【超簡単】海外旅行の一括比較サイトはこちら
5つ星ホテル

【カップル コンラッド東京 宿泊記】12他の高級ホテルと徹底比較しながらレビュー!

5つ星ホテル巡りもあっという間に13軒目!

コロナで海外で行けなくなり、都内の5つ星ホテル制覇を目指し、はや5ヶ月。今回は、汐留にあるコンラッド東京に宿泊してきました!

しん
しん
…申し遅れました、現役旅行会社勤め&旅ブロガーとしての裏の顔を持つしん(@worldtips0106)です。

系列ブランドであるヒルトンお台場や他の5つ星ホテルも宿泊した上での宿泊記なので、良くも悪くも真実を告げられると思います(笑)

ってことで、現役旅行会社勤めによる、ホテルレビュースタート!

あ、最後に僕がいつも5つ星ホテルを予約するお得なサイトもご紹介しているので、ぜひお付き合いください〜!

コンラッド東京の概要

まずは、「コンラッド東京ってそもそもどんなホテル?」と思う方に、コンラッド東京の概要をご説明しますね。

コンラッド東京の概要はこちら▼

住所 〒105-7337 東京都港区東新橋1-9-1
チェックイン/アウト 15:00 / 12:00
客室 全291室
レストラン&バー ・コラージュ(モダンフレンチ)
・セリーズ(オールデイダイニング)
・チャイナブルー(モダンチャイニーズ)
・風花(和食)
・トゥエンティエイト(バー&ラウンジ)
フィットネスセンター&プール あり
無料WiFi × 有料 or 無料会員登録必須
駐車場 あり
クラブラウンジ あり

コンラッド東京は、ヒルトングループの最高級ブランド。ヒルトングループは、他のブランドでいうと、ヒルトンが有名かな!

実際に泊まってみて思ったのが、客室やレストランなど天井が高い空間が多く、開放感がどこにいても感じられるホテルだな、ということ。ただ、ちょっと詰めが甘いかなって感じ。

童顔なので結構足元をみられるのですが(笑)、レセプションの方が5つ星らしからぬ対応してきたり。シャワールームの清掃が甘くて、ちょっと清潔感に欠けるレベル。

フォーブス・トラベルアワードが5ではなく、4スターなのも納得でした。

なので、上級のエグゼクティブラウンジを使わないのであれば、コンラッド東京は限りなく4つ星に近い5つ星と認識した方がよいです。

今回の旅情報

…とホテルの概要をご理解していただいたところで、今回の旅情報をお届け!

プラン名:【至福の特典付】ステイケーションプラン(朝食付)(WiFiが無料、レイトチェックアウト、アーリーチェックイン、レストランメニュー15%割引)
金額:35,340円
宿泊したカテゴリー:シティルームキング (ダブル)
予約サイト:一休.com
旅のお供:彼女さん

…とカテゴリー名をただ書かれても、全然意味が分からないですよね…ということで、エディションのルームカテゴリーの説明をさせていただきます!

シティルーム ダブル/ツイン(48㎡)←予約&宿泊したのはここ
↓眺望のみの変化です
ベイビュールーム ダブル/ツイン(48㎡)※レインボーブリッジをはじめとした東京湾や浜離宮をお部屋から見ることができます。

ベイビューキング ピュアウェルネスルーム(48㎡)
高性能の空気清浄機がつきます。
※スイートのお部屋は省略します。

この前に東京タワーからレインボーブリッジ、お台場方面を一望できるエディションに泊まったので、特にランクアップさせることなく、シティビュールームへ。

最初に結論を言いますが、眺望が超微妙なので、コンラッド東京に泊まる時は、最低でも、ベイビュールームにするのがおすすめです…!

シティビューって無理やりで、特徴のない高層ビルが目の前に見えるだけなので(笑)

と宿泊情報もお伝えしたところで、お次は本題の宿泊記!

では、いってみましょう〜〜〜!

コンラッド東京 シティルーム徹底レビュー!

最寄り駅からチェックインまで!

最寄り駅はゆりかもめ駅 汐留駅!徒歩1分なので、絶対に汐留駅がおすすめ!

駅の看板にもコンラッド東京の記載が!
進んでいきます

出ると、以下のような看板があるので、まっすぐ進みましょう。

1分程度で到着です!

