【超簡単】海外旅行の一括比較サイトはこちら
ヨーロッパ

【ヨーロッパ旅行検討の方必見!】1カ国だけじゃ絶対もったいない!オススメするヨーロッパ2カ国周遊パターン10選。




「ヨーロッパに行きたい!だけど1都市じゃ嫌だ。どうせなら2都市以上!」

「ヨーロッパ周遊したいけどどの国とどの国が組み合わせられるの?」

というお悩みの方に本記事はぴったりです!

しん
しん
どうも、元旅行会社勤めのトラベルプロデューサーのシン(@tabasco0914) です。

 

僕はプライベートの旅行を6年連続プライベートの旅行をヨーロッパに費やしている正真正銘の西洋かぶれ。

ヨーロッパへ行く時は必ず1都市だけではなく2都市以上行ってます。

何を隠そう、6回全て2カ国以上周遊。

だって、せっかく遠いところに行くんだし周遊しなきゃもったいないじゃん。

こちらの記事では、そんな西洋かぶれがおすすめするヨーロッパの国2カ国周遊のパターンをご紹介します。

全て僕が経験済みのもの!

では最後までお付き合いあれ!

ヨーロッパのおすすめのヨーロッパ周遊パターン

フランス(パリ)+イギリス(ロンドン)

スライドショーには JavaScript が必要です。

ヨーロッパの王道2カ国と行っても過言ではない組み合わせですね。

モンサンミッシェルも含め、パリだけでも観光名所は多いですが、日帰り旅行も可能なのでぜひロンドンへ行くことをお勧めします。

こちらの2カ国はユーロスターで繋がっているので片道2時間半程度で行けることが出来ます。

詳細は【パリ-ロンドン移動は鉄道を使え!】ユーロスター使えば、パリからロンドンはひとっ飛び。 に書いたのでぜひこちらをご覧下さい。

フランス(パリ)+ベルギー(ブリュージュ)

スライドショーには JavaScript が必要です。

大学二年生の頃フランスだけのツアーに申し込んだものの

「どうしてもイタリアの水の都ベネチアに行きたい!!」

と思っていたんです。ですがさすがに遠すぎるし行けないなと思ってたところ、ベルギーにも水の都がありなんと日帰りで行けることが判明!!!

水の都という名だけでなく天井のない美術館という異名をもつすげえところ。

日本の地名で例えると東京(パリ)から大阪(ブリュッセル)まで行ってそこから京都(ブリュージュ)に行くような感覚でした。

なので、とっても気楽。

西洋かぶれのアナザースカイです。(誰も聞いてない)

【誰もがトリコになること間違いなし!】ベルギー/ブルージュ歴史地区へ行くべき3つの理由。に詳細を書いたのでこちらもぜひ見てみて下さい。

オランダ(アムステルダム)+ベルギー(ブリュッセル)

スライドショーには JavaScript が必要です。

あー僕が大好きな組み合わせ。

オランダとベルギー周遊がヨーロッパ周遊の中で最強の組み合わせなんじゃないか説。という記事を書いてしまうくらいの大好きさです(笑)

意外と何もなくない?と思われて、外されがちなのですが、ヨーロッパ20カ国以上行っていてダントツで好きな組み合わせ。

ベルギーは美食の街で食べ物がとっても美味しいし、アントワープやブルージュなどの郊外都市で美しい場所もたくさんある。スイーツやビールも美味しいですし。

アムステルダムは、街並みも美しいし、治安も良いし、食べ物も美味しいし。少し足伸ばせばマーストリヒトという素敵すぎる場所もあるし。街自体もとってもクリエイティブで。

アムステルダムを悪く行っている方を見たことない。ってくらい良い場所でした。

この2カ国は数時間で移動出来てしまうので、とても組み合わせしやすい2か国。そのためよく旅行会社のツアーでもこの2つを組み合わせているものも多いですよね。

ベルギーのヨーロッパらしく整っている街と、アムステルダムの水の都。

この2つを1回の旅行でみるとかまじで贅沢な旅行になります。笑

超おすすめなんで、ぜひ!




