【超簡単】海外旅行の一括比較サイトはこちら
5つ星ホテル

【星のや東京 カップル宿泊記】都内の隠れ家温泉宿を徹底レビュー!

東京の5つ星ホテルを制覇するべく、星のや東京に泊まってきました!

旅好きなら誰もが知る、星野リゾートの高級ブランド星のや。

当記事では、都内の5つ星ホテルをほぼ制覇した僕が、泊まらずして誰が泊まる!ということで、徹底的に星のや東京をレビューしていきます!

ちなみに宿泊したホテルは以下の通りです。

これまでに泊まったホテル

ザ・リッツ・カールトン東京、マンダリンオリエンタル、パークハイアット、グランドハイアット東京、ハイアットリージェンシー東京、The Okura Tokyo、ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町、東京エディション虎ノ門、ザ・ペニンシュラ東京、シャングリ・ラ東京、コンラッド東京、インターコンチネンタル 東京ベイ、アンダーズ東京、フォーシーズンズホテル東京大手町、帝国ホテル、パレスホテル、ウェスティンホテル東京、ヒルトンお台場、アマン東京、椿山荘、メズム東京、雅叙園、ホテルニューオータニ、ザ・キャピトルホテル 東急、フォーシーズンズホテル丸の内、ザ・プリンス さくらタワー東京

しん
しん
…申し遅れました、現役旅行会社勤め&旅ブロガーとしての裏の顔を持つしん(@worldtips0106)です。

有名ブランドホテルだと言えども、もちろんお金をもらっていないので、嫌だなと思った点はしっかり書いていきますよ〜!

最後には、僕がいろんなサイトを見る中で一番お得に予約できるなと思ったサイトもご紹介しますので、ぜひ最後までお付き合いください。

まずは宿泊前に概要!星のや東京についてと旅の情報

では、まず、星のや東京の概要をチェックしていきましょう。

住所 〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目9番1
チェックイン/アウト 15:00 / 12:00
客室 全84室
レストラン&バー 地下1階のダイニング
フィットネスセンター
&プール
なし ※大浴場はあり
無料WiFi
駐車場 あり
クラブラウンジ なし

星のや東京は、皆さんご存知の星野リゾートの最高級ブランド「星のや」の1つ。

他の星野リゾートは、広大な敷地にホテルが佇むような設計となっていますが、この星のや東京は違います。

コンセプトは、「塔の日本旅館」。都内に静かに佇む旅館です。各フロアに6部屋のお部屋と宿泊者しか使えないラウンジがあり、静かに滞在を楽しむことができるホテル。

もちろん、旅館ということで、温泉もあります。この温泉は、公式HPによると東京の1400m地下から湧き出たものなんだとか。

さまざまな5つ星ホテルが都市型リゾートを東京に展開する中、星のやはどのような滞在をさせてくれるのか、とても楽しみですよね。

そんな星のや東京へのアクセスはこちら▼

アクセス情報

大手駅 徒歩3分
東京駅 徒歩10分

旅の情報

…とホテルの概要をご理解していただいたところで、今回の旅情報をお届け!

プラン名:地域限定優待プラン(最大40%off)
金額: 58,270円
宿泊したカテゴリー:桜 ツイン
予約サイト:公式サイト
旅のお供:彼女さん

BEB軽井沢に宿泊して、「星野リゾートよすぎ!!」と思ったので、その帰り道に、東京在住者は40%であることをみて、ソッコー予約していました…。このキャンペーンが開催されているうちにぜひ予約を…!

前情報はこんなところにして、実際の宿泊記へ移っていきましょう。

星のや東京| 宿泊記徹底レビュー!

大手町直結!都内に佇む静寂な温泉旅行へ

今回のスタートは、大手町駅!直結だったので、地下の通路で星のや東京へ。星のやはC2cだったので、それに向かって歩いていきましょう。

直結てより、でてからちょっと歩く感じになるようでした笑

ちょっと歩くと、看板にも「星のや東京」の文字が!こうやって迫ってくるのがたまらなく好き…

看板に星のや東京の文字を見つけたら、出入り口はすぐそこ!


ついに星のや東京到着!ここは地下口なので、ここからエレベーターに乗って、エントランスへ向かいます。

青森ヒバの一枚板の扉が出迎えてくれます。


個人的に星野リゾートのキーワードは、”日本の文化継承”、”地産地消”、”地域活性化を意図したマイクロツーリズム”というイメージがあるので、まさにそれが体現された扉だなと!

