時間がなくても海外へ!弾丸旅行のすゝめ。
ヨーロッパ

【欧州15カ国行った僕が厳選】行ってよかったヨーロッパのおすすめの世界遺産を写真とともに紹介してみた

f:id:tabascopotato259:20180504182533j:plain

「ヨーロッパで行き先に悩んでいる・・・
世界遺産で行き先を決めているんだけど
おすすめはどこ!?」

そう思いのあなたにこちらの記事を
書いています。

どうも、海外旅行ブロガーのシンです。

行きたい世界遺産があって、そこへ行くために
その国へ行く!といったように行き先を
選んでいる方、少なくないと思います。

だけどヨーロッパって世界遺産も
たくさんあるし、、、

ぶっちゃけ
悩みますよね!?

うんうん、わかります、その気持ち。
ということで、こちらの記事では、
ヨーロッパ15カ国以上行っている僕が
本当に行ってよかったヨーロッパの
世界遺産を5つ厳選します!

5つ選ぶって本当に
悩みましたからね、、、笑

世界遺産じゃない場所もありますし
本当に魅力的なところありすぎるんですもん!

ただ書いてあるところ多すぎると、
「結局どれ行けばいいかわからん!」
ってなりますしね。

相当厳選していますので、
行って後悔はしません!(断言)

ぜひ今後旅行に向けて
参考にしていただければ
幸いです!

では、最後までお付き合い下さい。

〜関連記事〜
人気都市から行き先を選んでみませんか?
【ヨーロッパのおすすめな都市】絶対行くべき!大人気なヨーロッパの都市7選。
弾丸で行けるヨーロッパの都市を紹介!
【弾丸でヨーロッパへ行く方法】必要なのはたった◯日間の休み!お気軽に行けちゃう人気都市15選。
ヨーロッパ行ったら周遊しなきゃ!
【ヨーロッパ旅行検討の方必見!】1カ国だけじゃ絶対もったいない!オススメするヨーロッパ2カ国周遊パターン7選。 

僕の渡航欧米国と世界遺産とは?

そう偉そうに語るお前は
一体ヨーロッパのどの国へ行って、
どの世界遺産をみてきたんだ!?
とお思いますよね、

いやあ僕なら思います。笑

まず最初に紹介させて下さい。
僕が行った国と世界遺産はこちらです▼

【行ったことのあるヨーロッパ】
フランス・イギリス・ベルギー
イタリア・バチカン・スペイン
ポルトガル・オーストリア
ポーランド・スロバキア・ドイツ
クロアチア・スロベニア
モンテネグロ・ボスニアヘルツェゴビナ

【行ったとこのある世界遺産】
パリセーヌ河岸・モンサンミッシェル
ビッグベン・ロンドン塔
ブルージュ歴史地区・ベネチア
フィレンツェ・ローマ・バチカン
アントニ・ガウディの作品群
リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔
シントラの文化的景観・ザルツブルグ
ハルシュタット・シェーンブルン宮殿と庭園群
ウィーン歴史地区・アウシュビッツ
ワルシャワ・クラクフ・ドブロブニク
スプリット・プリトヴィッツェ
コトル・モスタル

と西から東まで有名どころを
結構まんべんなく行ってるつもりです!

しっかり比較した上でおすすめ
しますよ〜〜。

と い う こ と で!!!

いきますか、おすすめの世界遺産。

すみません、前置き長くて笑
スターーーット!!(唐突)

ヨーロッパのおすすめ世界遺産

ブリュージュ歴史地区(ベルギー)

f:id:tabascopotato259:20180504171816j:plain

もう、、、もう、、、ここは
最高です(早速語彙力不足)

一回しか行ってないのに
僕のアナザースカイ。

「北のベネチア」と言われるほどの
水の都でありつつ、「天井のない美術館」
という呼び名もある上に美食の国なので
食べ物も美味しくて、チョコやワッフル、
ビールも楽しめちゃう。

水の都なので、もちろんボートに乗りながら
街を見る事も出来るし。北欧のような
街並みも見ることが出来ます▼

f:id:tabascopotato259:20180504171858j:plain f:id:tabascopotato259:20170115185910j:plain

もちろん宿泊もできるのですが、
こじんまりしているので、日帰りでもOK!

有名どころでいうと、パリからなら
日帰りできるので、とってもおすすめ。

【誰もがトリコになること間違いなし!】ベルギー/ブルージュ歴史地区へ行くべき3つの理由。  の記事に、行き方や

たくさん写真を載せているので、
ぜひこちらの記事も見てみて下さいね。

【スポンサーリンク】
 

プリトヴィッツェ(クロアチア)

f:id:tabascopotato259:20171108012948j:plain

魔女の宅急便のドブロブニクと
悩んだんですが、、、やっぱり
こっちを選んでしまいました。
(ドブロブニクとぜひ
セットで行ってください)

国立の湖群公園。
ポイントは
・水がとにかく綺麗
・圧倒されるスケール感
・広大で色んなスポットがある

ヨーロッパの世界遺産と聞くと
やっぱり、綺麗な街並みを想像される方が
多いはず。自然と聞いてもスイスくらいしか
思いつかなくないですか?