スペイン(バルセロナ)+ポルトガル(リスボン)

スライドショーには JavaScript が必要です。

ぜひこちらは大航海時代大好きな方におすすめしたいですねえ。

つまり、僕←

こちらだけ移動手段は 飛行機 です。

ブエリング航空というスペインの航空会社を使えば1時間程度で行けちゃいます。LCCなので、料金も早めに申し込めば大体片道6,000円程度。安い!

バルセロナもリスボンもかなりコンパクトな街だし、一都市じゃ物足りないなって方
ぜひ周遊してみて下さい。

リスボンの街並みの雰囲気が王道国と全然違います。

リスボンが生活感ありすぎるので、本物のヨーロッパ!!て感じがします。

王道だけじゃなくて違うヨーロッパも見たい!と思うあなた。ぜひポルトガルへ。

◆プロ厳選のスペインの見所はココ!
見所はここだ!|スペイン旅行で行くべき都市をプロに聞いてみた。
◆ロマン溢れすぎるポルトガルへ!
【リスボン観光情報】王道ヨーロッパの次は、ポルトガルのリスボンへ行くべき3つの理由。

ドイツ(ミュンヘン)+オーストリア周遊

スライドショーには JavaScript が必要です。

もともと世界一美しい湖畔の街と言われるハルシュタットへ行こう!と意気込んでいたのです。

ウィーンを起点にしてハルシュタットへ思ったものの、同じ道を辿るのは効率が悪い!一筆書きで旅をするんだ!と思って色々調べたところ、ドイツのミュンヘンからヨーロッパへ入りオーストリアを横断すれば問題ないことに気づきました。

以下参考の図です。①がザルツブルグ、②がハルシュタット、③がウィーン。

f:id:tabascopotato259:20170124164939p:plain

ミュンヘンから①のザルツブルグまで電車で約2時間程度で行けます。

そこを起点に、ザルツブルグ→ハルシュタット→ウィーンと行けばとっても効率良い旅行が出来ます。

ミュンヘンにはシンデレラ城のモデルとなったノイシュバンシュタイン城もありますし。写真映えするスポットばかりなので、女性の方にはおすすめ。

◆ウィーン以外にも行くべし!!
【オーストリア旅行検討中の方必見】オーストリアはウィーンだけじゃもったいない。 
◆世界一美しい湖岸の街へ行こう!
オーストリアへ行くならここへ!世界一美しい湖畔の街「ハルシュタット」

オーストリア(ウィーン)+スロバキア(ブラチスラバ)

スライドショーには JavaScript が必要です。

華やかさ+素朴さ。この2カ国を表現するならこれがふさわしいなと思います。

ウィーンから片道1時間半程度で行くことが出来るので、午前中だけで行くことも可能です。

この中で一番気軽に出来る2カ国周遊です。専用のチケットも券売機で買うこともできるので、ぜひ素朴だし日本人が少ない国へ行きたい!

ということであればおすすめな組み合わせ。

◆旅のスパイス、他国へ日帰り旅行!
【東京~鎌倉より近い!?】サルでも出来る!ウィーンからスロバキア ブラチスラバへ行く方法。

オーストリア(ウィーン)+ポーランド(ワルシャワ)

スライドショーには JavaScript が必要です。

古典派〜ロマン派のクラシック音楽が好きな方にはたまらん組み合わせ。

名だたる音楽家が暮らしたウィーンとロマン派を代表するショパンの故郷の都市。

クラシックファンには周遊必須の2カ国です。ただ、こちらの2都市とても遠く片道10時間程度かかってしまうので、夜行列車での移動がおすすめ。

ホテル代金も浮くし、夜行列車をヨーロッパで経験出来るということでポイントが高いです。

危ないかなと思っていた夜行列車も全然そんなことありません。ぜひウィーンへ訪れた方はワルシャワも。

◆ショパン大好きなあなたへ。
【ショパン好き必見!】ワルシャワでショパン三昧したい方にオススメの5つのスポット。
◆ヨーロッパの夜行列車ってこんな感じ。
【夜行列車/ヨーロッパ】ウィーンからワルシャワの夜行列車が快適すぎた。