そこから入っても驚きの世界。まさに星のや東京の世界観。

星のや東京のモデルは旅館。ということで、玄関で靴を脱ぎます。玄関を入ってすぐ左にあるのは、大きな竹細工の靴箱。本当に見事の一言です。

この玄関写真で見るより、天井が高く、その開放感に驚きます。出迎えてくれる方は、もちろん和服を着たスタッフの方。チェックインは、お部屋で可能なので、このままお部屋へ。

1階のエレベーターホール

エレベーター内は、温もりが感じられる木が基調に。

床はもちろん畳!いぐさの匂いが心地よい…

余計なものがなく、スタリッシュ。シャンデリアギラギラな感じが嫌いなので、ドツボな雰囲気でした。都会の中にある温泉旅館、相容れない要素なのに、マッチしすぎている。すごい。

宿泊者しか行けないフロアの廊下。静かでまるで自分たちだけのよう…

では、お部屋のレビューへ!

都内だとは思えない和な旅館を徹底レビュー!

星のや東京のお部屋は、1階に6部屋しかありません。そのため、ワンフロアに単純計算6部屋×2人で12人程度しかいないことに。そのため、まるで自分たちしかいないような感覚に陥りました。

都内に佇む、静寂に包まれた最高級の温泉旅館。

そう賞賛されてもおかしくないような雰囲気でした。

お部屋のドアは、黒で重厚感のある印象。とてもよき。

 では、早速中に入っていきましょう。

お部屋の配置としては、入ってすぐ右にバスルーム、左にお手洗い。そして進んだ先にベッドルーム&リビングルームがあるというレイアウトでした。では、まずベッドルームからレビュー!

まずは、お部屋の全体像がわかるよう、すみからの写真を撮影!


しん
しん
THE 温泉旅館!という印象を受けますよね。値段の割にお部屋に手狭感があるのがちょっと残念…。

では、順に詳細をチェックしていきましょう。まずは、奥側から。右手にクローゼットとミニバーコーナーがあります。

引き出しの中はこんな感じ
浴衣は2色!嬉しい!

スライドショーには JavaScript が必要です。

セキュリティボックスももちろん完備!

広々としていて、さすが5つ星ホテル!って感じのクローゼットの中身でした。浴衣を着れば、外出もOKなんだとか。東京の都会を温泉旅館の浴衣で歩くって不思議ですよね。いとをかし。

次に、横にあるミニバーコーナー!上には、ポット、透明の容器、湯呑みなどのが設置。

透明な容器は、水入れです。宿泊者専用ラウンジにウォーターサーバーがあるので、そこに汲みに行く形です。ペットボトルの水は設置されていないので、ご注意を。

下にはグラス類が!

ぶれている(泣)よなよなエールなどが設置。思ったより良心的な値段だったので、お部屋でビールを一杯もあり!

次にリビング部分をチェックしていきましょう。

こちらの椅子は、他の星野リゾートにもあるよう。星のや東京は初めてだったので、新鮮。スペインのサグラダファミリアを設計したガウディは直線を嫌い、曲線のデザインが多いのですが、そこにインスパイアされたかのようでした。

全体はこんな感じ。手狭感はあるものの、インテリアは最低限に。落ち着きある空間です。

ウェルカムスイーツは、季節のかしわもちと緑茶(特別な産地のものだったのですが失念してしまいました…)。美味じゃないわけがありません。

こちらには、フードメニューや他の星野リゾートがまとまっている冊子などが設置。星野リゾートの冊子はお持ち帰り可能だったので、持ち帰り!

見事なまでな調度品。多分これもこだわりがあるんだろうけど…。ちゃんとスタッフさんにどんなものが置いてあるのか聞けばよかった…。ぜひ訪れた際は、聞いてみてください!

5つ星ホテルの風物詩とも言えるスピーカーも。さすがですね。

机部分の向かい側部分には、マルチプラグのコンセントなどが設置。嬉しいですなあ。

ちなみに星のやはどこも非日常を楽しんでもらうために、テレビは設置しないというスタンス。なのですが、星のや東京はビジネスのお客様も多いとのことで、開業当初からテレビを設置しているんだそう。

間接照明もこだわりのもの。今やコロナのせいか、空気清浄機はビジネスホテルとかでも当たり前になってきましたよね…。加湿器付きだとより嬉しい…。もちろん、星のや東京のは加湿付き。

そこまで高層階じゃなかったので、眺望は期待していませんでしたが、ただのシティービュー…。

しん
しん
眺望も楽しめる温泉旅館だったらもっと最高だったな…。もっとグレードの高いお部屋だと眺望もよいかもしれません!

