時間がなくても海外へ!弾丸旅行のすゝめ。
旅行会社員直伝テクニック

【子連れにおすすめな海外リゾート】直行便で行ける、ファミリーにぴったりなリゾートを厳選してみた。

f:id:tabascopotato259:20180922184009j:plain

「ハワイや、グアム・サイパンなどは
近場のリゾートは行ってしまったし
次のリゾートはどこにしようかな…」

なーんて、次の夏休みに行くリゾートを
探しているママさん!

こちらの記事、ぴったりですよ!

***

やっぱりお子様を連れていかれると
なると、大人だけで行く旅行とは別物。

旅行会社で旅行の手配をしているとき
とっても実感しました。こどもがいない
僕ですら…。

ということで今回の記事では
そんな旅行会社に勤める僕かから
直行便で行けるファミリーにぴったりな
リゾートを厳選しました~!

ぜひ、最後までお付き合いください!

では、スタート!

f:id:tabascopotato259:20180908004956j:plain

どんな基準でぴったりと選んだ??

いやいやファミリーに”ぴったり”って。

その根拠を述べよ!! 

って思いますよねえ。

こーゆー抽象的な表現は
僕も嫌いです。なので
ママパパには嬉しい

①直行便就航
②時差があまりない(3時間以内)
③フライトが5時間前後

を満たした上で
僕が実際に行ってみて
もしくは
旅行会社経験の中で思った
お子様にもぴったりなコンテンツが
あり、ファミリーにぴったりな
ホテルがある!ということを
判断基準として選んでいます。

これって重要ですよねえ。

同じような題材でファミリーの方に
ぴったりの海外旅行先!みたいなテーマの
取材を受けたのですが(相手は全員ママさん)
上の理由を言ったところ
「ああ!なるほど!」と言っていただけたので
間違いないと思います。笑

そんな中から7個選んでいこうかと!

【スポンサーリンク】

 

子連れにおすすめな海外リゾート 定番編(4つ)

まず、定番編!

だいぶ観光地化というか
リゾート化されているので
海外旅行に慣れている

ママパパさんであれば
安心!って意味でもやっぱり
定番所はよいのかなあ。

なんて。

セブ/フィリピン

f:id:tabascopotato259:20170108171005j:plain

セブ!安定ですね。

安・近・短の代表例。

迷ったらここにすれば間違いない!
と断言できますね。

オールマイティすぎるし
お値段重視で行くこともできるので。

やっぱり、ジンベエザメと一緒に泳げる
ってのもお子様にとってはよい経験に
なるのではないかと!
※小学生以上じゃないとできなかったかと!
日本にいたら、水族館で水槽越しに見るもの
ですし、海外ならではの経験を
させてあげられますよね。

僕も子供ができたら
連れてってあげたいなあ。

ファミリーにぴったりな
ホテルブランド「シャングリラ」が
あるのも安心ポイント。料金は
ちーと高いですが、失敗しません!

口コミもとってもよいので▼
Booking.com

※ここからBooking.comの
ホテルページに飛べます!

★旅の情報★
フライト時間:約5時間
時差:+1時間
ベストシーズン:1月~5月
おすすめ航空会社:フィリピン航空・セブパシフィック
おすすめホテル:シャングリラ
おすすめコンテンツ:ジンベエザメとシュノーケリング

バリ/インドネシア

f:id:tabascopotato259:20180908164421j:plain

よく聞くのが、キッズプログラムが
非常に充実している。ということと
バリ島の方はとっても優しくてこども好き。

だからホテルで預けていても安心。

スパなど大人だけの時間もしっかり作れる!
という声ですね。

海はぶっちゃけ汚いので
期待はだめですが
その他ウブドの田園風景や
なかなか見ることのできない
ヒンドゥー教の建築物。
豊かな自然。優しい人々。
治安の良さ。

お子様と行くママさん先輩も
多いのでぴったりです!

★旅の情報★
フライト時間:約7時間半
時差:+1時間
ベストシーズン:5月~8月
おすすめ航空会社:
エアアジア/ガルーダインドネシア航空
おすすめホテル:
アヤナリゾート&スパ・バリ/ハードロック・ホテル・バリ
おすすめコンテンツ:
サファリで象やライオンとの触れ合い

ダナン/ベトナム

f:id:tabascopotato259:20180922181934j:plain

ダナンの良さって
・直行便で行けるなおかつ
フライト時間が長くないこと
・リゾートがコスパよし◎
の2つ。

海の綺麗さはあまり期待できません。

ただ、ホイアンというランタンが
美しい世界遺産があるのもポイント!

リゾート開発が現在進行形で
どんどんされているので
これからにも期待なリゾートです。

お盆がベストシーズンなので
夏休みを利用していかれる
ファミリーが毎年めちゃくちゃ
多かった!おすすめですね。

★旅の情報★
フライト時間:約5時間半
時差:+2時間
ベストシーズン:5月~8月
おすすめ航空会社:ベトナム航空
おすすめホテル:
ハイアットリージェンシー/プルマン
おすすめコンテンツ:
ホイアンでランタンの幻想的な景色を見る!