クロアチア(ドブロブニク)+ボスニア・ヘルツェゴビナ(モスタル)

スライドショーには JavaScript が必要です。

クロアチアの中でも魔女の宅急便のモデルの場所と言われることもあり、特に人気なドブロヴニク。

このドブロブニク、隣国とかなり近いので、モンテネグロやボスニア・ヘルツェゴビナにも
行くことが出来るんです。

その隣国の中でも世界遺産モスタルを選んだ理由。それはイスラム文化とヨーロッパ文化が入り混じった面白い街並みが見れるからです。

イスラム文化が見れるところってやっぱりトルコ/モロッコのイメージですが、モスタルも見ることが出来るんです!!!

ドブロブニクでヨーロッパらしい町並みを見てモスタルでイスラム文化を感じる。

考えただけで素敵な旅行になりそうじゃないですか。

オプショナルツアーでももちろんのこと片道4時間程度で行くことが出来ます。

以下参考の図。④がドブロヴニク、⑤がモスタルです。

f:id:tabascopotato259:20170202132651p:plain

以前書いた記事にも詳細があるので、
ぜひご覧あれ!

◆クロアチアに行くならまずこの記事。
【2017年10月版】クロアチアで本当に訪れるべき観光名所5選/その他情報まとめ
◆プリトヴィッツェ公園のガイド。
【2017年10月版/完全保存版】クロアチア/プリトヴィッツェ湖群国立公園徹底ガイド! 

今まではヨーロッパの地域内だけの周遊でご紹介してきましたが、これだけではありません。

飛行機の乗り継ぎの時間でも2カ国周遊は十分可能なんですよ!

特におすすめの2パターンをご紹介!

ドバイ+ヨーロッパ

f:id:tabascopotato259:20170518234723j:plain

エミレーツ航空を利用した際に限ります。

ドバイ経由になるので、乗り継ぎ時間が空いた際にはドバイに入国して、周遊することが出来ます。

僕はスペイン・ポルトガル旅行へ行った際に8時間乗り継ぎ時間があったので、立ち寄り。

観光名所もまとまっているので8時間あれば主要場所は回れました〜!

詳細レポート>>6時間で楽しめる!?ドバイが弾丸旅行にオススメすぎる件について。

もちろん宿泊もできるので、今ホットなドバイもしっかり見ても良いですよね!

世界一がたくさん詰まったドバイ。

どこかノスタルジックでエキゾチックな街並みが僕は大好きでした。

イスタンブール+ヨーロッパ

ターキッシュを利用した際に限ります。

アジアとヨーロッパの境、トルコ。

世界三大料理に選ばれているトルコ料理もどうせなら堪能したいところ!!!

ブルーモスクといったイスラム教の代表的な観光名所もあるので、立ち寄り場所には最適。

ドバイ同様イスタンブールだけあれば、地下遺跡/アヤソフィア/ブルーモスク/グランドバザールしか観光名所しかないし、かなり徒歩圏内に集中しているので、立ち寄りだけでもしっかり楽しめます!

ヨーロッパと全然違う雰囲気なのでターキッシュエアラインを使うなら敢えて乗り継ぎ時間を長くして立ち寄る

ということも大アリ!

僕が実際に行った時のレポートは、弾丸イスタンブール何する?滞在時間9時間でイスタンブールを観光したので、その全貌を紹介。に全て書いたので、気になる方はぜひご覧あれ!

ちなみに、1番有名なモスクの近くには、巧みな日本語で話しかけてくる詐欺師がたくさんいるので、注意してくださいね。しつこいのですが、無視すれば問題ありません!




中東経由はチケット代金も安い!

