、、

・キャンセル料がかかる
もしくは
・キャンセル料が上がる(20%→50%)
タイミングでキャンセルが出る可能性が高まります。

旅行会社によってキャンセル料の
発生期日の規定が変わるので
そこを確認しながら、上記タイミングで
問い合わせすると、席が取れる可能性も
上がるかも!

スムーズに飛行機の席が取れる日程とは?

おまけ情報ですが、、、

以下のツイートが反響がありましたので
紹介させていただきますね!

 

とはいっても、ギリギリでも
席が空いていることは
もちろんあるので!!!

あきらめず、問い合わせしてみてください!

急に休みが取れてもあきらめないで!

と、いうことで、この記事で言いたいのはただ1つ!!!

急に休みが取れた!けど
飛行機の席が空いていないだろうなあ。

とあきらめないでほしい!

ってこと!

まず休みが取れたら問い合わせる!

空いていなかったらキャンセル料が
かかる/上がるタイミングで再チャレンジ!

という形で調べてみてください。

「相場がわからない!からどこに行っていいかわからない!」なんて方は【海外旅行の予算】海外旅行にかかる費用を予算別に国・地域で分けてみた。をみて見てください!

ってことで、この記事はこの辺で!

以上、トラベルプロデューサーのシン(@tabasco0914)でした!