ですが、ありますよ、クロアチアにも。
びっくりするくらい水がきれいで
目に見えるくらい、たくさんの魚。
滝でマイナスイオンたっぷりの公園。

そのせいか公園に入ってから明らかに
気温、体感温度下がるんですよ。

あれを体験して欲しいのです、、、

本当に心から感動出来る
自然スポットでした。

四季によって全然違う姿を見せてくれるのが
また魅力なんですよね。秋のプリトヴィッツェ▼

f:id:tabascopotato259:20170202134159j:plainあとは、公園内は基本的に手すりがないので、
ありのままの自然が体感可能なのが
またポイントなり!

秋に行った時の記事は、【2017年10月版/完全保存版】クロアチア/プリトヴィッツェ湖群国立公園徹底ガイド!です!

空港のあるザグレブから日帰りで
行く方が多いのですが、

宿泊して上群下群をゆっくり
見て欲しいいいい。(心の声)

ハルシュタット(オーストリア)

f:id:tabascopotato259:20170611190824j:plain

↑天気に裏切られたw

天気が良いとこんな素敵な
景色も見れますよ。

f:id:tabascopotato259:20170611191045j:plain

「世界で一番綺麗な湖畔の街」
なんて言われてます。

いや、その呼び名の時点で
ヨーロッパ好きなら心惹かれません?

その期待は裏切りません。
オーストリアってウィーンのイメージが
強いんですが、結構スイス的な自然も

楽しめるんですよね。
このハルシュタットは
その最骨頂というか。

自然と街の調和の究極体

って言葉がふさわしい場所。

ここの街の美しさは、
紹介する中で一番魅力が
伝わりにくい気がします。

自然だけじゃなくて、
こんな街もあったり。

f:id:tabascopotato259:20171011014216j:plain

自然もあるから
空気も綺麗で
街も美しい。

プロポーズにぜひどんどん
使って欲しいくらい(笑)

こじんまりしているので、
ここは宿泊せずに、ザルツブルグか
ウィーンから立ち寄っていくのが
良いですね。行き方など詳細は、

【2016年10月版】オーストリアへ行くならここへ!世界一美しい湖畔の街「ハルシュタット」をどうぞ!

【スポンサーリンク】
 

フィレンツェ(イタリア)

f:id:tabascopotato259:20180317124042j:plain

僕、ローマ・ベネチアより
フィレンツェ派です(何の比較)

ミケランジェロ広場という
高台があるんですが、そこから
見る景色に脱帽。

(肉眼で見ると綺麗さ250倍増し)f:id:tabascopotato259:20170409165050j:plain

合計6時間くらいいました。
ただ風景を見るだけに6時間ですよ?w

イタリアの王道周遊から
意外と外されがちなんですが、
むしろここだけでいくべきw

イタリアへ行くなら、フィレンツェは外すな。フィレンツェへ必ず行くべき4つの理由。の記事にも書いたのですが
・街が清潔感に溢れている
・街がとにかく綺麗
・革製品が安く買える
が僕的にストライクでした。

イ タ リ ア 行 く  な ら
外 さ な い で く だ  さ い(必死)

コトル(モンテネグロ)

f:id:tabascopotato259:20180504173316j:plain

予想の斜め上を行ったコトル。
城塞都市ってやつです。

・物価が安い
・城壁を登ることが出来て上から見える景色が素敵すぎる
・クロアチアからお手軽に行ける

クロアチアのドブロブニクから
片道2時間程度で行けるモンテネグロの
コトル。色々と面倒だったので(笑)
オプショナルツアーで行ったのですが、
国またぐのに一人参加で60ユーロ程度。

もはやここから物価の安さが感じられる。

ドブロブニクでも城壁へ登ることは
出来て城壁の上を歩けるんですけどね、
ここは高さが違います!(また語彙力不足)

写真を見てもらった方が早いですね。
コトルの城壁を上まで登って行くと

こんな感じの景色↓↓

f:id:tabascopotato259:20171026030607j:plain

壮大!