ここから入るとすぐに1階のレセプションフロアがありまして、ここで予約名を言って、キャリーケースを預かってもらえました。

1階のレセプション

てことで、以下の通路を渡ってレセプションへと進みます▼

1階フロア。
1階の時点で、体温検査とアルコール消毒コーナーが!
エレベーターフロア!
エレベーターの内装。適度なゴージャス感。
28階のレセプションへ!
内装はウッディでおしゃれな感じ。

てことで、レセプションフロアに到着!!!

天井が高くて、開放感あり!ただ、他のホテルとそこまで変わりないかなあ。って感じ。

マンダリンオリエンタルとか、フォーシーズンズ 大手町、アンダーズ東京、東京エディション虎ノ門も、同じくレセプションの天井が高いのでおすすめです!

後ろを振り返ると、アート作品が!

パークハイアットにもあった、越前谷嘉高氏の作品。「水と歴史」をイメージしたそう。

浜離宮をイメージして作られたアート作品が配置。眺望で見えるものをイメージとした作品を置くとかなんてオシャレなんだ…。

エレベーターホールから見える浜離宮▼

皇居とはまた違ってとてもよいですよねえ。後ろに見える東京湾やレインボーブリッジとの対比もなんともをかし。

エレベーターホールと、レセプション全体はこんな感じです▼

レセプション全体
コンシェルジュスペース

今回は、WiFiやレイトチェックアウト、朝食が含まれているプランだったので、その案内がなされました。

キャリーケースは、1階の時点で渡していて、お部屋に直接お届けいただけるとのこと。

てことで、チェックインも終わったことだし、お部屋へ向かいましょう。

ブティックショップ

エレベーターホール。

和な装飾。屏風のようなもの。

1階のレセプションからこのエレベーターフロアまででも、コンラッド東京は、多数のアート作品を配置しており、美術館のようでした。

開ける/閉めるのボタンが記号?マークじゃなくて、英語なのが、ちょっと新鮮。

▲35階のエレベーターホール。濃い茶色の感じが僕好み。じゅうだんも、和っぽくて、日本にいる実感が沸きますね。外国人の方にウケがよさそう。

▼客室フロアの雰囲気は先ほどとガラッと変わります。黒く、シックで落ち着いていて、かっこいい。

 ▼てことで、今回はエレベーターすぐ横のお部屋3324でした。先に書きますが、エレベーターの音がうるさくて…みたいなことは一切ありません!ビジネスホテルとかだと結構ありがちですが、そんなことなかったので、もしエレベーター近くになってもご安心を!!

 カードキーは、左部分に差し込んで使う式でした◎!

では、お部屋のレビューに移りましょう!

お部屋を徹底レビュー!景観もチェック!

まずは、お部屋全体の雰囲気を掴んでいただきたいので、まずはルームツアー動画をご覧ください▼

全体図や雰囲気を掴んでいただいたところで、お部屋のチェックへいきましょう!

まずは入り口から、後ろを見た図。ウッディ調のドアがとても雰囲気があって好き。重厚感があって、高級感があります。

▼結構これって覗いてるのバレますよねwこういう小さな気遣い嬉しい僕です。細部にこだわってこそ、高級ホテルだなあと思う。

▼ドアを開けると見える景色。高級ホテルにはよくあるレイアウト。シャングリ・ラ、ヒルトンお台場、ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町とかがこういうレイアウトでした。

ドアが入ると見える景色

左手に見えるクローゼットの中身から見ていきましょう。

左には、金庫や傘。5つ星ホテルの定番グッズはしっかりと揃っていました!

金庫とシューケアグッズ

右には、アイロン台やアイロン。下には引き出しがありました。

引き出しの中にあるパジャマ
横にはスリッパも。

▼スリッパはフッカフカ。安定で嬉しい。

フッカフカのスリッパ
しん
しん
フカフカのスリッパを履くと、5つ星ホテル来たなあ、って実感が密かにわきます…!

てことで、クローゼット内のチェックは一通り終わったので、次はベッドルームをチェック!

お部屋全体

広々としたお部屋。天井が高く、窓が高いので、とても開放感のお部屋だなあ。というのが、第一印象!

白を基調として、重厚感のあるウッディなインテリアがアクセントとなり、とてもおしゃれ。ベッド際の壁と絨毯に描かれた桜?が日本色に彩っていてとてもいい。

▼他の3つの隅から撮影した写真。

では、順に見ていきましょう!