と、なんで最後に乗り継ぎでの
周遊の2パターンを紹介したかというと
ヨーロッパ旅行でポイントとなる
航空会社選びが大きく関わってきます。

この、ドバイやイスタンブールなど
中東乗り継ぎの航空会社を使うと
安く行けるよ!ってお話…
もう少しだけお付き合いください。

ヨーロッパにはたくさん航空会社が
就航していますが、大きく分けると、

ヨーロッパ直行便(ヨーロッパ乗り継ぎ)
※日本朝発が多いです。

もしくは

中東乗り継ぎ(ドバイ・アブダビ・イスタンブール・ドーハ)
※日本夜発が多いです。

となります。
こちらの航空会社を比べると、

中東乗り継ぎ(ドバイ・アブダビ・イスタンブール・ドーハ)の方が料金が安い傾向にあります!!!

乗り継ぎが確実にある分移動時間が長くなってしまう。というデメリットもありますが、ヨーロッパとは一味違った雰囲気を感じるために予算を抑える意味でも中東経由を選んではいかがでしょうか。

ちなみに僕は3年連続ドバイ経由のエミレーツ航空を使って3年連続ヨーロッパに行っていきましたよ。

しん
しん
乗り心地最高にいいんだもん!!!!!

詳細は、【ヨーロッパへ安く行くコツ】旅行会社員直伝!ヨーロッパへたった7万円で行くための1つの方法。をご覧ください。

ヨーロッパ旅行時に使うべき、旅行会社って?

僕はヨーロッパに行く際、基本的に色々旅行会社に問い合わせをするんですよね。

海外旅行って必ずこれを見れば安い!というものがなく、その都度比較しなければいけないので。

旅行会社の各サイトから安いツアーを探して、1社1社問い合わせのメールを送ってました。手間ですが、背に腹は変えられないので…

ですが!!

こんな手間のかかることをしなくても「タウンライフ旅さがし」というサイトを使えば一括で見積もりの依頼ができるんです。

しかも無料で!

このサイトを使えばめっちゃくちゃ簡単…。

海外旅行の一括見積もりならこちらから!

▼進むとこんなトップページに。
f:id:tabascopotato259:20180803200929p:plain
ヨーロッパは陸つながりなのでいろんなところに行きやすい。

だからこそ「あそこも行きたい!これも行きたい!ツアーだと、行きたいところを回れきれない…。」となりがち。

こちらなら下の画像のように細かい要望までしっかり書くことができて
f:id:tabascopotato259:20180803201136p:plain

f:id:tabascopotato259:20180803201137p:plain

要望に沿ったプランで見積もりが依頼できるので、ぜひ使ってみてください!

すごいシステムがあるもんですね、、、。

\3分で終了!一括見積もりで比較も楽♪/

入力項目多いかなあなんて思ったのですが3分程度で出来たので、仕事帰りの電車の中にでもちょちょっと見積もり依頼してみてください♪

とはいえ、どんな国でも組み合わせOK!

おすすめの10パターンを書きましたが、、、

鉄道とLCC(格安航空会社)がかなり発達しているのでどんな国と国でも大体は組み合わせることが出来ます!!!

僕の経験だと
・クロアチア+スロベニア
・オランダ+バルト三国
なども組み合わせたりしたことありますし
先輩の例でいうと
・イタリア+クロアチア
を組み合わせていたりも。

 

ヨーロッパは近くないので、なかなか行けない場所。

「せっかく行くなら、なるべく
いろんなところに行きたい!」

と思いますよね?

上記パターンだけでなく
他にも色んなパターンがあるので、
自分の好みにあったパターンで
ぜひヨーロッパ周遊してみてください。

鉄道の時間調べるには【鉄道で巡るヨーロッパ旅行予定の方必見★】ヨーロッパ旅行に使える最強鉄道アプリをご紹介!で書いたアプリが大活躍!ダウンロードせずにしてヨーロッパは回れません!!!

と、いうことで西洋かぶれの
トラベルプロデューサーの
シン(@tabasco0914)でした!

最後までお読み頂きまして、
ありがとうございます!

ヨーロッパ旅行検討中の方はこちらの記事もあわせてどうぞ!

▶︎ヨーロッパへ安く行くコツと相場とは?

【ヨーロッパ旅費の相場が分かる】5回行ったヨーロッパ旅行の料金を公開してみた。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「さあ次...