同期にオススメされて行くことに
したものの、そうでもないんだろうなあと
思っていったのですが、

ヨーロッパの綺麗な街並みと
綺麗な山脈と広い空がベストマッチ。

そして、日本でいうLサイズのピザと
ドリンクで8ユーロっていう物価の安さ。

イタリア料理屋さんが多かったので
気軽に楽しめるのも大きなポイント。

僕が参加したツアー▼

隣国モンテネグロ 世界遺産コトル+プドヴァ日帰りツアー<英語/3~11月/ドブロヴニク発> | クロアチア(ドブロヴニク)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA

日本人で行ってる人ほとんどいないので
穴場!ヨーロピアンばっかりでした。

行ってよかったB級!?観光地

と今まで紹介したのは、世界遺産。

ですが、ヨーロッパには世界遺産
になっていないところでも
素敵なところがたくさん!

B級は言い過ぎですが。笑
世界遺産にはなっていないけど
めちゃくちゃよかったなあ。と
思った場所も紹介します!

ロカ岬(ポルトガル)

f:id:tabascopotato259:20170206232149j:plain

何を隠そう、ユーラシア大陸の最西端。

向こう側にニューヨークがあるってなんか
すごくないですか?

アンブレラスカイプロジェクトや
コスタノヴァなど”カラフル”で
人気が上がってきているポルトガル。

ですが、それだけではありません。
あのでっかいユーラシア大陸最西端から
大航海時代の偉人たちと同じ景色を
眺めながらたそがれる体験は
最高です (笑)

有料ですが、最西端到達証を
ゲットしに行ってみては!?
もちろん僕もゲット!12ユーロでした。

f:id:tabascopotato259:20171221224947j:plain

ブレッド湖(スロベニア)

f:id:tabascopotato259:20171031065846j:plain

単純に湖の真ん中に教会があるのは
本当に素敵というか、、、

物価も安いので、ブレッド湖の近くにある
カフェでゆっくりするもより
湖の周りをサイクリングするもよし。

クロアチアから日帰りもできるので、
ショートトリップでもぜひ。

ヨーロッパの地元の人たちが
ゆっくり楽しんでいるところで

また癒される感じ。
日本人らしく、いそいそと
いろんな観光地を巡るのも

良いのですが、ここで
何も考えず、陽の光を浴びて
ゆっくりするみたいな体験もまた
良いですよ。

モンセラット(スペイン)

f:id:tabascopotato259:20170413232135j:plain

バルセロナから電車で約1時間で行ける
パワースポットです。

教会の中にある、マリア像が持つ
球に触ると願いが叶うんだとか。

のこぎり山なんて
言われていて、バルセロナの代名詞の
ガウディがインスピレーションを
受けた場所なんですよね。

サグラダファミリアのモデルとも
言われていたり。

そして、こちらのモンセラット、
めちゃくちゃ高い場所にあるんです。
下の写真のちょうど山のつなぎ目?部分です。

f:id:tabascopotato259:20170413232259j:plain

つまり、、、
風景もめちゃくちゃ綺麗なんです!!

ヨーロッパの茶色の屋根の家群を
上から見るのは魅力の一つですよね。

ただただ、素敵だ。

f:id:tabascopotato259:20170413232433j:plain
f:id:tabascopotato259:20170413232444j:plain

【2015年12月版/バルセロナ行く人必見!】バルセロナから片道1時間のモンセラットへの行き方。 に詳しい行き方が書いてあるので、
ぜひ見てみて下さいね。

ヨーロッパは世界遺産の数が一番!

ヨーロッパの世界遺産の数って
どれくらいなんだろう?

って単純に思ったので
調べたところ。

なんと!!!!
502件!!!!!

そして、6大州でダントツで
1番の数。多すぎいい。

六大州別世界遺産数

六大州別世界遺産数の割合

六大州別世界遺産数の割合。12時の位置から時計回りで右の番号順

世界を大陸ごとに分け、さらにユーラシア大陸をヨーロッパとアジアに分けて、それぞれの世界遺産数を見てみよう。

  1. ヨーロッパ州:502件(45か国、11.16件/国)
  2. ア ジ ア州:287件(47か国、6.11件/国)
  3. オセアニア州: 30件(14か国、2.14件/国)
  4. 北アメリカ州:110件(23か国、4.78件/国)
  5. 南アメリカ州: 78件(12か国、6.50件/国)
  6. アフリカ 州:142件(53か国、2.68件/国)

引用元:地域別世界遺産数 [世界遺産] All About

国が多いのも関係していますが、
2位のアジアの約2倍の数の世界遺産が
あるんですねええ。

そりゃあ悩んで当然だ・・・。

ということで、こちらの記事が少しでも
旅行先の決定にお役立ていただければ
嬉しいです!

以上、海外旅行ブロガーのシンでした。

〜あわせて読みたい〜
安く行くコツなどテクニックもたっぷり▼
5年連続で行ったヨーロッパ旅行の経験をぎゅっと詰め込んだ。ヨーロッパ旅行のすゝめ。