まずは、ベッドの枕元。ライティングが和洋折衷な感じで、とてもいい…。

コンセントとライトのスイッチ。ここは安定ですね。

安定の聖書。どこもかしこもなんでここに聖書あるんだろw

▼お次は、ベッドをチェック!

 他の5つ星ホテルと比較すると、ちょっと横幅が狭いかなって肌感ですが、感じました。

とはいえ、彼女さんの2人で寝ても全然問題ない大きさ!マットレスの硬さもちょうど良くて、寝返りもあまり響かないものでした。よかった〜!

 ベッドの壁には、鳥。絵じゃなくて、立体!こういう細かい遊び心あるのほんといいなあ。と思います。

▼プレゼントされるコンラッドベアとアヒル。

シーズンごとにデザインを変えて、ファンを作るのかなあなんて曲がりまくった考え方しかできない僕でした(笑)とかいうけど、コンラッドベアは可愛いなと思った!

ベッドのお次は、向かい側にある、テレビ&ミニバースペース!

ベッドの向かいにあるスペース

奥には、荷物置きスペースもちゃんとありました。

では、このミニバーコーナーの詳細を細かくチェックしていきましょう!まずは上から。

上から!コーヒーメーカーと水と、湯呑み。
カプセルも3種類設置

この辺は安定のラインナップかな!

下の部分を開けると…素敵過ぎる収納。

ここにミニバーが一通り揃っています。

ウイスキー関連
ウイスキー関連の上にはお菓子類
お菓子類の右にはコーヒーカップ
そして、その下にはマグカップ類!

このコーナーの横には、冷蔵庫。ここのラインナップもオリジナル商品はなく、普通かな!

▼ミニバーコーナーはこんな感じで、お次は先程と反対側の枕元?に!

電話やスイッチ類。

そして、時計のようなものは、オーディオスピーカーの機能も兼ね備えれている JBLのもの。控えめに言っても響きが最高でした。定番はBOSE!って感じだけど、他のブランドもやっぱりいい。1万円くらいだし、普通に買いたいレベルでした。

スイッチ類にズーム。

こちら側では、ライトだけでなく、窓のブラインドなども調整できました。横の箱には、便箋や雑誌、リモコンの操作ガイドなども。

そして、反対側にはデスク!

ワークデスク!
しん
しん
椅子もフッカフカだし、最高の仕事環境でした。仕事目的でコンラッド大アリです。

ライティングも絶妙なんですよね…!こんなに仕事捗ったの久しぶりってくらい、捗りました。

ちなみに、ルームサービスも注文。5,000円超えのハンバーガー初めて食べました(笑)

▼そして、最後は窓付近。

最後は窓付近!

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町やシャングリ・ラと同じような形で、窓際にソファが配置されているレイアウトです。

はじからの風景▼

フッカフカという感じではなく、しっかりしているソファ(語彙力)でした。

この窓からどんな風景が見えるか気になりますよね!ってことで、お次の章で眺望をチェックしていきますね。

シティービュー景色はぶっちゃけ微妙!

結論、一番下のランクのお部屋である、シティービューはめちゃくちゃ微妙です(笑)

実際にどんな風景が見えるのか、ご紹介しますね。

こちらが夕方の風景▼

スライドショーには JavaScript が必要です。

▼夜景

スライドショーには JavaScript が必要です。

東京っぽいっちゃ東京っぽいけど、他の場所でも全然良いというか、ランドマークが何1つ見えない…(笑)

コンラッド東京の場合、このシティビューから1つランクアップするとベイビューという東京湾側(レインボーブリッジ側)の眺望のお部屋があります。

ので!!!!

ただ泊まりたい!ってだけなら大丈夫なのですが、大事な旅行だったら絶対に絶対に絶対にランクアップしましょう!

1部屋6,000円くらいからになりますが、絶対にランクアップする価値があります!!!

バスルームは?ダブルシンクでおしゃれ!

さっきすっ飛ばしたバスルームをチェックしましょう!全体はこんな感じ▼

まず目を引くのが、大きな鏡ですよね。ライト付きなので、朝の化粧も楽そう。

そして、都内のホテルでもなかなかない、ダブルシンク!他はペニンシュラ、フォーシーズンズ、AMANとかくらいかな。あんまり多くないので、貴重!