ただこのように影をデザインして、縁側の滞在を楽しんでもらえるように設計したのかなあなんて想像が膨らみました。すてきですよね。

そして、最後はベッドルーム。ここは普通って感じでした。

ただ、ベッド横のスタンドの下にコンセントがあったことに、かなりのこだわりを感じました…。コンセントって生活感でますし、非日常感のために、ここまで。すごすぎる。

てなわけでメインのお部屋はこれで終わり!次にバスルームをチェックしていきましょう!

広々としていて落ち着いた雰囲気のバスルーム

先ほどスキップしていましましたが、お手洗いルームもチェック!

日本らしく?、手を洗うためのシンクもあるんです!最高〜!壁の緑の感じ、日本ならではの色でとてもすてき。

この反対側にバスルームがありますので、早速見ていきましょう。

バスルーム全体はこんな感じ。清潔感はもちろんのこと、バスタブが黒で高級感あふれる内装でした。すてきすぎる。

今回、大浴場しか使っていないので、バスタブは使っていないのですが、170cmの僕でもしっかりと足を伸ばせるほどの大きさ。都内観光で疲れた体もゆっくり癒やしてくれること間違いなし!

シンク周りは特に優美さはなく、シンプルな感じ。ダブルシンクを期待しましたが、1つだけ。旅館がコンセプトなので、しょうがないですよね。

こんな感じで、他の5つ星ホテルよりは劣るかな、って印象を受けました。

こういったところにもお手拭きが。嬉しいですよね。

バスアメニティは、「LIRIo」。その他、化粧水セットも揃っていました。

ドライヤーは、新感覚ドライヤー ヘアビューザー。

そして、最後の部分!シャワールームです。

バスアメニティ類は、プラスチック削減のためか、持ち帰り不可。ここでだけで楽しみましょう。マンダリンオリエンタルやアマン東京など、最高級ブランドホテルも、持ち帰り不可だったので、今後こういった流れは増えていくのではないかなと思っています。

しん
しん
バスルームは、透け透けですが、このような形で透けないようにできるので、ご安心を〜!

ちょっと透けている感がありますが、外からは全然見えないので、ご安心を(笑)

WiFiの速度は?ちょっと遅めなので仕事を忘れての滞在を

ホテルステイでとてもとても大事なWiFi速度。星のや東京の通信環境はどうだったのでしょうか…。結果、微妙!笑

もちろん、お部屋やタイミングにもよりますが、しっかりと仕事をする!といった方には向いていないかなと思いました。

ただ、星のや東京には宿泊者専用ラウンジもあります!そこでのWiFiの速度はそこまで遅くなかったので、そこで仕事をするのもあり!

しん
しん
ちなみにしっかりとデスクもあったので、仕事のしやすさも最高でした…

次の章にて、宿泊者ラウンジについての詳細を解説していきますね!

落ち着く宿泊者専用ラウンジも

では、早速宿泊者ラウンジについて!

宿泊者ラウンジは、フロアの中心にあって、宿泊者ラウンジの左右にお部屋が広がっていくイメージです!各フロアにあるので、階数移動する必要は全くありません。

宿泊者ラウンジの全体はこんな感じ▼

隅に座れるスペースがあり、中心にデスクがあるイメージです!

中心には、お菓子も。(食べ放題なのでいくら食べても大丈夫)しるこサンドなど、日本ならではのお菓子。外国人にとても喜ばれそうなラインナップでした。

ドリンクコーナーでは、以下のように紅茶や

コーヒーが飲めるように!

下にある冷蔵庫には、コーラやポカリ、りんごジュースなどが揃っていました!

アイスもあるので、温泉上がりに嬉しいですよね。

このような形でウォーターサーバーがあるので、お部屋にある透明な容器を持ってきてここで水をくむイメージです!

そして、仕事したい勢に嬉しい仕事スペースも!

机にはちゃんとコンセントがあるので、仕事のしやすさバッチリすぎました…。

デスクの中心には、日本ながらの遊び道具!嬉しいですなあ。

てな感じで、宿泊者にとってんの憩いの場所でした!

しん
しん
ただ!正直僕は、この宿泊者専用ラウンジのスペース、お部屋に使って欲しかったな…と思っちゃう派です…

コロナもあるし、不特定多数の人がいるラウンジよりは、お部屋でゆっくりしたいなと思うし、それなりのお金を払っているので広々としたお部屋にしてほしかった…(嫌な客)

星のや東京の値段を払う人がこのようなスペースにくるイメージが全然湧かなかったんですよね。(星のや東京の値段って、東京で一番ホテル代金がおそらく高いアマン東京についで、値段が高いんです。)

ホスピタリティが高いことは間違いないのですが、それにしてもお部屋が狭かったなという印象。アマン東京が70平米あるのに、星のや東京は44平米くらい…。星のやは滞在中の「体験」といったソフトを重視してるのが分かりましたが、もう少しハードを充実させてほしかった!てのが正直な感想です!