コタキナバル/マレーシア

f:id:tabascopotato259:20180922182159j:plain
f:id:tabascopotato259:20180922182151j:plain

リゾートもあって、大自然もある
コタキナバル!

おお、、、これが
ジャングルってやつか!
という熱帯雨林も見れるし
オランウータンとあえるのも
大きなポイントですね。

ラフレシアも運よければ見れるので
パパさんも好奇心くすぐられる場所なのでは!?笑

場所によりますが、海もめちゃくちゃ綺麗で。
ホテルの数が少ないものの
ファミリーのために作られたような
ホテルなので心からおすすめできます。

実際にそのホテルを視察したときも
日本人関わらずファミリーがたくさんでした!

★旅の情報★
フライト時間:約6時間
時差:+1時間
ベストシーズン:5月~8月
おすすめ航空会社:
マレーシア航空
おすすめホテル:
シャングリララサリア
シャングリラタンジュンアル
おすすめコンテンツ:
ラフレシアを見つける!
ジャングルで遊ぶ!

【スポンサーリンク】

 

子連れにおすすめな海外リゾート 穴場編(3つ)

最初に断っておきます。
僕は行ったことないです…!

が!!!

先輩ママさんがおすすめしていた場所です!

めちゃくちゃ推していたので
間違いないでしょう!ぜひ

こちらもご参考ください!

紹介も簡単になってしまうこと
ご了承ください…!

ビンタン島(シンガポール)

f:id:tabascopotato259:20180922182411j:plain

シンガポールは治安もよいし
清潔だし、色んな文化も味わえるので
ファミリーにもぴったり。

もすこし足を伸ばせば
ファミリー旅行にぴったりの
島があります!

それがビンタン島!
フェリーで約1時間程度で行けます。

これ!といった特徴はないのですがW
シンガポールでショッピングや
街歩きをしながら、ビーチでゆっくり…
なんて緩急のあるご旅行がしたい方には
ぴったりですね。

 ニューカレドニア

f:id:tabascopotato259:20180922174220j:plain

南国!ビーチ!

玄関口にあるヌーメアは
そんなにきれいではないそうな。

ですが、離島に行けば
子供も感動するくらいの海が
あるとのこと。

物価も高いけど
時差も+2時間と少ないし
フライト時間も8時間半と
まあ長めですが陸も楽しめる
大自然の宝庫なので、候補に
入れるのもありですね!

フィジー

f:id:tabascopotato259:20180922174338j:plain

このなんともフィジーっぽくない写真 笑

あしからず、、、!すみません。

最近直行便が再就航したので
一気に行きやすくなりました。

物価が安く、本島でも海がきれいなので
タヒチやニューカレはいけないけど…
って方にぴったりな場所。

ぜひ!

ファミリー旅行において重視すべきこと

飛行機の席が事前に座席指定出来るかどうか

お子様と離れて席が指定されてしまった…!

なんてことあったら困りますよね。
気が気じゃありません。

ですが、ケースとしては、あります。
予約前に事前に座席指定が出来るか
確認しましょう。

もし出来ない場合は
・当日早めに空港へ行く
・WEBチェックインを行う
どちらかを必ず行いましょう~!

宿泊ホテルのキッズクラブの充実具合

これも大事!
せっかくのご旅行。

大人だけの時間もほしいはず。

そんなときにお子様を預ける
キッズクラブの充実具合は
絶対大事!スタッフの対応も。

お国柄お子様が大好きな国民性だったら
安心して預けることができますよね。

あとはプールなんかの施設が充実具合も
事前に調べられればよりよいです!
キッズ用の深さゾーンはあるかとか。

一緒に遊べるようにしたいのか
重視された方が多かったので!

ファミリー旅行で事前に確認すべきこと

あとは、事前に確認すべきこと!

ほかのママさんパパさんが
どんなことを気にされるかを
最後につづろうかと思います!

①保険に加入しているか?
→お子様の体調はいつどうなるか
行く国の料理が合うか分かりません…

②飛行機でチャイルドミールor
ベビーミールを頼んでいるか?
→大人の量じゃ多すぎますよね。
お子様用の機内食を注文しましょう!

③飛行機は座席指定したか?
→航空会社によっては
WEBチェックインで事前座席指定が
可能です!お子様と離れないように
事前に指定しましょう!

④持ち物!
お子様の年齢にもよりますが
母子手帳だったり、体温計だったり
ばんそうこうを持っていくとよいと
聞きました!(母子手帳は、もし
病院にいくことになったときに
どんな予防接種を受けているか分かるから)

こんな感じかな、、、!
もし何かあれば教えてください!笑

【スポンサーリンク】

 

まとめ

と、いうことで、
子連れにおすすめな海外リゾートは

定番編
セブ/フィリピン
バリ/インドネシア
ダナン/ベトナム
コタキナバル/マレーシア

穴場編
ビンタン島(シンガポール)
ニューカレドニア
フィジー

でした!

上記国ならお子様を連れての
旅行でもしっかり楽しめると思います!!!

読んでいただいているあなたの
選択肢が増えればとーーっても
嬉しいです。

以上、トラベルデザイナーの
シン (@tabasco0914) でした!

最後までお読みいただきまして
ありがとうございました!

f:id:tabascopotato259:20180908004956j:plain