▼横にはお手洗いとシャワールームがあります。

お手洗い
シャワールーム

コンラッド東京で一番気になったのは、このシャワールーム。

床が結構汚くて、年季が入ってるなあって感じ。5つ星ホテル泊まってきて今までにないレベルの衝撃だったので、水回りをめちゃくちゃ気にする方にはおすすめしません…。

あの年季の入った汚さは、僕のお部屋だけだと思えない…。

では、気を取り直して、シンクへ。

ダブルシンクだと本当に朝が楽…。トイレ2つより嬉しいレベル(笑)朝の支度が彼女と一緒にできて楽しい。横には、ちゃんと拡大鏡もありました。

▼横には、バスアメニティセットが揃っています。

バスアメニティは、香港発祥のラグジュアリーブランドSHANGHAI TANG マンダリンティーのものでした。匂いは重くなく、遠くにシトラスの香りがあって、とても好き。

スライドショーには JavaScript が必要です。

その他定番グッズもおしゃれな配置。

そして、ドライヤーはレプロナイザー!色々なドライヤーが取り扱われていますが、このドライヤーが最高級だと思います。6万くらいかな。

僕は基本的に短髪なので、全然違いが分からないのですが、彼女は毎度大満足しています!彼女さんにアピールポイントとして使ってみてください(笑)

▼そして、最後はバスタブ!浴槽は深くて、しっかりと足を伸ばせるので、日本人も大好きだと思います!

もちろん、ちゃんとブラインドがあって、閉められるので、ご安心ください(笑)

バスソルトがないのが、とても残念でした…。5つ星ホテルの楽しみの1つなのに…!

着心地最高なバスローブ

と、バスルームはこんな感じでした!

また、バスルームに音楽を流せるようになっておりまして…

テレビで音楽を決めて…

スピーカースイッチ

このスピーカーを押すと、音楽がバスルームに!ヒーリングミュージックを聴きながら、バスタイムを楽しめるんですよね。

これ、ありそうでなかなかないサービスというか。あったの、マンダリンオリエンタルくらい!ぜひ使ってみてくださいね。

鏡やダブルシンクなどは5つ星ホテルらしくてよかったなあと思う一方で、バスソルトがないのとシャワールームの汚れだけが残念!星3つってところです(何様)

WiFiは?プランによっては有料!だけど超爆速!

気になるWiFi環境ですが、都内No.1といっても過言ではないレベル!超爆速でした。

会員登録で無料になるものの、有料なのが、ちょっと残念…。

とはいえ、「こりゃ有料レベルだ…」と思うレベルの速さでした!

デスクも最高だったし、Zoom会議も余裕だし、仕事目的で行くのも大アリです!!

ターンダウンサービスは?

チェックイン時に「何時ですか?」と聞かれないから、ないかと思ったのですが、ありました!

お水、氷(画像上の銀の入れ物)とTWGの紅茶が設置。

ちゃんとカフェインレスのカモミールティーだったので、夜眠れなくなる心配はありません!

てことで、とても簡単ですが、ターンダウンサービスの紹介でした!

朝食はビッフェ形式!種類がめちゃくちゃ豊富!

先程のツイートでも書いたのですが、コンラッドの朝食は、コロナ禍だからといっても特に制限なく、普通通りでした。

朝食レストランは、客室エレベーターすぐ横にあるレストランCOLLAGE。

コンラッド東京の朝食メニューです▼

てことで、レストランレビューをしていきます!

しん
しん
会場は、高さ7mに及ぶ窓のあるとても開放感のある空間です。最高。

料理の設置ですが、入り口部分にまず和食が設置されています▼

明太子に、卵焼き、漬物類や味噌汁、温泉卵といった、定番の和食のラインナップに加えて、そばやシューマイなどもありました。

▼その奥には、洋食の定番メニュー。ベーコンやポテトなどですね!

▼洋食メニューの反対側には豊富なパン。トースターやジャムももちろんしっかり設置してあります。

▼その横には、シリアル、ジュース、ヨーグルトコーナーも。9種類のドライフルーツがあったりだし、このコーナーも品揃えバツグン!

しん
しん
洋梨と桃のスムージーがお気に入り。なかなか見ないフルーツの組み合わせですよね!最高に美味でした…!
ジュースの反対側には、サラダとフルーツ、タコスゾーン!
好きなタコスを作れます!
フルーツやサラダの種類も豊富!