では、次にサービスだった日本酒の飲み比べについて。時間限定ですが、ほとんど毎日催行されていたので、星のや東京に訪れたらぜひ行ってみてください!

レセプションで日本酒の飲み比べのサービスも

星のや東京のチェックインはお部屋で行います。なので、レセプションは実は来る機会がチェックアウトのみだけ。希望しないと最後まで訪れることはありません。

だがしかし!チェックアウト前にここも訪れてほしい…!

レセプションはこんな感じ▼

イベント会場も兼ね備えており、居心地のよい空間でした。

無料でこのような日本酒飲み比べサービスができるのが本当に嬉しい…。温泉もあるし、こういったサービスもあるし、星のやって滞在中ならではの体験を本当に大事にしているんだな…と思いました。

飲み比べできる日本酒はこんな感じで設置されていました。
星のやデザイン!すてきか!

スライドショーには JavaScript が必要です。

お土産が買えるコーナーもあるので、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。ホテルブランドのグッズとか誰が買うの?って思ってしまうほど冷めている僕ですが、星のや東京のお土産コーナーはワクワクしました…

星のや東京に訪れることがあったら、ぜひ!!!

宿泊者限定の温泉を楽しむ。無料サービスも嬉しい…

そしてそして、星のや東京で忘れてはいけないこと。それが宿泊者限定の温泉。

しん
しん
東京の地下1500mから湧き出た温泉を使っているんだとか!塩が入ってるので、入った後も湯冷めしにくいのが印象的…!

写真が撮影できなかったので、公式HPより拝借…!

引用元:公式HP

塩が入ったとろみのある温泉でぽっかぽか。星のや東京の宿泊者しかいないということで、客層もめちゃくちゃによいし、朝と夜2回入りました。

また、個人的に嬉しかったサービスも!

温泉は最上階となる17階にあるのですが、その前のホールにこんな休憩スペースも!

夜は牛乳のサービス!
朝はデトックスウォーターが設置されていました!

そして、驚きだったのが塗香(ずこう)!体に塗るお香なのですが、まさかこんなところで出くわすと思ってなかったので、感激。匂いも日本人なら落ち着く匂いで、ぜひ使ってみてほしいです!

「いろんな体験ができる」宿泊!本当に星野リゾートはすごい…。

インルームで朝食。無料のおにぎりも提供あり

てことで、お酒も飲んで、温泉にも浸かって、よく寝たら楽しみの朝食。

星のや東京は朝食レストランがないので、基本的にお部屋での朝食になります。前日までに予約が必要なので、ご注意を!

朝食は僕が洋食、彼女さんが和食を。

シェフ特製のオムレツにパン。ソーセージもとても美味でした。

朝食のラインナップもTHE 旅館の食事で彼女さんも大絶賛でした!よかった、よかった。

ぜひ星のや東京へ行かれる時は朝食を頼むのも忘れずに。

星のや東京の宿泊前に知りたい情報

では、最後に星のや東京宿泊前に知っておきたい情報をご説明させていただきますね!

●●なら格安に星のや東京を予約可能!

基本的に、星のや東京は公式HP経由のキャンペーンを通じて予約するのが一番安いことが多いです!

公式HPより

このような形でマイクロツーリズムの推進のもと、東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県在住限定にはなりますが、割引もあります!

WEB限定プランなのでぜひ調べてみてはいかがでしょうか。

公式HPをチェックする

総評 〜星のや東京 宿泊記まとめ〜

東京という世界を代表する大都市の中心に静かに佇む、高級温泉旅館。

お部屋の手狭感は気になったものの、とにかくたくさんの体験要素が組み込まれていて、息抜き、非日常を感じるのにとても最高なホテルでした。

チェックアウト時に「次はどこの星野リゾートにいきましょう?(笑顔)」なんてフランクに話しかけてくれたのも印象的でした。別の星のやでの滞在もぜひ楽しんでみたい!と思うようなホテルです。

温泉旅館として、本当におすすめなので、滞在の予約を迷っているのであれば、ぜひ予約に進んでみてはいかがでしょうか。

しん
しん
以上、トラベルコンテンツメーカーのしん(@worldtips0106)でした。他のホテルと検討している方は、他のホテルの宿泊記もこのページ下から読めるのでぜひ