サラダは根菜ミックスがあったりするし、ドレッシングも豊富で大満足!フルーツも定番ものはしっかり揃っていて、こちらも最高でした!

一望するとこんな感じ。奥が和食、手前がシリアルコーナー!

コロナ禍とは思えないラインナップで、品揃えの多い朝食ビッフェならコンラッド東京一択だな!と思います〜!

他は、ハイアットリージェンシー東京、グランドハイアット東京、アンダーズ 東京がビッフェなのですが、ここまで品揃えは良くなかったので!

また、コンラッド東京では、ビッフェ以外にも1品オーダーで卵料理などを注文することができます!

彼女さんが注文したのが、ロブスタースモーブロー。

オマール海老に、スクランブルエッグに、トマト、アボカド、マッシュルームが入っています。

僕が注文したのは、フレンチトースト風マフィン。

甘いのがあんまり得意じゃないのですが、量がちょうどよかった…!

お席はこんな感じでした

▼どれも最高の逸品なので、ぜひ行かれる方はお楽しみに!

コンラッド東京 宿泊前に知るべき耳寄り情報

【必見】おすすめのカテゴリーは?

コンラッド東京という高級ホテルに泊まるということは、きっと大事な旅行のはず。ということで、最高の滞在にしたいですよね!

最高の滞在にするためには、ホテルのカテゴリーを理解した上で、予約する必要があります。

テキトーにベーシックなお部屋にしたら、眺望も最悪で微妙な滞在になった…なんてこともあり得るのですが、それは僕が許しません!!!

てことで、今回の宿泊を踏まえて、おすすめのカテゴリーをご紹介。

まずはコンラッド東京のカテゴリーを簡単におさらいしていきましょう。

シティルーム ダブル/ツイン(48㎡)←予約&宿泊したのはここ
↓眺望のみの変化です
ベイビュールーム ダブル/ツイン(48㎡)※レインボーブリッジをはじめとした東京湾や浜離宮をお部屋から見ることができます。

ベイビューキング ピュアウェルネスルーム(48㎡)
高性能の空気清浄機がつきます。
※スイートのお部屋は省略します。

僕のおすすめは、ベイビュールーム

理由としてはなんといっても眺望が良いから!!!!シティービュールームの眺望マジで微妙です!笑

ピュアウェルネスルームまであげる必要はないので、とりあえず最低でもベイビュールームにすることを強く強くおすすめします…!

以上、現役旅行会社勤めからのアドバイスでした!参考になれば幸いです!

安く予約するためにチェックするべきサイトをご紹介!

最後に、お得に予約できるサイトのご紹介!

一番格安で予約ができるなと思ったのが、僕が予約したサイトである、一休.com

Reluxや楽天トラベル等も見てたものの、ついたポイントをそのまま支払いに回せるので、結果的に一休.comが圧倒的に安く予約できました。

他のホテルも95%、一休で予約してます。

他のメリットでいうと、ツインベッド/ダブルベッドも確約できるし、ホテル情報もすごく詳しく載っているし、現役旅行会社勤めとしても、見習いたいくらいのサイトなんですよね…!!!

少しでも安く予約されたい方は、一休.comでぜひ!

少しでも安く予約したいなら
一休.com!

キャンセル料もギリギリまで無料!

一休.comの公式サイトを見る

まとめ 〜コンラッド東京の総評〜

最後に、コンラッド東京の総評です!

ズバリ一言で言うなら、朝食で来るならあり!

東京湾を一望するホテルなら、アンダーズ 東京やエディションでも良いし、WiFi速いホテルならフォーシーズンズ 大手町やペニンシュラがあるし…。お部屋も都内最大級と謳っているものの、他にも広いホテルたくさんあるし…。

コンラッド東京だけが持つメリット!!ってのがあまりないので、都内の5つ星ホテルで、悩んでいる方には強くおすすめしないかな、ってのが率直な感想です!

僕のおすすめは、東京タワーが目の前のアンダーズ 東京東京エディション虎ノ門。(※クリックで宿泊記にリンクができます)

上記2つなら、ホスピタリティ、眺望、お部屋のクオリティどれをとっても最高です!!!

…とはいえ、とりあえずコンラッド東京の詳細をみてみたい!!って方は以下のリンクより、見てみてくださいね!

以上、トラベルコンテンツメーカーのしん(@worldtips0106)でした!最後までお読みいただきましてありがとうございました!!